何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

札入れ買った大散財

f:id:fukenko:20220128003135j:plain


 いつもながら突然ですが、このたび札入れを新調しました。
 今使ってる札入れは、かつて近所のかばん屋さんにあつらえてもらった品です。非常に気に入って使ってたんですが、長年の使用により、こないだ折り目の部分の縁取りの革紐がすり切れました*1。買ったときの「十年は使えるよ!」との触れ込みどおり、律儀に十年目で壊れなくてもいいのに(泣)
 折しも新年になって春財布というのも時宜にかなってますし、このタイミングですり切れたのも何かの機会だろうなと、おもいきって札入れを更新することにしたのでありました。


 今度の財布は同じところではなく、別のところのものにしました。近年、これまた近所にいい財布を作っている会社があることを知り、それ以来気になってたところのやつ。地元山形にいいものを作っているところがあるというのなら、使ってみたいとおもうのは山形県民の性です。ていうか荒井の近所、財布作ってるところだらけじゃねぇか(おい)

f:id:fukenko:20220128003929j:plain
前の札入れ、十年経ってこうなりました

 せっかくだからそれなりにいいのにしようと、紺色のブライドルレザー製のカッコイイのにしときました。荒井の使い方には断然こちらの方が合っているため、折り財布以外の選択はなし。それにコインポケットは使わなかったので、札入れとカードホルダーしか付いてないものを選びました。今回は会社の直販サイトより在庫があるものを取り寄せたので、注文から受け取るまでわずか二日です。
 届いたばかりでまだ使ってないので実力を知るのはこれからですが、やはりめちゃカッコイイです(おい)。これも前の財布同様、渋みを増して艶が出るほど、永く大切に使ってやろうとおもいます。


 ところでこの財布、丁寧な送り状が添えられてあったのですが、荒井の名前が「新井」になってました*2。まぁ、よくあるまちがいなんで慣れっこなんですけど!(泣)

*1:修理できそうな気もするんで、そのうちお店に直せるか訊いてみようとおもう。

*2:世の荒井さんなら誰しも百万回は経験していることです。