何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

MSX話

そのお金でPS4買った方がいいぞ

駿河屋さんの新着在庫をチェックしたら、ひさびさにMSX用「ゼータ2000」が入荷してまして、値段を見たところ、39800円というとんでもない額が付いてました。数年前に荒井が買った時の10倍くらいです。NEO戦士になるのも難儀な時代になったなぁと(おい)

データフォルダが見つかった

というわけで本日のネタはきのうの続き。blueMSXフォルダ内に各種作業用データフォルダがないぞとひとしきり探し回った末、ようやくどこにあるかわかりました。ユーザーフォルダ内の隠しフォルダ「AppData」の中のかなり底。具体的には「AppData>Local>Virtu…

blueMSXで苦戦中

パソコンの引っ越し作業はまだ続いてまして、現在MSXエミュレーターことblueMSXをインストールする段階まで来ました。 いちおう動作はするのですが、スクリーンショットフォルダやクイックセーブフォルダが見当たらず、頭を抱えております(泣)。実行ファイル…

MITAIYOENDDEMO

www.amusement-center.com 話は微妙にきのうの続き。MSXユーザーなら誰でも知っているコナミの「F-1スピリット」が、いつのまにやら「MSXレーシングスピリット」に改題されていたことを知りました。 おそらく商標登録されているとかで「F-1」という名称に版…

いちばん遊んだのは多分「超兄貴」

www.inside-games.jp コナミは確かに数々の歴史的名作を生み出しましたが、一方でグラ2なしではグッドエンドが見られない「沙羅曼蛇」とか、「火の鳥」なしではセーブできない「キングコング2」などを皮切りに、えげつないことも相当にやっているのを見てき…

そろそろ発売32周年ですね

さいきん、PC-88版「イースI」で、ニグティルガーを倒した後、イースの本を回収せずにサラの家に行くとおもしろいことになるという情報を教えてもらったので、手持ちのMSX2版ではどうなるだろうと試してみました。するとこれまで見たことのなかった展開が(お…

MSX2版IとIIは持ってます

話によると、昨日はドラクエ発売33周年の記念日だったようです。しかしMSXユーザーだった荒井はリアルタイムに遊ぶこともなかったため、特におもいいれもないので今日のネタはこのへんでおわります。 まぁ、MSX版ドラクエ3を出せとは今でもおもってるけどな(…

Hit-Bit復活しろ

yamagata-np.jp ソニーとマイクロソフト。これはもうMSXを作るしかないということだ!(おい)

アシュギーネも復活だ

gendai.ismedia.jp とりあえずMSXを作らないパナなんてパナじゃねぇ(おい)。 パナソニックはいいもの作ってるんでしょうが、心をわしづかみにするようなものを現在作れているかというと、とてもそうはおもえませんで...天童にも工場があるので山形県民として…

漬物石で動けなくなるゲーム

www.bengo4.com 一円決済をする奴は、一度フェアリーランドで小銭の重量に押しつぶされちまえ(おい)

無い袖を振るたぐいの話

anond.hatelabo.jp 無印MSXのスクリーン2でフルHD解像度表示をするとか、スプライト512枚を水平表示するとかそういうのかとおもいきや(おい)

「DYNAMITE RACE」

動作確認が終わったプログラムはもう一本あります。というわけで本日紹介するのは「DYNAMITE RACE」。やはりMファン89年3月号掲載です。 固定画面のレーシングゲームは、自作プログラムではときどき見かけるものでした。作る側にしてみれば画面スクロールを…

「OH!ACTION」

例によって先日打ち終わったプログラムのご紹介。今回もMファン89年3月号より「OH!ACTION」です。 題名のごとくのアクションゲーム。スクロールしないベルトコンベアアクションとでもいえばいいのでしょうか(おい)。内容は至って明解。主人公を操り、画面右…

荒井の寄稿した記事が公開されました

www.moai-tech.es http://www.moai-tech.es/08_ilevan_jap.htm http://www.moai-tech.es/08_ilevan.htm 先日、スペインのMSXウェブマガジン「モアイテック」8号が公開されました。荒井が寄稿したTULIP HOUSEさんの「イレバン」レビューと、作者・西田浩一さ…

「DOG FIGHT」

「MSX・FAN」のプログラムには短いものも多い上、OCRとの相性も良いので、比較的早めに入力できます。ということで今回ご紹介するのはまた同誌89年3月号から「DOF FIGHT」です。 呼んで文字のごとく、本作は簡易空中戦ゲームです。画面は戦闘機のコックピッ…

今年初は3本立てだが

小正月も過ぎましたが年明けから入力していたプログラムがようやく打ち終わりました。しかも3本。 今回紹介するのは「PICK UP!!」「テクニカルクイズ」「はさみごっこ」。どれもMSX・FAN89年3月号掲載です。 「PICK UP!!」は言葉探しゲームです。画面内に散…

だいたい毎日入力9年目

というわけで今年もなんとかかんとか一年生きのびまして、このエントリを書く日になりました。いろいろあれどだいたい毎日MSXのプログラムを打ち込み続け、今年は25本ほど入力することができました。今年は一日一行という日がけっこう多かったような気がする…

歳末一画面プログラム3題

というわけで年末の追い込みで一画面プログラムを3本打ち終わりましたのでご紹介。いずれもMファン89年3月号掲載の作品です。 一本目「ドットガンナー」は、Mファン定番中の定番ドットバイパー式ゲーム。MSX2のページング機能を利用したピープホール式スクロ…

「REVERS」

例によって打ち込んでいたプログラムの動作確認が終わったのでご紹介。今回はMSXマガジン1988年3月号掲載のブロック崩しゲーム「REVERS」です。 1986年の「アルカノイド」登場以来、プロアマ問わず、パワーアップや凝った演出等を盛り込んだ新しい形式のブロ…

「HAPPY COIN」

本日もこないだ動作確認が終わったプログラムネタ。今回はベーマガ84年11月号から、高原保法さん作「HAPPY COIN」です。 高原さんは拙サイトやブログで何度も採りあげているとおり、ログインの「ミッドナイトチェイス」シリーズや、「YAZ-ZIP」名義で各種フ…

「ドリームランナウェイ」

最近用事やらなにやらですっかり遅れてしまってましたが、ようやくプログラムを打ち終わったのでご紹介。今回はポプコム1985年12月号掲載の「ドリームランナウェイ」です。 内容は3Dカーアクションゲーム。レーシングカーを操り、ワイヤーフレームで描かれた…

「カエルの虫とりゲーム」

打ち終わったプログラムはもう一本残ってます。というわけで今回ご紹介するのはポプコム86年2月号掲載「カエルの虫とりゲーム」です。 掲載されたのはポプコムですが、投稿ゲームとは毛色が異なります。それというのも本作は、雑誌巻末に連載されていたプロ…

「立体迷路ゲーム」

本日も入力し終わったプログラムネタ。昨日と同じくポケットバンク「グラフィックスマル秘伝」収録作品より「立体迷路ゲーム」です。 立体迷路というもんだから、てっきりワイヤーフレームで描画された3D迷路ゲームなのかとおもいきや、内容はトップビューの…

「15パズル」

入力し終わったプログラムが溜まったのでぼちぼちご紹介。今回は「15パズル」です。 15パズルというのは皆さんご存じでしょう。4x4のグリッド内でバラバラになった15枚のパネルをスライドさせて動かし、元の位置に収めていくというものです。 ゲームプログラ…

"EMERGENCY!"

仕事の応援で酒田に出張ってきたのですが、連絡の行き違いで日程が変わっていたことに気付かず、先方の職場に到着するなり「日付が違ってますよ」と言われ、惑星シンに到着したジェイムス・バートンもこんな気分だったんだろうなとそのまま地元に戻ってきた…

とにかく速いマシン語ゲーム~その2

ポケットバンク収録のマシン語作品はまだあります。今回は残る2本「ドライブゲーム」「モービーディック」のご紹介です。 「ドライブゲーム」は昔ながらのスクロールゲーム。プログラムポシェットの「DOWNDOWN」に代表される、縦スクロールで迫ってくる地形…

とにかく速いマシン語ゲーム~その1

しばらく前にアスキーのMSX叢書「ポケットバンク」シリーズのマシン語ゲーム集掲載のリストを頂く機会に恵まれ、ここしばらくはそのリストを入力してました。というわけで今回はその中から2本のご紹介です。 1本目「ボンバー」は横シューです。爆撃機を操り…

やんないけどね

先日はるか昔に「吉田工務店」で作ってしまったゲームを晒しましたが、ネタ作りのため再プレイをしていたら、演出やボス戦等でこうしたらどうだろうと新しいアイディアがあれこれ浮かんできて、あぁ、中学男の頃から成長していないなとおもった次第(おい)。

「メッコーリー2」~後編

今月中に続きを書かないともうそのままになってしまうだろうから、突然ですが前回の続き(おい)。 * これまでのあらすじ 今を去ること約30年。「吉田工務店」なるシューティングゲーム作成ソフトを手にした荒井少年。その成果は連日雑誌やテレビを騒がせてい…

「こたぐちくんつかれるッ!」

本当に豪快に久々ですが、やっぱりプログラムはほとんど毎日入力してます。ただここのところ用事が立て込んだのと、リストが長かったもんで入力とデバグに時間がかかっただけ(泣)。 というわけで久々にご紹介するMSXプログラムはMSXマガジン88年3月号掲載の…