何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

フクダエンさんの抹茶うまいよ

www.yts.co.jp


 山形市内の幼稚園児が、茶会をしたというお話。
 お題と記事はあまり関係なく、荒井は子供の頃、抹茶味というのが苦手でした。苦いからというのではなく、気持ち悪くなるくらい味が濃いのが苦手だったというべきか。その後、飲む用の抹茶と加工用の抹茶は製法が違うということを知りまして、どうやら自分は加工用の抹茶の濃さが苦手だったらしいことに気づきました。
 もっとも、大きくなった今は飲む用も加工用もどちらも普通に飲み食いできるのですが(おい)

レンズは新品になった

 先日新しいバージョンが公開されたので、うちのGR IIIのファームウェアを更新しました。
 通算撮影枚数がわかるようになったので見てみると、約6000枚。買ってから4年近く経つのにずいぶん少ないなとおもったら、去年修理に出した際、リセットされてたことにおもいあたりました。あのときいろいろ交換したみたいだから(泣)。
 現在、スマホが一頃のコンデジのような存在を占めていることは承知しているものの、GRシリーズのような小さくて良く写るデジカメというものは、なかなか替えが効きません。

パイポも電子化してるらしいぞ

 荒井が子供の頃、「私はコレで会社を辞めました」という、禁煙パイポのCMがありました。
 当時は笑い事だろとおもったものですが、大人になってみると「コレで辞めました」の実例をあまりにも多く目にするので、現実はどうやら笑い事では済まないらしいことを知ったのでありました。

日本人の購買力が落ちたということだ

dc.watch.impress.co.jp


 数年前、日本のレトロゲームやハードが海外のコレクターの手に渡って、当の日本人が手に入れづらくなると危惧されたことがありました。文化資産の海外流出問題は、ゲームソフトに限ったことではなかったんですなぁ。
 個人的にはハンザキヤノンですらちょっと高いライカの現行機種とどっこいどっこいの価格で買えるということが意外でした。おもったより安いな…*1
 

*1:買わないし買えないけどな(泣)

最大の障壁は無関心

 とっておきの何かを宣伝する手法として、「本当は教えたくないけど教えます」という煽りがあります。
 しかしだったら教えなくてもいいぞ俺興味ないからと反応する程度に荒井は性格悪いです(おい)。