何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

「がんばれトコちゃん」





ひさびさに打ち込みプログラムのご紹介。


Mファンやログイン等の雑誌に比べると、
いまひとつ地味なMSX用プログラムが多かったベーマガですが、
地味ながら確かな出来の作品があったこともまた確かです。
今回紹介する「がんばれトコちゃん」は、そんな技ありベーマガプログラムの一つです。
掲載は1986年7月号、作者は山下修さん、ジャンルは固定画面アクションゲームで、
クリボーのような主人公トコちゃんを操り、
町を荒らしまわる化け物デカッパをやっつけるという内容です。


ゲームは残機・ライフ併用制で、ライフがタイマー代わりになっています。
ライフが0になると残機が1減りますが、ライフや残機はアイテムで増やすことができます。
トコちゃんは町に散らばる鉄壁こそ通ることができますが、
その際電撃でライフが大きく減少しますので、通常はジャンプで飛び越えることになります。
デカッパは赤と青2種類のファイアを操り、トコちゃんを追い詰めてきます。
青のファイアはトコちゃんを追いかけてきますが、鉄壁は通過できません。
赤のファイアは気まぐれに移動しますが、全ての地形を通過できます。
トコちゃんがファイアにぶつかると、ライフがあっても残機を失います。
トコちゃんは丸腰で攻撃手段というものがない上、
デカッパ自体は鉄壁で囲まれた区画から出てこないため、このままでは倒せません。
そこでどうするかというと、アイテムを拾っていくと爆弾のスイッチが出現するので、
これを取ってデカッパがいる区画の壁に穴を開け、そこから青のファイアをうまく誘導して、
デカッパにぶつけてやるのです。
デカッパを倒せば面クリアで、次の面へと進みます。


...と言葉にするとややこしいですが、要は壁に穴を開けて
ファイアとデカッパをぶつければいいわけでして、一度遊べばルールはすぐにわかります。
この手の敵から逃れることが中心のゲームは「追いかけゲーム」*1と呼ばれていましたが、
本作は敵を利用して敵を倒すというアイディアがまず面白いのと、
それを活かすためのゲームデザインが巧みで、これが他の追いかけゲームとの差となってます。


作者の山下さんは、一見地味ながら個性が光る作品が持ち味で、
ベーマガでは他にも「青空大相撲」「花泥棒大作戦」等の作品が掲載されています。
後にはMファンにもいくつかの作品を投稿し、掲載を果たしています。

*1:その代表作が「パックマン