何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

スープジャー買った

f:id:fukenko:20220119011800j:plain
イモ天で買ってきた

 突然ですがスープジャーというものを買いました。時間が経ってもスープや汁物をあつあつのまま食べられるという保温容器。保温調理もできるというので、だったら外飯でいろいろ遊べそうだなと気になっていたところ、使ってるクレジットカードのポイントがちょうどスープジャー一個ぐらい貯まってたので、買ってしまったというわけです。何を買うかはいろいろ検討した結果、性能と評判のよいやつにしときました。

f:id:fukenko:20220119012523j:plain
ようかんもっと多めに入れるとよかったな

 とりあえず何か作ってみようということで、さっそくしるこを作ってみました。うちに転がってた餅とようかんと熱湯を適宜容器にブチ込み、フタをして十数分待つだけ。レシピも何も見ずに当てずっぽうで作ったので反省点の多い出来ではありましたが(おい)、なるほど、これは遊べそうです。しっかり余熱するとか、なるべく高温のものを入れるとか、容量一杯に詰めるといったコツがあるようで。
 

「シャッター」

f:id:fukenko:20220118004226p:plain
開店前からラーメン屋さんに並ぶことではない(おい)

 レトロゲーマーにとってシャッターとは、『沙羅曼蛇』最終面の最終局面や『スペースマンボウ』の高速スクロール面のアレでした。というわけで今回ご紹介する「シャッター」は、『沙羅曼蛇』とか『スペースマンボウ』の方を彷彿させる作品です。
 上下に浮遊する自機を巧くコントロールして、画面左から右側まで移動しましょう。その間には4本の「筋」があり、近づくと白い板みたいなシャッターが上下しては行く手を邪魔します。自機が床や天井、またはこれにぶつかるとゲームオーバーです。
 畢竟、ヨッパライゲームなんですが、シャッターの動きがよくできているので、単調さがありません。単純に上下するだけではなく、面が進むごとに速くなったり、またフェイントをかけるように現れたりと、一筋縄ではいきません。動作パターンを覚え、タイミングをはかってボタンを押すのが攻略のポイントです。

f:id:fukenko:20220118004434p:plain
「スペースマンボウ」高速スクロール面。比較のために貼ってみる。

 よくよく比べてみると、やってることは「スペースマンボウ」の高速面とはかなりというか全然違います。あちらは開閉のタイミングを見て左右にかわすのに対し、こちらは上下動でかわすゲームですし、白い板は行く手を邪魔するだけで「開閉」はしていません。
 にもかかわらず当時のコナミSTGでおなじみの、シャッターを切り抜けるそれっぽさを感じさせるのは、見せ方の妙でしょうか。
 

わりと見るから

 今度買う車にはタコメーターが付いていないので、後付けしようかとかんがえてます。タコメーター付きMT車にしか乗ったことがないので、回転数がわからないとおっかないわけですよ(おい)
 それで現在あれこれ検討中なんですが、これまで車のカスタムなんてほとんどやったことがないので、沼の深さにおののいております。
 とりあえず他にドラレコとかんたんなラジオくらいは取り付ける予定。

海部伝説永遠なれフォーエバー

www3.nhk.or.jp


 政治家としてはさておいて、個人的ファンである海部俊樹元首相が亡くなられたというお話。
 日本の首脳として初めてサミットで他国の首脳達をジョークでバカウケさせたということと、コンピューターゲームに多大なる理解があったことは、偉大な功績として永遠に語り継ぐべきことだとマジでおもっております。惜しい人物が亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。

外飯2022今年初

f:id:fukenko:20220115170537j:plain
雪で風防を作るのが味噌です

 山形でも変な病気がまた蔓延してきたので、こんな時は人気のないところで遊ぼうと、手持ちの食料の在庫整理を兼ね、外で米を炊いて食ってきました。当然外で米を炊くのは今年初。というかこれまで1月に外で米を炊いたことがありません。ついでに今日俺の誕生日(号泣)。


 今回はお手軽に、FLIGさんのソロメシこと、メスティン用の炊き込みご飯セットを使用。熱源はアルスト。冬場でもアルストがどの程度使えるか確かめようという魂胆でもあります。除雪が行き届いているのに冬場あんまり人が来なくて、誰の邪魔にもならないような広場を首尾良く見つけ、道具を広げて炊飯開始。弱火リングをかぶせたアルストに30cc程の燃料を入れ、点火したらすかさず材料一式をぶち込んだメスティンをのっけて、あとは火が消えるまで待つだけです。

f:id:fukenko:20220115171633j:plain
薬味載せ忘れた(汗)

 噂どおり、アルストは低温に強いです。大きな火力低下もなく、30分ほどでこともなげに炊飯完了*1。アルストの周囲に雪で壁を作ってしっかり風対策をしたのも功を奏したようです。一番大変だったのは、寒い中火が消えるまで付きっきりでアルストの番をすることだったという(おい)。炊き上がりは上々で、旨いこと炊けました。これだったら冬の外遊びに十分使えます。
 疫病の様子によっては、今年も外飯をする機会が多くなるのかもしれません。

*1:蒸らし時間は別