何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

「DRIVE気分」




 というわけではからずも夏の打ち込みプログラム強化月間(おい)。本日もMファン90年12月号より「DRIVE気分」です。


 スキーゲームやドライブゲームが自作スクロールゲームの定番中のド定番だったことは、当ブログで度々述べていることであります。本作はそんなクラシカルなドライブゲームです。
 自車を操り、ひたすら道路を駆け抜けましょう。自車は左右のステアリングのみが可能です。普通に直進する分には自車はどんどん画面上方に向けて前進します。逆に鋭くハンドルを切ったり地形に引っかかったりすると画面下方向に引っ張られます。画面下にスクロールアウトしてしまうとゲームオーバー。それまで走った距離が得点です。スクロールにおいていかれないよう、できるだけ最小限の操作で自車を動かすのが距離を伸ばすコツです。
 これだけならまさに昔ながらのドライブゲームです。しかし本作が他を圧倒しているのは、車の細かな動きです。

連続画像で自車の挙動を追ってみた。変化が細かい!

 自車はステアリングによって細かく向きを変え、その方向に走ります。この動きを実現するため、車の表示には21枚ものスプライトパターンを使用。プレイはあたかもラジコンカーを「操縦」しているような感覚です。本作はこの操作感覚や挙動が非常に優れており、操る面白さを堪能できます。絶妙なキー捌きで難所を切り抜ける快感! 颯爽とコースを駆け抜ける爽快感! 下手にいろいろなことをせず、操る面白さに特化したことが、本作の成功の要因でしょう。

「DRIVE気分turboR」。対戦レースゲームとして生まれ変わった。

 シンプルながらも肝心な部分をしっかり押さえた本作は、Mファン編集部でも大好評を博しました。そのあまりMファン編集部では改造版まで制作しています。改造版では4人同時プレイが可能なほか、一定距離を完走したら順位を付けるように変更。ドライブゲームから対戦が熱いレースゲームへと変化しています*1。題して「DRIVE気分turbo R」。当時発売されたばかりのturbo R推奨なのでこの題がありますが、実はturboR専用命令を使っていないので、MSX1でも動かせます。めちゃくちゃ遅いけど(おい)。

*1:さらに手が加えられた改造版は「RACE気分」の題で、コンパイルの「ディスクステーション」に収録されたとかなんとか。

「ちぢんでポン!」&「KG-SP」

「ちぢんでポン!」

 きのうに続いてMファン90年12月号掲載作品から。本日は対戦ゲームを2本ご紹介です。


 1本目「ちぢんでポン!」。一風変わったホッケー風対戦ゲームです。マレットでボールを打ち返し、相手のゴールに放り込みましょう。制限時間は60秒。より多く得点できた方が勝ちです。
 本作が他と異なるのはその打ち返し方です。ぶつけるだけではボールは跳ね返ってくれません。そのかわりに必要なのが「溜め」です。溜めボタンを押すとマレットがグググっと縮み、パワーが溜まります。てきとうなところでボタンを解放すると、ポンっと元の大きさに戻りますので、その勢いでボールが打ち返せるという仕組みです。
 編集部が指摘するように、全体的に動作はもっさりしています。しかしその遅さゆえに溜めや操作がしやすくなっていることも見逃せません。

「KG-SP」

 2本目「KG-SP」。ピープホール画面内に表示される自機を操り壁を設置し、相手を妨害しましょう。攻撃ボタンを押すと四角や丸が描画されますので、これに相手を巻き込むこともできます。ちなみに「KG-SP」とは「くだらないゲーム・スペシャル」の略だそうで。
 本作はなぜか外部ジョイスティック専用のため、エミュではろくに動作確認ができません。ですので紹介はこの辺で切り上げます。スクリーンショットが非常に撮りづらくて困りましたぜ(おい)

「階段を登ろう」

マイキャラには「黒卯下郎」って名前があるようですよ。

 レビューしてないゲームプログラムが溜まってます。その数多分20本くらい(泣)。というわけで本日はMファン90年12月号より「階段を登ろう」のご紹介。


 本作は固定画面のアクションゲームです。スタートすると階段の中ほどに放り出されます。上からは大岩がバウンドしながら転がってきます。足元からは矢が出たり引っ込んだりしています。どちらも当たれば即死です。タイミングを見て階段を上り下りし、こいつらをひたすら避け続けましょう。避け続けた時間の長さが得点です。「登ろう」と銘打つ割に、最上段に行っても何も起こりません(おい)。
 これが「岩だけ避ける」とか「矢だけ避ける」ゲームならば、そう難しくはありません。この両方を同時にさせるところが、本作の妙味です。


 このゲーム、なんとなくどこかで遊んだような気がするなと顧みたところ、おもいあたったのは「ドンキーコング」でした。
 かの宮本茂さんはゲームの面白さを「簡単にできるようなことを2つ同時にするとなかなか難しい。そこに面白さがある。」と、分析していました。このゲームの面白さはまさにそれ。上へ下へ移動しつつ、転がってくる物体をよけるという表面的な部分よりもむしろ、本質的な部分で「ドンキーコング」と共通するものがある、と言ってもよいかもしれません。
 参考に、宮本さんが件の発言をした記事を下に挙げときます。


www.nintendo.co.jp

買ったのは早生甘露

 鶴岡に行く用事があったので、そのついでにだだちゃ豆を買ってきました。だだちゃ豆とは、鶴岡市で栽培されている在来種の枝豆です。風味の良さで知られ、この時期の庄内を代表する食べ物のひとつとなっています。
 で、買いに寄ったもんとあ~るの店頭で初めて知りました。「だだちゃ豆とは品種の名前ではなくブランド名」。てっきりそういう品種名の大豆だとばかりおもってました…(汗)

MSX3はどうなんのかな

nitta.sakuraweb.com


 ログイン掲載MSXRPGグロリアスフォース」をDisk BASIC上で動かせるようにする改造方法のサイト。例によって作品の詳細は拙サイトの記事を見ていただくこととして、このプログラムはマシン語リストの配置ゆえテープ専用です。あとBASIC部分も容量がデカいので、ディスクで動くようにするのは大変だったろうなとおもわれます。
 個人的にはそこまでの労を執らずにテープでいいべずともおもうんですが、それはエミュレーターで動かしている荒井だからなのかもしれません*1。おそらくこの改造は、実機で動かすためのものでしょう。
 エミュレーターならばテープであろうとディスクであろうとイメージファイルとして手軽に扱えます。一方実機の場合、扱いやすいのは、テープよりも断然ディスクです。特に今どき実機用のテープ環境を整えるのは、ディスク以上の贅沢なのです…

*1:そもそもテープイメージ操作に手を出した理由のひとつが、「グロリアスフォース」をエミュで走らせるためでした。

真夏ですねふたたび

9229.co.jp


 山に行くと汗をかきます。先日新調したザックが、頑丈だけど通気性等はそれなりというモデルなので、この空調クールパックはちょっといいなとおもったのですが、装備重量が増えることに違いはないので、だったらあえて取り付けるまでもないかという結論におちついたのでありました(おい)。
 山道具屋さんではドイターあたりも見せてもらいました。でもメッシュパネルは秋や春に使うと寒いというので、頑丈な方にしました。