何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

MSX話

「カエルの虫とりゲーム」

打ち終わったプログラムはもう一本残ってます。というわけで今回ご紹介するのはポプコム86年2月号掲載「カエルの虫とりゲーム」です。 掲載されたのはポプコムですが、投稿ゲームとは毛色が異なります。それというのも本作は、雑誌巻末に連載されていたプロ…

「立体迷路ゲーム」

本日も入力し終わったプログラムネタ。昨日と同じくポケットバンク「グラフィックスマル秘伝」収録作品より「立体迷路ゲーム」です。 立体迷路というもんだから、てっきりワイヤーフレームで描画された3D迷路ゲームなのかとおもいきや、内容はトップビューの…

「15パズル」

入力し終わったプログラムが溜まったのでぼちぼちご紹介。今回は「15パズル」です。 15パズルというのは皆さんご存じでしょう。4x4のグリッド内でバラバラになった15枚のパネルをスライドさせて動かし、元の位置に収めていくというものです。 ゲームプログラ…

"EMERGENCY!"

仕事の応援で酒田に出張ってきたのですが、連絡の行き違いで日程が変わっていたことに気付かず、先方の職場に到着するなり「日付が違ってますよ」と言われ、惑星シンに到着したジェイムス・バートンもこんな気分だったんだろうなとそのまま地元に戻ってきた…

とにかく速いマシン語ゲーム~その2

ポケットバンク収録のマシン語作品はまだあります。今回は残る2本「ドライブゲーム」「モービーディック」のご紹介です。 「ドライブゲーム」は昔ながらのスクロールゲーム。プログラムポシェットの「DOWNDOWN」に代表される、縦スクロールで迫ってくる地形…

とにかく速いマシン語ゲーム~その1

しばらく前にアスキーのMSX叢書「ポケットバンク」シリーズのマシン語ゲーム集掲載のリストを頂く機会に恵まれ、ここしばらくはそのリストを入力してました。というわけで今回はその中から2本のご紹介です。 1本目「ボンバー」は横シューです。爆撃機を操り…

やんないけどね

先日はるか昔に「吉田工務店」で作ってしまったゲームを晒しましたが、ネタ作りのため再プレイをしていたら、演出やボス戦等でこうしたらどうだろうと新しいアイディアがあれこれ浮かんできて、あぁ、中学男の頃から成長していないなとおもった次第(おい)。

「メッコーリー2」~後編

今月中に続きを書かないともうそのままになってしまうだろうから、突然ですが前回の続き(おい)。 * これまでのあらすじ 今を去ること約30年。「吉田工務店」なるシューティングゲーム作成ソフトを手にした荒井少年。その成果は連日雑誌やテレビを騒がせてい…

「こたぐちくんつかれるッ!」

本当に豪快に久々ですが、やっぱりプログラムはほとんど毎日入力してます。ただここのところ用事が立て込んだのと、リストが長かったもんで入力とデバグに時間がかかっただけ(泣)。 というわけで久々にご紹介するMSXプログラムはMSXマガジン88年3月号掲載の…

「メッコーリー2」~前編

先日のあんな出来事があっては、もう二度と日の目を見せる機会もないだろうので、恥を忍んで晒しときます。題して「メッコーリー2」。荒井が中学3年だかの頃、「吉田工務店」で作ったSTGです。 「吉田工務店」とはMSX2用のSTGエディターです。作者は荒井が何…

アドレス加算式サム滅亡しろ

さいきん久々にマシン語のダンプリストを入力しています。ダンプリストには通常、入力ミス修正の便宜を図るため、チェックサムというものが付いているんですが、この確認作業がけっこうな手間です。 わりと効率的なのは、紙の誌面に刷られたリストと、コンピ…

趣旨はむしろそっち

news.nifty.com とりあえず子供一人に一台MSXを与えとけば(おい) もっとも、80年代のプログラミング文化は、BASICが標準で付いてくるパソコンの普及に加え、遊びたいゲームがなければ作らざる/入力せざるを得なかった飢餓状況や、作品の発表の場となる各種パ…

新コーナーまたはじめました

PSYZANSの間もくじ〜レトロコンピューティング模索の場 というわけで今年も半分過ぎてしまいましたが、ようやく拙サイトを更新しました。今回は「PSYZANSの間」を創設。「おこのみ実験場」に続いて数年ぶりとなる新コーナーです。 「実験場」と同じくレトロP…

30分ぐらいある

portal.nifty.com この調子でMSX2版「スナッチャー」のエンドロール巻物にも挑戦してみれば(おい)

「SOUZAN」

ようやく動作確認が終わったのでご紹介。今回はポプコム86年2月号掲載の「SOUZAN」、「ソウザン」ではなくて「サウザン」と読みます。 ゲームはご覧のとおり、「ハイドライド」に強く憧れただろうARPG。グラフィックもそっくりなら、ゲームの舞台もフェアリ…

「プクプク」

先日プログラムリストをいくつかいただく機会に恵まれまして、入力を進めております。本日紹介するのはその1本、ポプコム86年2月号掲載のパズルゲーム「プクプク」です。タイトル画面は登場キャラクターの紹介付き。当時こういうタイプのタイトル画面はよく…

「マーブルマン」

いつもどおり唐突に先日打ちおわったプログラムのご紹介です。今回は「マーブルマン」。Mファン89年2月号掲載の一風変わったアクションゲームです。 Mファン誌では「変型ブロック崩し」と紹介されています。各面の目的は「GON」こと三角形のブロックにボール…

S100持ってるけど買うだろう

casio.jp カシオがまたとち狂った電卓を出すというので注目している次第。ゲーム電卓はカシオらしい製品だなと当時からおもってたもんですが、なんだかんだで買わなかったんですよ... ついでにこの調子でMX-10とかPV-7とかも復刻してほしいところですが、さ…

ゲーム自体はけっこう好きなんですけどね

先日駿河屋さんの在庫をチェックしていたら、ホット・ビィのMSX用STG「ア・ナ・ザ」が4万5千円で売りに出されてました。こんな値段で誰が買うんだろうとおもいましたが、数日とせずに売り切れてたので目が丸くなりました。いや、悪いゲームではないんですが…

「おせんたくパンプネコ」

[ 例によってようやく動作確認が済んだので、先日入力したプログラムのご紹介です。本日はMファン89年2月号掲載のアクションゲーム「おせんたくパンプネコ」です。 パンプネコは往年の徳間系パソコン雑誌の熱心な読者なら誰もが知っているキャラクターでした…

解明ようとおもったらリバースエンジニアリングに手を出すことになりますぜ

nlab.itmedia.co.jp 荒井がMSXのゲームを遊ぶ時でさえ、たかだか32キロバイト程度のゲームでも、その全てを理解していないし明らかにできていないおもうぐらいなのだから、ましてや数十メガビットのゲームに「まだまだ未開拓」の感を抱くのもそうだよなぁと…

RRLRLLRLLRRLRLRR

www.stc.toyobo.co.jp つらつらとネットを見ていたらこんなものを見つけて仰天。メタルギアは寝具だったのか...(おい)。ついでにどこかでネタにされてないかとおもったら案の定、ふたばですでにスレが立ってました。 ところで「R」マークが付いているという…

E・1

MファンのプログラムはOCRと非常に相性が良い上、チェックプログラムが存在するためデバッグも容易です。そういうわけでまたこないだ入力し終えたMファンプログラム「E・1」のご紹介です。 VRAM上に複数のページを持てるMSX2では、裏ページに描画しておいた…

一画面プログラム4題

「SAVE OUR DENCHU」の動作確認が遅れた一方で、実はMファンの1画面プログラムも4本ほど入力と動作確認が完了してました。今回はそちらのご紹介。いずれも89年2月号掲載です。 1本目「東」は絵合わせパズルゲームです。「東」は麻雀牌の字牌のアレ。枠の中で…

最近turbo Rが本格的に壊れました(泣)

www.msxtranslations.com 日本のMSXゲームの勝手翻訳を手がけているチームが、最近「幽霊君」の英語化パッチを完成させたというお話。作中のテキストはもちろん、ステージ名やタイトルロゴまで書き直したばかりか、いくつかのバグを修正したりturbo R向けの…

「SAVE OUR DENCHU」

2月になってしまいましたがようやく今年初のプログラムの入力と動作確認が終わりました。今年一発目のプログラムはベーマガ92年9月号掲載の「SAVE OUR DENCHU」。「DENCHU」といっても忠臣蔵のアレではありません*1。電信柱のことです。 一言で言えば本作は…

プログラム数行と駄文でなんとかかんとか

そのむかし浪人して予備校に通うことになった際。入校式で予備校の名誉校長みたいな人がやってきて、こんなことを言っていたのでありました。その校長はわりと名のある著述家でもあり著作多数、荒井もその名前ぐらいは知っているという人物だったのでした。 …

レコードのように溝を振動に変えるのかとおもった

bouncy.news 波形の入れ墨を音声に変換できるということならば、なにも人の声に限らず、ピーガー音を入れ墨にしておけば、入れ墨からコンピューターにプログラムをロードできるんじゃないかとか、あるいは入れ墨でなくとも紙かなにかに波形をプロットしてお…

音楽のロックだとばかりおもっていた

president.jp 例によってお題と記事は関係なく、バクテリアン掃討の際にはまた出動してくれるかいと尋ねられたジェイムス・バートンは考えてみるよと言ってたぞ(おい)

30年前から気付いてはいた

先日「ハイドライド3」の記事を書いたついで、前から気になってることがあります。「ハイドライド3」ではゲームオーバーになる、またはゲームを終了させると、画面上に「GAME OVER」の文字が表示されるんですが、この文字の位置がちょくちょくズレます。やっ…