何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

「イース通史I」買った

f:id:fukenko:20190825012827j:plain
フィーナさんが表紙だったらさらによし(おい)


 というわけで、一部レトロゲーム愛好家の間で話題になっている同人誌「イース通史I」を取り寄せました。著者はPCエンジン版「イースI・II」のプログラマーで、「イース」とは関わりの深い岩崎啓眞さん。当時を知る方々への取材を元に、日本ファルコムの歴史的名作「イース」がどのように生まれたかに迫る内容です。縁ありまして岩崎さんからじきじきに「ぜひ読んでもらいたい」と仰せつかりまして、ならば応えねばなるまいよと一冊買わせてもらった次第です(おい)。


 さておき。拙サイト「何とか庵」のイースシリーズ関連ページ「サルモン神宮外苑」の記事は、どれもがんばって書いたものです。しかし、発売当時の体験や書籍・雑誌記事等々、得られる情報には限界がありました。荒井はあくまで80年代の一マイコン少年だったにすぎず、開発に携わった方々の実情や背景を知りうる立場にありません。できるのは資料をひっくり返しては、僅かな手がかりを元に、こうだったのではないかと推測することぐらい。さらに89年以降、日本ファルコムでは制作者の名や開発の内幕を表に出すことをやめてしまったから、なおさらのことでした。


 それが近年、状況が変わってきます。岩崎さんや山根ともおさんをはじめとする当時の開発現場の中心や近くにいた方々の証言という、制作の実情に関する信頼できる史料が出そろってきたのです。
 この状況で拙サイトの記事を改めないまま放置しておくことには、まがりなりにもコンピューターゲームの歴史を扱うサイトをやっている人間として申し訳なさや負い目を感じていましたので、この本の上梓は待ち望んでいたことでありました。


 拙サイトの記事は現在読み返すと、荒井のおもいいれやおもいこみが激しいところが目立って、書き直さなければならないなと感じることがたびたびです。というわけで今すぐというわけにはいかないでしょうが、ぼちぼち手を入れてこうかとおもいます。

結果的にデジタルデトックスになってるんだとおもいます

f:id:fukenko:20190822114643j:plain
ピーチオンザビーチフラペチーノうまかったぞ


 荒井はスマホや携帯電話等の道具を持っていません。しかし本日、出かけた先で個人的にインターネットを使わなければならない事案が生じたので、無線LAN内蔵のノートPCをフリーWi-Fiスポット*1に持ち込んで使うことにしました。
 それで用件は無事済ますことができたのですが、スマホのような電話通信機能のないノートPCでさえ、街中でいともかんたんにネットサーフィンができるという事実に、こりゃどこでもネット廃人になれそうだなと、荒井は恐れおののいたのでありました(おい)。
 荒井は家でパソコンを使いまくってるかわり、外に持ち出すということをほとんどやりません。ちょうどそれくらいでバランスが取れてるんだろうとおもいます。

*1:ありていに言えばスタバです。店内でノートPC広げてる人けっこういました。

とりあえず飯が食えれば心配はない

39mag.benesse.ne.jp


 アイス大好きでよく食うし、冷たい飲み物も好きなのでガブ飲みするし、寝る時エアコン使わない*1にもかかわらず、荒井はこれまで一度も夏バテというものになったことがないんですが。

*1:というか部屋にないから使えないだけだ(泣)

また紅葉川渓谷に行ってきた

f:id:fukenko:20190819115222j:plain
GR IIIで撮影。Photoshop Elementsで縮小


 今使っている登山靴の底がいいかげんすり切れてきたので、先日一足新調することになりました。その様子見と慣らしがてら、また紅葉川渓谷に行ってきました。


f:id:fukenko:20190819115722j:plain
f:id:fukenko:20190819122211j:plain
f:id:fukenko:20190819125152j:plain


 去年の秋に歩きに行った際、夏もよさそうだと睨んだとおり、秋とは違った趣が楽しめました。涼しい風が吹き抜ける中、青々と茂った木々や渓谷を眺めながら歩くのはよい気分です。水の中にはヤマメらしき魚が泳いでいるのさえ見えます。にもかかわらず秋に比べて人の姿ははるかに少なく、歩きやすいのもよいところです。


 いつものコザブさんには寄ってこなかったんですが、あとでSNSをチェックしてみたら、この日今期未食のメロンを品揃えしていたことが判明しました。俺、不覚!(泣)