何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

「つりぼりやさん」

手に汗握って水面のウキを見つめる~カエルの管釣り癒やしの釣り(おい)

 釣りはやりませんが釣り番組は好きで結構見る荒井です。というわけで本日ご紹介するのはMファン91年8月号「つりぼりやさん」です。
 読んで字のごとく、釣りのゲームです。釣り人は画面左上にいるカエルさん。場所は釣り堀です*1。まずは池を観察し、魚がいるところの当たりをつけましょう。魚の姿は見えません。そのかわりじっと眺めていると水面に波紋が現れます。これは水面下を泳ぎ回る魚が反転したときに現れるもの。まずはそのあたりに仕掛けを投げ入れましょう。キャストする場所はカーソルキーで指定します。魚信があるとウキが反応します。タイミングを合わせてスペースキーを押し、釣り上げましょう。

準備は万端。さぁ、喰ってこい!

 変わっているのは、キャスト後も水面下で針を移動できるところ。魚がいるところを狙い、カーソルで針を移動させることができます。キャスト後のアクションで誘いをかけたり、ポイントに仕掛けを送り込むのは、釣りではおなじみのテクニック。それを彷彿させますな。
 各ラウンドには制限時間があります。クリア条件は時間内に1匹でも釣り上げること。数自体は少ないものの、キャスト回数が3回までと決められているので、無駄なことはできません。

最初の問題。どこに投げてるんだ!?

 しかし本作にはひとつ大きな問題があります。オリジナルの状態ではカーソル等が一切表示されず、仕掛けを投げる場所や、水中で動かしている場所がまったくわからないのです。すなわち操作は一切目見当の勘頼み(汗)。「水中の様子をイメージするのが大事」とは荒井がよく見ている釣り番組で盛んに耳にするアドバイスですが、たぶんこういうことじゃないぞ(おい)。
 というわけで編集部では、カーソル位置を見えるようにする改造方法を紹介しています。適用すると格段に遊びやすくなるのでオススメです。

改造の結果がすぐに出た! 爆釣モード突入!!

 さておき、本作が優れているのは、魚が実際に水面下を移動しているところです。キャストすればランダムに魚がヒットするというものではなく、魚がいるところに仕掛けがなければ食ってきてくれません。水面の変化から魚の居場所を推理し、魚のいるところを狙ってキャストしては仕掛けを送り込むという動作が重要になります。まさに「水中の様子をイメージするのが大事」で、これが本作にリアリティや説得力を与えているのです。


 リアルな釣りとはまるきり違うだろうことは釣りをやらない荒井にも予想はつきます。しかしそれでも、それらしさがよく出ているとおもいます。魚がいそうなところを狙って投げて、探って食わせて釣り上げるという一連のやりとりが、気軽に楽しめます。

「TOMCAMP」。カエルがガールフレンドとキャンプを楽しむゲーム。
ほのぼのとした雰囲気が味わえる佳作だ。

 カエルのキャラは作者さんのお気に入りだったようで、他にもカエルを主役としたゲームをいくつか発表してます。後に集大成的作品として「TOMCAMP」(Mファン93/12)を発表するのですが、本作「つりぼりやさん」は、その作中で遊べるミニゲームとして収録されています。

*1:最近は管理釣り場とも呼ぶらしい。

「Sim Face」

お正月準備にいかがでしょう

 近年はすっかり目にすることもなくなりましたが、荒井のおじさんが子供だった頃、「福笑い」はわりと身近なテーブルゲーム*1でした。「たのしい幼稚園」とか小学館学年誌のふろくとかでそこそこ触れたようなおぼえがあります。凧揚げや羽子板・独楽回しと並んで、お正月にやる遊び、みたいな位置づけでした。


 念のため福笑いがいかなる遊戯か説明しときます。のっぺらぼうの輪郭が描かれた台紙に、プレイヤーは目隠しをした状態で、目鼻口といった顔のパーツが描かれた紙片を配置します。ひととおり置き終わったら目隠しを外し、できあがった顔の出来を鑑賞します。目隠ししてますから、パーツはだいたいあっちこっちにズレてます。それを見て「ヘンな顔だな!」とか「なかなかまともじゃないか」「もう顔じゃねーヨ!」等々、わいわい言って楽しむわけですな。
 福笑いをコンピューター上で再現するならば、プレイヤーにも目隠しさせればかんたんに済むのですが、さすがにそれでは身もフタもありません。というわけでゲームにするなら目隠しの代わりとなる工夫を凝らすこととなるのです。そのせいか、福笑いのコンピューターゲームとなると、なかなか数を見かけません。

眉毛配置中。見えていても狙い通りに置くのはなかなかむつかしい。

 ここでようやく本題。本日ご紹介するのはそのなかなか珍しい福笑いゲーム。Mファン91年8月号掲載の「Sim Face」です。
 画面上にのっぺらぼうの顔が表示されています。ここに両目両眉鼻と口を並べ、顔を作りましょう。福笑いですので、もちろん容易には並べられません。
 ゲームが始まると、画面左上から顔の各パーツが点滅しながら右の方に流れてきます。適当なところでスペースキーを押すと今度は下に移動します。また適当なところでスペースキーを押すと、そこにパーツが配置されます。つまりパーツの移動はUFOキャッチャー式。移動は速いので、狙い通りに配置するには反射神経も必要です。移動中はパーツの位置が見えますが、配置すると一旦消えてしまいます。これが「目隠し」の代わりとなります。
 ちなみにパーツが所定の位置に近いほど高得点で、外れるほど点は下がります。特に大きくズレると減点されるので、好成績を狙うなら要注意です。

目鼻や口がパチパチ動く結果発表。リリアさんも真っ青だぜ(おい)

 すべてのパーツを配置し終えると、消えていたパーツがすべて現れ、できあがった顔と成績が表示されます。このとき目や口がアニメーションでパチパチ動くのが非常に楽しいです。コンピューターゲームだからこそできる演出ですな。
 面が進むほど顔が大きくなり、所定の位置に並べるのがだんだん難しくなります。かくして全10面をプレイして、総得点を競います。

最終面10面。顔はこれくらい大きくなる。

 福笑いという伝統的遊戯を土台に、明快さ、遊びやすさ、テンポの良さ、演出の面白さ、スコア稼ぎ要素等を加えることにより、実に楽しめるコンピューターゲームとなっています。ちなみに作者さんはかの快作「キュウリだ!」の作者さん。ゲーム作りの巧さが光ります。

オールクリアの結果発表。スコアアタックがなかなかアツい。

 ついでに、荒井の知る他の福笑いゲームに「つぐ美のふくわらい大会」(電波新聞社MSXMSX2プログラム大全集II』)があります。こちらもグラフィックのカワイさ、パーツの動かし方、完成時のコメントの楽しさ等々、「Sim Face」に負けない秀作ですのでぜひ(おい)。

「つぐ美のふくわらい大会」。こちらの福笑いゲームも超オススメ。

*1:福笑いを「テーブルゲーム」と称するのは若干語弊があるな。

「中和~BTB溶液の性質~」

BTBとはブロモチモールブルーの略らしい

 荒井はもろ文系出身の人間ですが、化学実験の中和の概念ぐらいはわかります。というわけで本日ご紹介するのはMファン91年8月号掲載作品「中和~BTB溶液の性質~」です。


 酸性の液体に同程度のアルカリ性の液体を加えると、水素イオンと水酸化物イオンが反応して水になり、液性が中性になるというのが、はなはだおおざっぱな中和の説明です。本作はそれをゲーム化したもの。画面に三つの液体が並んでいます。左が酸性で右がアルカリ性。真ん中の液体にこれらを適量加え、中和させるのが目的です。真ん中の液体の液性は色で判断できますが、pH値まではわかりません。色を見ながら左右の液体をだましだまし加え、どれくらい酸性が強いのか、アルカリ性が強いのかを探るところが本作の駆け引き要素です。MSX2ならではのカラーパレットを活かしたグラフィックが見た目にきれいですな。


 中和をゲームにするという発想自体がユニークなのですが、ゲームに仕立てるために様々な工夫が凝らされています。液体を加える量の決め方はゴルフゲームのパワーゲージ式。なのでアクションゲームのような操作も求められます。さらに許された試行は5回まで。その手数内で中和できないと失敗です。中和までに要した手数が少ないほど高得点。これら工夫のおかげで、ゲームに緊張感が生まれています。
 中和に成功しても失敗しても、5回の試行で一局が終わります。そのため終わりがあっけない感は否めません。ステージクリア制にして進むほど条件が厳しくなるとか、もうちょっと盛り上げるような仕掛けがあっても良いような気がします。


 ところで「BTB溶液」とは、液性を調べるための指示薬のことらしいです。中和のなんたるかはなんとなく知ってましたが、こんな薬があるとは今の今までさっぱり知らなかったぜ(おい)。

東根店はよく利用する

 山形の村山地方にいくつか店を出しているこまつ書店の鈴川店が、近々店をたたむという話を知りました。その昔スーパーで勤め人をやっていた頃、仕事終わりに寄ってはよく立ち読みしたものです(おい)。変わった本の品揃えが八文字屋以上に良かったので、ちょいちょい本を探しに行ったものでありました。
 あれから20年以上、いつの間にやら寄ることも少なくなってました。だから閉店することになったのでしょうが、ここで「イースIIエターナル」の攻略本を買ったことはいまだにおぼえてるなぁ。

「トラ番記者のTAKE A CHANCE」




 トラ番記者とは、プロ野球阪神タイガース担当のスポーツ記者のことです。しかしこのゲームは果たしてそんなゲームなのか。というわけで本日ご紹介するのはMファン91年8月号掲載の「トラ番記者のTAKE A CHANCE」です。

ボールとカメラのフレームです(おい)

 プレイヤーはトラ番のスポーツ記者です。試合中の決定的瞬間をカメラに収めましょう。ゲームを始めると画面左から次々に球が飛んできます。四角い枠はカメラの測距点です。球が四角に重なったら、すかさずスペースキーでシャッターを切りましょう。枠内に捉えれば得点です。枠の中心でしっかり捉えるほど高得点。逆に外れると得点は低いです。1ステージは10球。各面10回撮影して合計点が70点に満たない場合、そこでゲームオーバーとなります。3回以上ど真ん中に捉えると、その回数に応じて得点に倍率がかかります。高得点を収めるには動体視力と反射速度が必要です。

野球撮影ゲームには見えない画面だが
ゲームに必要なものはもれなく表示されている

 …と、「阪神タイガース担当記者が、決定的瞬間をカメラに収めるゲーム」という設定があるのですが、ゲーム自体はそんなことをみじんも感じさせないほど抽象化されています。画面はやたら無機的で、ボールを投げる投手や球場の類いは一切登場しません。ボールも野球ゲームのごとく一球一球丁寧に投球のモーションが描かれるというものではなく、上から順に一球撮ると次から次へと飛んでくるという素っ気なさです。そもそも画面を見ただけでは何をするゲームかさっぱりわからないという(おい)。
 しかしこの抽象化された作りゆえ、本作は非常に軽快かつテンポ良く遊べてしまうのです。要は「飛んでくるボールが四角のところまで来たらスペースキーを押す」ゲームです。野球を題材とするゲームにありがちな冗長さというものがありません。面が進むほど球速が上がったり枠の位置がボールに近づくといった難易度が上がる工夫も忘れていませんし、何より、ど真ん中倍付けボーナスがアツいです。単純だからこそ何度でも遊びたくなる良作に仕上がっています。

あいかわらず素っ気ないエンディング。ステートセーブで見てやった(泣)

 全10面クリアでオールクリアです。オールクリアすると「六甲おろし」が流れてエンディングとなります。野球を題材としたゲームでありながら、野球に関するゲームだと作内で主張しているのはせいぜいここくらいのものです。


 もしこのゲームが、「激ペナ」や「燃えプロ」のような画面構成で、ピッチャーがモーションとともに一球ずつ投げるボールを、ファインダー内に捉えるなんてかんじのグラフィックを実現していたら、確かにトラ番っぽさは増していたでしょう。しかしここまで軽快で夢中になれる内容になっていたか、とかんがえると、そうでないような気がします。ですのでこのゲームは、このスタイルが正解だとおもうのです。

ドラえもんがタイムマシンに変形する必然性を感じない

dps.shogakukan.co.jp


 半分以上はシャレという趣旨の品であることは理解しているつもりですが、荒井としてはむしろガチの完全可動ドラえもんが欲しかったです(おい)。正座できるとか手の指が出てくるとか、劇中のポーズは全て再現できるぞみたいなやつ。
 ところで、昔バンダイだったから出ていたタイムマシンのプラモデル。あれ復刻されたりしないもんですかね。