何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

タイヤが無くても走るぜ

電動バイクというと小型で近くの買い物用というイメージがあるかもしれません。そんな中でMission Motorcycles社はいわゆるスポーツバイク・タイプの、ガソリン車にもスピードで負けない電動バイクを開発しています。実際、彼らの作るMission Oneは走行テスト中の1マイルの平均時速で150mph(240km/h)を達成。もちろん、電動バイクとして世界最速記録です。ウィリー走行でも80mph(129km/h)という速度が出るので、あとすこしで電動バイクでウィリーしながら過去や未来へ飛び立てることになります。さらに楽しみなのはMission Oneは記録達成用マシンではなく、あくまで量産化を見込んだプロトタイプであるという点。早くも来年には製品化される予定です。7万ドルという想定価格はお手頃ではありませんが、様子を見て安くなったら買うとかいう類のものではないはず。続報に期待しましょう。

単車乗りとしてはとりあえず一回の充電時間と航続距離が気になりますが、
それよりも内燃機関ではなくモーターで動くわけですから、
どれほどの「排気量」に匹敵するのかが一番気になるわけでして。