何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

「PLANET EARTH」




またMSX用プログラムを一本打ち終わったのでご紹介。
今回紹介するのは前回の「BOMBROBO-R」同様、「月刊マイコン」掲載「PLANET EARTH」です。
掲載号は1985年5月号。ちょうど「グラディウス」が世に出る直前に発表されました。
内容はその「グラディウス」以前の代表的STG「スクランブル」を
強く意識しただろう横スクロールSTG
作者は「ゼビウスを作るつもりがスクランブルもどきになった」と言ってますが、
まぁ、実際のところは「スーパーコブラ」を作ろうとしたんだと思います。






ベーマガ」と異なり「マイコン」にはマシン語のダンプリストが載ることもしばしばで、
本作はBASICのメインリストと長大なマシン語リスト2本からなります。
そのおかげもあって動作速度や操作性はまずまず。
もちろんオールBASICのSTGとは比べものにならない快速動作です。
攻撃ヘリ「フライング・クルセイダー」を操り、
最終面・エリア8に控える暴走コンピューターDEMOS-2001を破壊するのが目的です。





フライング・クルセイダーには対空砲と対地ミサイルが搭載されており、
空中物と地上物の撃ち分けが必要です。
このあたりは「ゼビウスを作るつもりが」の名残でしょうか。
一見の見た目こそ地味ですが、このゲームの特に優れているのはそのステージ構成。
グラフィックであんまり変化を付けられないせいか、
出現する敵のパターンや地形でゲームに変化を付けています。
このパターンがバリエーション豊かでテンポが良く、遊んでいて飽きません。
弾の連射が利かないのは玉に瑕ですが、敵の出現パターンがそれに合わせて作られているので、
そんなに大きなストレスにはなりません。
「ザコ戦がつまらないSTGは面白くない。面白いSTGは敵との応酬そのものが面白い。」
というのは荒井の持論ですが、まさにそれを良い意味で再認識させられました。







いかにも当時らしいフォントやデモ、効果音、
雰囲気抜群のネームエントリーに至るまで、まさに古き良き時代の良作STG
発表された場所がマイナーすぎて知名度はほとんどありませんが、
これは入力して損のない作品だと言えましょう。
最後になりましたが、リストを提供してくださった村上様に
この場を借りてお礼申しあげます。