何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

MSX話

「ヘンな三目並べ」

二人ゼロ和有限確定完全情報ゲームってそれ何? ググれよ(違) 三目並べという遊びがあります。3x3のマス目に○と×を交互に配置して、先に三つ並べた方が勝ちというアレですな。必勝法が確立していることと単純すぎるゆえ、対戦ツールとしては不十分なところが…

「謎の物体○」

30年以上前のMSXが現行機種だった時代、荒井が一画面プログラム*1の収集にあまり熱心でなかったのにはあれこれ理由があります。 「ザ・リンクス」*2に加入していたため、ファンダム作品はダウンロードし放題ではありました。しかし接続するだけ料金がかかる…

「DISHONEST」

ゲーム自体は操作性が微妙に悪くて少々遊びづらい(おい) 付録ディスク添付以前の「MSX・FAN」のプログラムの打ち込みは、現在の大きな課題のひとつです。そのむかしザ・リンクスのダウンロードサービスを利用していたものの、すべての作品をDLしたわけでもな…

「GRAVITATION」

というわけで今年もよろしくおねがいいたします 正月だからといって別に浮かれたことをするわけでもありません。新年一発目のネタは、毎度打ち込みプログラムです(おい)。 というわけで2020年第一弾は「GRAVITATION」。MSXファン89年5月号掲載のパズルゲーム…

だいたい毎日入力10年目だ!

今年は全部で18本。ペース遅いな(汗) というわけで今年も一年なんとか生き延びまして、このエントリを書く日になりました。今年はサボりがちで一日1行なんて日がもう何十日と(汗)。しかしそれでもだいたい毎日入力を続け、気づけば毎日MSXのプログラムをなに…

「光の伝説」

年の瀬になると追い込みでプログラムの紹介数が増えます(おい)。というわけで今年最後の打ち込みプログラムは「光の伝説」です。 今年入力したプログラムの本数は全部で18本。例年よりも少ないです。というのもこいつの入力とバグ捕りに大半を費やしたから*1…

「バラン」&「バランII」

今回はちょっと変わった打ち込みプログラムをご紹介。1985年前後、誠文堂新光社より発刊された「MSXソフト集」収録、「バラン」シリーズです。 誠文堂新光社は「天文ガイド」等の科学雑誌で知られる出版社です。その関係か、80年代にはMSXのプログラムを扱っ…

「アルファベットパズル」

例によってこないだ打ち終わったプログラムネタ。今回はMファン89年5月号から「アルファベットパズル」です。 畢竟、本作も文字当てゲームです。画面上に画像的に加工された文字が出てくるから正解を答えてね、というものです。この手のゲームは骨子がシンプ…

「エグザート」だったらこんなに記憶には残らなかったろう

衝撃の極太レーザー。スペマンといったらコレだよな。 2019年の12月21日は、コナミのMSX2用STG「スペースマンボウ」発売ちょうど30周年です。「スペースマンボウ」は荒井がいちばん好きなSTGで、今でもちょくちょく遊んだりするのですが、そのわりに89年12月…

描画に数時間かかるやつ

dailyportalz.jp そのむかしMSX2でレイトレーシングをするなんてプログラムも見たような気はしますがそれはさておき、盤面を起伏のある立体物で作らず、紙に描くなり平面で再現した方がもっとそれっぽくなるのではという気がします。

「なとやん」

いつものMSXプログラムネタ。本日はMファン89年5月号から「なとやん」です。 元も子もない言い方をすれば1画面プログラム「プーヤン」です(汗)。主人公の名前は勇者ロトならぬ勇者ナト。タイトルはナトによる「プーヤン」だから「なとやん」という洒落とおも…

FDどこから調達するんだろう

https://www.beep-shop.com/blog/15071/ レトロゲーミング界隈では有名な秋葉原のゲームショップ・BEEPさんが、T&EソフトのMSX2用STG「アンデッドライン」をMSX2実機向けに復刻するというお話。 30年前発売当日に手にして毎日のように遊んだのはもちろん、数…

きのうが発売日でした

こんな状況でよく草喰ってんな ゲーム好きの間では「牛の出るゲームは良いゲーム」という格言がまことしやかにささやかれています。きのう久々に「アレスタ2」をやってみたら、この作品にも牛が出ていたことに気がついたのでありました(おい)。コンパイルだ…

最近入力したプログラムいろいろ

例によってプログラムは毎日打ち込んでるんですが、動作確認やバグ捕り等が追っつかないのとおっくうなので(おい)、なかなかネタにできてません。というわけでさいきん入力しおわったプログラムをいろいろ。「BALL&BOX」「PANEL PANIC」「フロントアタック」…

続・キテレツ大百科にこんな奴いたよな

www.jiji.com そんなことより「とんコレラ」という読みにはいまだ違和感があります。どう見たって「ブタコレラ」と読みたくなる字面だから(おい)。 ついでにSWINEの意味が「豚」であることは、中学生の頃TEIJIROさんのゲームで知りました。みんながぶたにな…

ソフトは持ってない

話はきのうの続き。 それでカシオも作ってなかったかと確かめてみたところ、カシオが主催するプロゴルフ大会と同じ「カシオワールドオープン」という題名のMSX用ゴルフゲームを作ってました。やっぱりプロゴルフ大会にちなんだゲームだったんでしょうか。 と…

ホールインワンはHAL研です

www.daily.co.jp アルバトロス。日本テレネットのゴルフゲームというイメージしかなくて... 達成自体はおめでとうございます(おい)。

MX-10は本体内蔵じゃなかったんだよ!(泣)

www.webcartop.jp 例によってお題と記事はあまり関係なく、そのむかしカセットテープが記録メディアの主流だった頃、データレコーダーのスタートとストップを制御するため、リレースイッチが利用されていたものでした。 MSXでは本体に内蔵されていることが多…

奥様うっとり

withnews.jp 「マンボウ最弱説」...おまいらこれ見てもまだそんなこと言ってられるか!(おい)

木の鍵はダミーだぞ

ROM版は大学生のときマイクロキャビンから直接買いました ふとおもいたって久々に、マイクロキャビンの「は~りぃふぉっくす雪の魔王編」をプレイしました。解法を知っていれば30分とかからずに解けるんですが、黒ギツネに殺られたり、氷の城の入り方を忘れ…

「LINERS」

ゲーム自体はかなり乱数に左右されます 永らく沈黙してましたが、もちろんプログラムは毎日入力してました。いや、長いのとバグ取りに時間がかかってるのと荒井の怠慢で遅れてるだけ(おい)。 というわけで久々の打ち込みプログラムネタは、Mファン89年4月号…

-TIME

nazology.net ファンダムの一画面プログラムおもいだしました(おい)。 そのむかし、コンピューターの乱数は、条件を変えてやらない限り同じ系列の数が出てくることが知られていましたので、それを利用して、面データを持つことなく、同一パターンの面を多数…

恒星だって破壊します

withnews.jp ことしの12月で30周年です そんなんMSXユーザーは30年も前から知っていたぜ(おい)。

たいがいグラフィックだけ作った時点で満足して終わる

note.mu そのむかしMSXでゲームを作ろうとしたことはありましたが、一本もできなかったのはまさにコレでしたのよ!(号泣)

そのお金でPS4買った方がいいぞ

駿河屋さんの新着在庫をチェックしたら、ひさびさにMSX用「ゼータ2000」が入荷してまして、値段を見たところ、39800円というとんでもない額が付いてました。数年前に荒井が買った時の10倍くらいです。NEO戦士になるのも難儀な時代になったなぁと(おい)

データフォルダが見つかった

というわけで本日のネタはきのうの続き。blueMSXフォルダ内に各種作業用データフォルダがないぞとひとしきり探し回った末、ようやくどこにあるかわかりました。ユーザーフォルダ内の隠しフォルダ「AppData」の中のかなり底。具体的には「AppData>Local>Virtu…

blueMSXで苦戦中

パソコンの引っ越し作業はまだ続いてまして、現在MSXエミュレーターことblueMSXをインストールする段階まで来ました。 いちおう動作はするのですが、スクリーンショットフォルダやクイックセーブフォルダが見当たらず、頭を抱えております(泣)。実行ファイル…

MITAIYOENDDEMO

www.amusement-center.com 話は微妙にきのうの続き。MSXユーザーなら誰でも知っているコナミの「F-1スピリット」が、いつのまにやら「MSXレーシングスピリット」に改題されていたことを知りました。 おそらく商標登録されているとかで「F-1」という名称に版…

いちばん遊んだのは多分「超兄貴」

www.inside-games.jp コナミは確かに数々の歴史的名作を生み出しましたが、一方でグラ2なしではグッドエンドが見られない「沙羅曼蛇」とか、「火の鳥」なしではセーブできない「キングコング2」などを皮切りに、えげつないことも相当にやっているのを見てき…

そろそろ発売32周年ですね

さいきん、PC-88版「イースI」で、ニグティルガーを倒した後、イースの本を回収せずにサラの家に行くとおもしろいことになるという情報を教えてもらったので、手持ちのMSX2版ではどうなるだろうと試してみました。するとこれまで見たことのなかった展開が(お…