何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

大鳥鉱山遭難者慰霊碑のところまでは行ってきた

f:id:fukenko:20170914114405j:plain


yamagata-np.jp


 朝日スーパー林道はそのうち通り抜けしたいとおもってはいるんですが、通行止めのことが多くてなかなか実行できないでいます。果たして通れるのはいつのことやら...

蔵間の予想は当たったためしがなかったから

www.asahi.com


 今から30年近い昔、元力士の蔵間さんがまだご存命だった頃。
 デーモン小暮閣下が大相撲本場所の優勝力士は誰かとテレビ番組で取材を受けた際、「悪魔なんだから誰が優勝するかなんてもうわかっているに決まっているが、それをここで明かしたら面白くないから、『蔵間が予想した以外の力士』とだけ言っておく。」なんて仰ったことがありました。


 ひるがえって毎年のノーベル賞の受賞者予想とは、こんなものなのだろうとおもうのです(おい)

「ずら」はさいきん国木田さんのものらしい

日大山形に「殿馬」がいた!9回逆転三塁打!…「ドカベン」ファンの父が命名 : スポーツ報知


 地元山形で頑張ってるということもあり、高橋選手はぜひ応援したいところですがそれはさておきもし野球ができなかったら、お父上はピアノでも習わせるつもりだったのだろうかとふと(おい)。


 あやかった名前のとおりに能力に恵まれて活躍されているのならまさに「名は体を表す」でそれに越したことはありませんが、その陰に山となっているだろう「名前負け」してしまった人をおもってしまうというか。

アメヤさんのテクノそば復活しないかしら

www.jiji.com


 その昔よく見かけたその場で調理して喰わせるそばやホットサンド等の自販機がなくなったのは、24時間営業のコンビニが増えたからなわけですが、そのコンビニがまたこのような食べ物自販機を手がけるというのだから、結局最初から自販機で良かったんじゃないのかよと。

エージング

mainichi.jp


 中古ボールの方が良く弾むからとかそんな理由なのかと思いきや(おい)

再び瀧山に登ってきた

f:id:fukenko:20170918011151j:plain


 すっかり遅れてしまいましたが、一週間ばかり前、また瀧山に登ってきました。先日西蔵王方面から姥神コースを登ろうとして道がわからなくなり、あえなく撤退してきたのはこないだネタにしたとおりですが、このままではおさまりがつくはずもなく、また行ってきたというわけです。


f:id:fukenko:20170909093105j:plain


 というわけで午前9時半。またやってきたのは西蔵王高原牧場前。お目当ての姥神コースはゲートを越えて牧場の奥から入っていくのが一番手っ取り早いのですが、それではおもしろみに欠けるので、林道三百坊線から前滝コースに入り、その途中から姥神コースに乗り換えるという道をたどることにしました。今度は大丈夫。前回の失敗に学んだもんな!(おい)


f:id:fukenko:20170909095945j:plain
f:id:fukenko:20170909100056j:plain


 30分ほどの歩きで問題の長峰コース分岐点に到着。分岐前には登山道の概略図の看板があり、いちおうの道を示しています。前回は姥神コースに行くつもりで、ここで前滝コースに入り込んでしまったのが道を見失った理由でありました。


f:id:fukenko:20170909101017j:plain
f:id:fukenko:20170909102725j:plain


 同じ轍は踏まないぞ、と先日とは別方向の道に乗り換えて進むことしばらく、また分岐点が現れたので、ここが姥神コースに至る道だろうとまた乗り換えます。今度はなんとなく尾根っぽい道になり一安心して進むことしばらく「胎内くぐり」なる大岩に到達します。
 しかしここで問題発生。尾根を登るはずの道をここで見失ってしまいます。さいわい胎内くぐりの手前を横切るように、かろうじて道跡が続いているのを見つけて進んでみると、沢を渡る場所に遭遇したのですが。


f:id:fukenko:20170909103648j:plain


 沢をよく観察すると見覚えのある滝と「瀧山川源流」の石碑がありやがります...おい(汗)
 どうやら荒井は姥神コースに分岐するつもりで、前滝コースに戻るまた別の道に入り込み、前回の撤退地点へと出てしまったのでありました。
 しかし前回の経験で荒井も少しは学習しています。今回は混乱することもなく姥神コースへの分岐はまだ先にある、と判断して件の分岐まで引き返し道を選び直した結果、今度こそ姥神コースの入り口にたどり着くことができたのでした...とりあえずあの長峰コース分岐の案内図は罠だぁ!!(泣)


f:id:fukenko:20170909110107j:plain
f:id:fukenko:20170909111352j:plain
f:id:fukenko:20170909112201j:plain
f:id:fukenko:20170909112704j:plain


 かくして1時間半少々の彷徨ですっかり足慣らし(おい)ができたところでいよいよ姥神コースを登っていきます。
 姥神コースは瀧山登山道でも相当に整備されています。これまで歩いてきた道とは比べものにならないほど明瞭で幅も広くさわやかな広葉樹のトンネルが続き、トレイルランニングで下りてくる方までいてまるで表通りといった様子。しかしながら勾配はかなりのもので、タフな登りが続きます。
 登るほど勾配は更にきつく、壁面のような登りや足場を打ち込んだ岩場といった難所が次々に目の前に立ちはだかります。「これぐらいでなくっちゃ登り甲斐がないぜ」と粋がってはみますが、まぁ、汗はだくだくで息も切れ切れだい(おい)。


f:id:fukenko:20170909112918j:plain


 かくして足場付きの岩場を登りきると、登山道の名の由来となった姥神様が現れます。「乳母神」とも称されていることから、おそらくは山の神であり、豊穣の女神でもあるのでしょう。
 近傍の大岡山にも姥神様が鎮座していることからも、おそらく山形市一円には同じような信仰が広がっていたのでしょう。瀧山が古くからの信仰の山であることを感じさせる光景です。


f:id:fukenko:20170909113512j:plain
f:id:fukenko:20170909113949j:plain


 姥神コース入り口からここまで約20分。姥神様にあいさつを済ませさらに登っていきますが、この先も急な登りが続きます。姥神コース入り口から山頂までの高低差は約560メートル。「標高の割にハード」の評判は伊達ではありません。


f:id:fukenko:20170909122929j:plain
f:id:fukenko:20170918011156j:plain


 かくして急登を上り詰めた末、12時10分に山頂到着。天気のおかげか登山客は多く、10人ほどがお昼を広げています。荒井も山頂の一角に陣取って、米を炊くためストーブを取り出します。この日の昼餉は日東ベストさんの牛丼。標高1360メートル程度の山頂でちゃんと炊けるか心配でしたが、フタを開ければ無事炊けました。


f:id:fukenko:20170909130717j:plain
f:id:fukenko:20170909130802j:plain
f:id:fukenko:20170909130640j:plain


 山頂からの眺めは抜群です。この日は去年のように月山や鳥海山こそ見えませんでしたが、かわりに青空のもと、山形市の町並みや蔵王の山々を間近に望めました。特によく見えるのは東の雁戸山。雁戸山は瀧山から眺める姿が一番カッコイイです。


f:id:fukenko:20170909142424j:plain


 13時半に山頂を出発して姥神コースを下り、高原牧場奥に出たのが14時20分過ぎ。その後20分かけて牧場を横断し、牧場前に戻ってくることができました。
 瀧山は山形市民には身近な山で、何度も登りに来ている地元の方も多いようです。荒井は今回姥神コースを登ってきましたが、最もハードな前滝コースがまだ残っているので、こちらもそのうち登ってみたいものです。道中の半分以上が鎖場なんだとか。


f:id:fukenko:20170921022047j:plain


 後日みはらしの丘から瀧山をとっくり眺めてみました。西蔵王側は相当に急で、あんなところを登っていったのかと我ながらスゲぇとおもったのでありました(おい)。

戦いは数

www.youtube.com


 コンティニューしまくってサターン版の「バトルガレッガ」をクリアしただけに、スーパープレイとはほど遠い、とりあえずやれというこの遊び方には非常に共感するものが(おい)。
 巧くならなければならないというある種の「強迫観念」に真っ向から反対して、お金に飽かしてクリアするという開き直りはある種非常にすがすがしいものでして、ある意味正しい楽しみ方なんだと感銘を受けたのでありました。