何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

MSX話

「RED&BLUE BALL」

赤いボールのパンチ君。この後落とし穴にはまります。 例によってプログラムは毎日打ち込んでおります。でも他に用事がいろいろ忙しくて、なかなかネタ書きに回れないんだい*1…ということで本日は先日入力が完了したポプコム86年10月号掲載作品「RED&BLUE BA…

「HYDE PARK II」

山登りの話と思わせといて今回はMSXプログラムの話です(おい)。というわけで先日入力が終わった「HYDE PARK II」(ベーマガ'86/12)のご紹介です。 「HYDE PARK II」はだいぶ前に紹介した「HYDE PARK」の続編です。一風変わったアクションゲームだった前作から…

作品自体はなかなかおもしろいですのよ

gendai.ismedia.jp ホット・ビィの「オーバーホライズン」がいつの間にやら「烈火」以上のプレミアム価格になっていたことに仰天した。プログラム組んだの「ゼータ2000」のスタッフなんだぜ...(おい) ところで「鋼鉄帝国」はもとより、本作とか「ア・ナ・ザ…

「Dr.のラーメン屋参り」

レトロコンピューティング者だったら「マイコンBASICマガジン」ことベーマガはご存じでしょう。80年代を代表するパソコン雑誌で、その後の日本コンピューターシーンに与えた影響は大きなものがありました。 そのベーマガで忘れてならないのは、個性的な編集…

地形図に磁北線引くのに使った

最近、必要に迫られて三角関数を使う機会がありました。勉強したのは30年近く前のことですが、こんなこともあろうかと高校の数学教科書はいまだ手元に置いてあります。 さすがに計算は面倒くさいのでblueMSXを使いました(おい)。MSX-BASICを知っていると、エ…

「DREAM IN PIANIST HEIPEI」

例によってプログラムは細々と入力してはいるのです。いつものごとく動作確認兼のバグ捕りと紹介文書くのが大変なだけ(おい)。というわけで今回ご紹介するのはポプコム88年2月号から「DREAM IN PIANIST HEIPEI」です。 作者はかの「UNCHANMAN」と同じ方。出…

OILIXとOISIXって似てますよね(おい)

www3.nhk.or.jp この手のニュースを見ると「ついにOILIXが...」と反応してしまうのはMSXユーザーの悲しき性です(おい)

「十五・二十五」

入力はしばらく前に終わってたんですが、例によって書くのを先延ばしにした結果、紹介が遅れてます(おい)。というわけで本日はMSXプログラムネタ。Mファン89年12月号より「十五・二十五」です。 「数取りゲーム」はご存じでしょうか。二人で交互に一つないし…

「あみだおとし」

テーマソングは桑田佳祐で(おい) 唐突にMSXプログラムネタ。本日はMファン89年12月号より「あみだおとし」です。 日本人なら誰でも「あみだくじ」はご存じのことでしょう。荒井が小学生の頃には、さんまさんが「あみだババア」なんてキャラに扮して大人気に…

「ボールがとんだ!」

ボールって投げ方知らないと飛距離が出せませんよな 例によってプログラムは細々と入力しております。また間隔が空きましたが本日ご紹介するのはMファン89年12月号より「ボールがとんだ!」です。 一言で言えば砲丸投げ風の連打ゲームです。カーソルキーの左…

「LANDING」

傾きすぎだ(泣) タイトーの「ミッドナイトランディング」といったらフライトシミュレーターの歴史的名作ですが、果敢にもMSXでその再現を試みたゲームがありました。というわけで今回ご紹介するのはMファン89年12月号より「LANDING」。タイトーの「ランディ…

「スーパー・ザ・キャッチャー」

はた目には大福が飛んでくるようにしか見えないが(おい) 入力と動作確認はしばらく前に終わってたのですが、例によって文章を書くのが厄介で採り上げるのが遅れてます(おい)。というわけで本日はMSXプログラムネタ。Mファン89年12月号より「スーパー・ザ・キ…

昔のプログラムにはよくあったこと

現在入力中のプログラムの印字の質が非常に悪く、入力に難儀しております(泣)。横の画がかすれていったい何の文字なのか、注意深く推測しなければ間違えるという有様なので、入力完了後のバグ捕りが大変になりそうで先がおもいやられるぜということで本日の…

「虹のロミンクル」&「激突Romincle」

ここのところいろいろ立て込んでいてすっかり間が空いてますが、当然プログラムの打ち込みは毎日のように続けております*1。というわけで本日は久々のMSXプログラムネタ。今回はMファン89年12月号よりRomiさんの作品「虹のロミンクル」と「激突Romincle」の…

CTRL+Gが意外と使う

dailyportalz.jp MSXではCTRL+Mで改行コードが入力できるので、あえてCAPS LOCKキーをリターンキーにする必要がないんだい(おい)。 他にもBASICリストを表示中にCTRL+Fでカーソルを次の命令文の頭に移動させるというのもわりと使ったりするんですが、その癖…

「かっぱまん」

去年はファンダム作品ばかり入力していたので、今年は他の雑誌のリストも積極的に入力しています。というわけで今回ご紹介するのはベーマガ84年12月号掲載の固定画面アクションゲーム「かっぱまん」です。 エサは緑色の四角です。 ぱっと見はいかにもマイコ…

同じ作者の作品を調べるときなど重宝します

www.aabmg.com レトロコンピューティング者には知られた「ALL ABOUTベーマガ」さんが最近移転中であることを知りました。非常に便利な投稿作品DBが目下使えないので、移転完了を指折り待っているところ。

「THE BALLS」

ボールを扱ったゲーム、というのは定番中のド定番という感があります。というわけで今回ご紹介するMSXプログラムは、ポプコム86年11月号よりその名も「THE BALLS」です。 本作は面クリア型のアクションパズルです。自機の車を操り、ボールをゴールに放り込む…

ネタがないので大散財

以前から買うぞ買うぞと言ってたわりにさっぱり買っていなかった、Windowsマシン用のゲームパッドをようやく注文しました。購入はいつもどおりヨドバシです。買っても主な用途はWindowsのゲームではなく、対戦MSXプログラムの動作確認だったりするのですが(…

「川越東スペシャル」

どうして天童市にしなかった(おい) 「利かずの駒並べ」というパズルがあります。使うのは将棋道具一式。「利き筋」こと、駒の動ける範囲に他の駒が入らないよう、将棋の駒を盤面に配置するというもので、古くからある遊びのようです。 というわけで今回ご紹…

「MOGUE」

本日もMSXプログラムネタ。Mファン89年11月号から「MOGUE」(モグー)です。 「モグー」とは主人公の名前です。モグラみたいだからモグー。まんまな命名ですが、ともかく本作は石取りパズルゲームです(おい)。 1面。まずは小手調べ。 目的はモグーを操り、画面…

Xboxコントローラーあたりにしよう

というわけで先日入力が終わったMファン89年11月号掲載プログラム。本日は3本立て。「荒野のガンマン」「うひょ」「Decoぴぃーん」のご紹介です。 「荒野のガンマン」 1本目「荒野のガンマン」は対戦早撃ちゲームです。ゲームを始めると、出し抜けに画面に悪…

「ふにら」

味のある題字とキャラだぜ 今となっては昔のことでありますが、「デカキャラ」は憧れでした。「ゼビウス」「ザナドゥ」「THE功夫」(おい)等々。マイキャラの何倍もあるキャラクターが動くだけでも*1、80年代のマイコン少年は大喜びしたものです。それこそ画…

「スーパーポンポン」

本日もMSXプログラムネタ。今回はMファン89年11月号から「スーパーポンポン」です。 原作「PONPON」。かのTEIJIROさん初期の代表作だ。 「PONPON」は以前紹介しています。バウンドしながら移動するマイキャラを操り、画面内のイガイガを避けつつ$マークを集…

「フリスビー犬John」

荒井がちょいちょい食べに行くご飯屋さんは「ゲンマイ」という犬を飼っています。人なつこいレトリバーで、元気に動き回ったりじゃれついたりする様は愛らしく、お店のマスコット的存在です。カワイイ犬には心和んでしまうものがありますなということで、今…

「3 dimensions」

かつてのマイコン少年だけにワイヤーフレームには興奮せざるを得ない。 ひさびさにベーマガやポプコムのプログラムを入力して気分が落ち着いたので、またMファンのプログラムを入力しています(おい)。今回は89年11月号から「3 dimensions」です。 題名のご…

「BLOCK MAZE」

久々にポプコムのプログラムを入力しました。最後に入力した「ドリームランナウェイ」が2018年(汗)。というわけで3年ぶりのポプコム作品は86年8月号掲載「BLOCK MAZE」です*1。 賑やかなゲーム画面。カラフルなグラフィックはやはり楽しい! ジャンルは固定…

Dr.Dが卒倒するレベル

うしろの女神さまは気にしないこと(おい) 先日、かつてMファンに付録として付いてきたマイクロキャビンの「ミステリーハウス」をディスクイメージ化しました。その際、メインプログラムを覗いてみたら、BASICで書かれていることが判明しました。 80年代のテ…

「カード・ルーチン」

ここ4年はどこぞの大統領の名前だった感がありますな。 今回はすこし変わったプログラムをご紹介。その名も「カード・ルーチン」です。 このプログラムはゲームや鑑賞ソフトのような、単体で完結したプログラムではありません。指定した座標に任意のトランプ…

「IT'S BAD」

楽しいTVがある日もバリバリIt's so BAD(おい) プログラム自体は松の内に入力が終わっていましたが、他の仕事等でネタを書く時間が割けず、結局七草以降のご紹介となってしまいました。というわけで今年2本目のMSXプログラムはベーマガ86年9月号より「ITS' B…