何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

KUNFU CHAN




またプログラムを一本打ち終わったのでご紹介。
今回は電波新聞社の「MSXMSX2プログラム大全集」掲載のアクションゲーム、
「KUNFU CHAN」(カンフー・チャン)です。
初出はベーマガ85年9月号ですが、その後大全集に収録されたものです。






悪党チンタオ族から村を守るため立ち上がった主人公チャン、
迫り来る敵を撃退せよ...という物語で、内容はご覧のとおりのアクションゲーム。
プレイヤーは拳法使いチャンを操り、跳び蹴りとパンチを武器に敵を倒していきます。
各面10人のチンタオ族戦士を倒せば面クリア。
逆に敵にぶつかったり堀に落ちれば1ミス。残機を全て失えばゲームオーバーです。
...まぁ、作者は「スーパーチャイニーズ」を作りたかったのだと思います。


さておき跳び蹴りはリーチ・当たり判定・威力とも申し分なく使い勝手がいいのですが、
その分敵を倒しても得られるスコアは低めです。
パンチは間合いをとるのが難しいかわり、決まったときのスコアが高めで、
さらにパンチだけで面クリアすると、ボーナス&エクステンドが得られる特典があります。
跳び蹴りで安全に進むか、パンチでボーナスを狙うかはプレイヤーの好みと腕次第。
さらに敵が上下方向から迫ってくるのに対し、チャンが攻撃できるのは横方向のみ。
高次面になるとマップが複雑になり、むやみに跳び蹴りを繰り出すとすぐやられます。
うまく敵を引きつけ、有利な間合いで戦うことがゲームのポイントです。





アイディアや操作系はよくまとまっているのですが、
多くのベーマガ作品がそうであるように、BASICゆえの遅さや操作性の悪さが目立つのが残念。
当時は面白く遊んでいたはずなのですが「マシン語で作り直したものを遊んでみたい!」
とか思ってしまうのは、その後様々なゲームに慣れてしまったせいでしょうか。