何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

「ゴーストハウス」

ゲームスタート。黒丸幽霊をかわしてハートを集めよう

 例によってMSXプログラムは細々と入力中です。というわけで本日はポプコム84年10月号から「ゴーストハウス」。
 本作は古き良き固定画面「追いかけ」アクションゲームです。主人公の白い丸を操作し、迫り来る黒い丸こと敵をかわしつつ、部屋の中にある12個の宝を集めましょう。敵は幽霊という設定で、プレイヤーがいるのは幽霊が巣くう部屋。だからゴーストハウスという題名があるようです。

順調に宝をゲット。緑の壁は避けるよりも最短距離を突っ切る方が対処しやすい

 部屋の中には緑色の壁が点在しています。こちらにぶつかると主人公の「エネルギー」が減ります。エネルギーはまた、経時でも減少します。エネルギーが0になるとアウトです。その前に宝を全て集められればステージクリア。敵の動きが速くなり、次の面が始まります。
 なお、ピンク色の壁にぶつかった場合は即死です(おい)。

クリア直前で痛恨の操作ミス!
ラジコン式操作に慣れることが高得点への第一歩

 本作最大の特徴は、なんといっても操作方法です。自機の操作は「ラジコン式」、つまり左右旋回と加減速で動かします。この操作方法でほどよい「もどかしさ」が加わり、ゲームが格段に面白くなっています。

黒丸に捕まりあえなくゲームオーバー。面が進むほど敵の動きは速くなる

 ちなみに宝の位置は各面毎回固定です。下手に壁を避けるよりも、効率よいルート取りをした方が、エネルギーの消耗は抑えられますので、一定のコース上をいかに安定して動けるかが攻略の鍵となります。ですので本作はどこかレースゲームにも似た趣があります。
 ゲーム自体は当時よく見た類いのゲームと言って良いでしょう。しかしそこそこ遊べて、なかなか悪くありません。リストが短めなのも好いところです(おい)