何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

「オバケくん」

f:id:fukenko:20141110220325p:plain


 手持ちの大作プログラムリストをあらかた入力してしまったので、最近はベーマガの小規模な作品を入力してます。というわけで今回ご紹介するのはベーマガ85年11月号掲載「オバケくん」です。


f:id:fukenko:20141110220406p:plain


 ゲームはいたってシンプルな追いかけアクション。白いおばけ「オバケくん」を操り、赤と青の敵おばけをよけながら、画面に散らばるりんごを拾っていきます。それだけならばシンプルすぎてあんまり面白みのないゲームですが、そこに一ひねり加えてあるのがこのゲームの味噌。面クリアするにはりんごを拾うのに加えて、敵おばけ同士を2回以上ぶつけ合わせる必要があるのです。2匹の敵おばけはそれぞれ動き方が違うので、避けながらうまいこと誘導してやるテクニックが求められます。
 まったくシンプルなゲームながら、これがけっこう面白く遊べます。それも「ぶつけ合わせる」というルールと、操作性・移動アルゴリズムといった要の部分の作りのよさのおかげ。シンプルなゲームゆえオールBASICながら速度は十分ですし、敵の動きもきつすぎず緩すぎずと絶妙。ベーマガでよく言われていた「ゲームはアイディア」という格言を改めて噛みしめました。