何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

火打岳に登ってきた

f:id:fukenko:20181009110009j:plain


 というわけで先日火打岳に登ってきました。
 火打岳は神室連峰の一座です。標高は1238mですごく高い、というほどではないんですが、神室連峰の中心部にあってわりと急峻なせいか、「怪峰」とも称されます。しかも山頂は与蔵峠と同じく二次増大点にあたる重要な一等三角点。ぜひ登ってみたいとおもいつつ、登りづらそうな山という印象がありました。
 それが今年の春、最上町の神室連峰山開き登山で、一つ手前のピーク・大尺山まで行った際、自分の足なら十分行けるという確信を得まして、「近々」登ってやろうと狙っていたのでありますが、気づけばいい加減日も短くなってきた上に、このままでは冬になっちまうぞということで、なんとか隙を作って行ってきたのでありました。


f:id:fukenko:20181009075519j:plain


 火打岳の日帰りルートでは新庄側から登る「火打新道」コースが知られているのですが、今回は最上町側から登る親倉見コースを選択。親倉見から槍ヶ先で神室連峰主稜線に上がり、縦走路を伝って火打岳を目指すというルートです。火打新道より距離はありますが、途中まで二度ほど歩いて土地勘がある安心感と、展望の良さを考慮してのことです。


f:id:fukenko:20181009075619j:plain
f:id:fukenko:20181009080010j:plain
f:id:fukenko:20181009080501j:plain


 登山口前の駐車場に車を停め、朝7時57分に登山開始。山神社の赤い鳥居をくぐれば本格的な登山道の始まりです。ところで名前だけ知っていた親倉見のアカマツはここにあることを今回ようやく知りました(おい)。


f:id:fukenko:20181009081654j:plain
f:id:fukenko:20181009085151j:plain
f:id:fukenko:20181009090719j:plain
f:id:fukenko:20181009094459j:plain


 まずはここから槍ヶ先まで行くのが一仕事。槍ヶ先までは基本尾根伝いの登りです。中盤以外はだいたい急登。途中現れる「○合目」の看板を見ながら、槍ヶ先山頂に近づいていることを確かめます。このあたりはおおむね林の中の道ですが、登るに従い林の切れ間から、大尺山や八森山の稜線、最上町の盆地などがぼちぼちと見えてきます。


f:id:fukenko:20181009095426j:plain
f:id:fukenko:20181009095439j:plain


 そして9時49分に槍ヶ先に到着。前回登った時はここから鳥海山がくっきり見えたものですが今回はさっぱりで、新庄盆地も雲の下。月山と葉山だけはかろうじて見えるというあんばいでした。


f:id:fukenko:20181009100305j:plain
f:id:fukenko:20181009104334j:plain


 ともあれここからが後半戦。神室連峰の主稜線を歩き、火打岳を目指します。行く手に背の高い木はなく、稜線上に登山道が伸びているのがはっきりと見て取れます。右も左も眺めが開ける爽快な区間となりますが、神室連峰ならではの痩せ尾根が続くので油断は禁物です。大尺山の前に中先(なかさき)なる小ピークを一つ越えますが、この付近の下りがやたら急で気を遣いました。
 このへんの標高は1100mを越えます。あたりの木々はすっかり色づき、紅葉の見頃を迎えつつありました。


f:id:fukenko:20181016085649j:plain
f:id:fukenko:20181009111310j:plain
f:id:fukenko:20181009111929j:plain


 10時50分に前回の目的地・大尺山到着。ここまで来れば目指す火打岳は目の前です。今回はとうとうあのてっぺんに行くんだと気分も盛り上がりますが、道はよりいっそうの痩せ尾根で、さらにところどころ背の高い笹が茂って見通しが良くないところもあるので気が抜けません。最後のひとふんばり、です。


f:id:fukenko:20181009113804j:plain
f:id:fukenko:20181009121443j:plain


 そして11時25分、ついに火打岳山頂に到着。火打岳は神室連峰で唯一「岳」と呼ばれる山で、孤高の存在感を放っています。話では360度のパノラマが楽しめるというんですが...荒井が来た時にはかなり曇ってしまっていて、すっきり見渡せないという状態(泣)。山頂では秋田から紅葉の写真を撮りに来たという3人パーティが休憩していたのですが、この曇り空ですっかり色がくすんでいるのを残念がっていました。
 火打新道を下っていくパーティを見送ると急にガスってきやがりまして、あたりは真っ白、小雨もぱらつくという有様に(泣)。こりゃ長居はできねぇなと手早く昼餉の準備に取りかかり、いそいそとカップ麺をすすり、辺りの様子をデジカメに収めます。


f:id:fukenko:20181009113907j:plain


 忘れてならないのは山頂の一等三角点。測量のためには遠くからでもよく見えるところに目印を建てる必要があるので、一等三角点は眺めの良い場所にあるのだとか。与蔵峠に薬師山、月山・葉山、御所山。これまで登った一等三角点のある山を振り返ってみると、確かにどこも抜群に眺めがよい山ばかりです。火打岳もその仲間であることは言うまでもありません。


f:id:fukenko:20181009122318j:plain
f:id:fukenko:20181009122629j:plain


 一等三角点を拝んで目的を果たしたところで、12時16分に山頂を経ち、来た道を引き返します。新庄方面からはどんどん雲が流れてきて、時折行く手の大尺山や槍ヶ先まで隠してしまいます。ところが雲は稜線を越えると程なく消えてしまい、この曇り空でも向町の方ははっきりと見えました。


f:id:fukenko:20181009123605j:plain
f:id:fukenko:20181009124948j:plain
f:id:fukenko:20181009125326j:plain


 神室連峰の山稜は非対称で、特に東側は急峻な地形になっていることが知られています。特に火打岳の周辺はその特徴が顕著で、稜線からすっぱりと切れ落ちて深い谷に落ち込むさまが、登山道のどこからでも目にできます。この稜線は、新庄市と最上町の境目であるばかりか、天気の境目にもなっていることをまざまざと見せつけられました。


 13時28分に槍ヶ先に戻ってきた頃には、向町のあたりもだいぶ曇っていました。さっさと戻るに越したことはないと黙々歩き続けた結果、14時57分に無事親倉見登山口に帰投。休憩込みできっかり7時間の行程でした。


 主峰の神室山におなじみ杢蔵山、八森山に今回の火打岳と、やはり神室連峰はいい山が揃ってます。次なる目標は、やっぱり最高峰の小又山ですかね。