何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

花咲山に行ってきた

f:id:fukenko:20190318120807j:plain


 というわけで山形近辺に行ってきたのですが、そのついで、GR IIIの試し撮りと山歩きの足慣らしがてら、花咲山に登ってきました。
 花咲山は上山市の葉山温泉の裏手にある山です。去年登った経塚山のひとつ南の山ということになりましょうか。経塚山同様、上山が近年力を入れているクアオルトコースの一つに指定されており、観光ガイド等では眺望が抜群と紹介されることが多いです。


f:id:fukenko:20190318115210j:plain
f:id:fukenko:20190318115320j:plain
f:id:fukenko:20190318115750j:plain


 登り口は温泉旅館・古窯の裏の路地みたいなところ。登山口脇にはコースの案内看板の他、猫の額ほどの駐車場があります。この駐車場は積雪期は閉鎖されるので、ようやく登れたというわけですよ。


f:id:fukenko:20190318120449j:plain


 道は登山道というより、つづら折りの幅員の狭い車道です。登ると程なく舗装が切れ、砂利道になります。案内看板によれば、山の名のとおりに、季節の花なども植わっているようなのですが、雪解け直後の今の時期は緑もなく、見通しは至って良いものです。
 沿道には有志が植樹したらしい桜の木が並んでいます。一月もして咲きそろったところは、さぞ見事なものでしょう。


f:id:fukenko:20190318115940j:plain
f:id:fukenko:20190318120155j:plain


 車道からそれた遊歩道には、平らで寝そべるのにちょうど良さそうな「横臥浴の石」と、「クナイプ」なる井戸があります。クナイプの汲み出しポンプにはまだブルーシートがかけられ、冬支度のまま。水を汲むことはできませんでした。


f:id:fukenko:20190318120745j:plain
f:id:fukenko:20190318121114j:plain


 入り口から10分程登っていくと、名所・展望台に到着です。展望台は「恋人の聖地」というふれこみで、いかにもカップルで鳴らしてくださいといったかんじの鐘が設置されてあります。展望デッキ入り口の碑はハート型。デッキの柵にはカップルが愛を誓って残していった南京錠がいくつも掛けられてあります。
 「愛とは束縛だったのか?」などとひがみつつ(泣)、デッキの先端に出てみると、そこからは噂どおりの展望が得られます。眼下に上山の市街地を一望し、目の前には三吉山が、その奥には蔵王の山々がまだ白い頂を並べます。


f:id:fukenko:20190318121808j:plain
f:id:fukenko:20190318121933j:plain
f:id:fukenko:20190318122053j:plain


 クアオルトのコースはまだ続きます。展望台の少し先の医王山なる山のてっぺんには、葉山神社が祀られてあります。おそらくこの道は葉山神社への道だったのでしょう。
 神社の脇には健康作りにどうぞとぶら下がり健康器が設置されてあります。「ぶら下がり健康器なんて、十字屋のテレショップで見たきりだな」などと言いつつ、荒井もぶら下がってきましたが、すぐに腕がくたびれて、あぁ、歳は取りたくないもんだとおもったのでありましたとさ(泣)
 神社付近から葉山の温泉街に下る道もあるようですが、崩れでもしたのか、目下通行止めのようでした。
 写真を撮ったり一休みしながら登山口と神社を往復して、時間にして50分ほど。ささやかな行程でしたが、天気にも恵まれ、山歩きはやはり楽しいもんです。今年もいよいよ冬眠開けです。


f:id:fukenko:20190318120329j:plain
f:id:fukenko:20190318121549j:plain


 今回はGR IIIの試し撮りも兼ねてました。荒井が試したところ、数10センチ程度の距離の被写体にピントを合わせようとタッチAFを使ったところ、ピントが背景にあってしまう例がいくつかありました。こういった条件はちょっと気をつけなければなりませんかね。
 あれこれ癖は多そうですが、さすがはAPS-CのGR。やはり基本的によく写ります。空の色がきれいに写るのと、暗いところでも色がつぶれないのは衝撃でしたぜ(おい)。

ケースまで新調しました

f:id:fukenko:20190318135728j:plain
f:id:fukenko:20190318163108j:plain


 GRD3の純正ケースに入らないことはないけれど少々窮屈という結果を受け、GR III持ち歩き用のケースも探さなければなるまいなということで、ケースも新調しました(おい)。
 ということで選んだのは、DAISのラウンドサコッシュ。たびたびお世話になっている地元山形のアウトドアショップ・DECEMBERさんオリジナルブランドの品です。通販サイトによってはGRDを入れている様子を商品写真として使っているので、これはとおもい試してみたら案の定。あつらえたようにぴったりでした。肩に掛けるためのコードも付いているので*1、持ち歩きも問題なし。DECEMBERさんですのでデザインと作りの良さは折り紙付きですし、しかも純正ケースより安いという(おい)。
 ところでGR III本体の上の方にくっついている物体ですが、結局買いました(泣)。

*1:もともとサコッシュというものが、肩に掛けられる簡易バッグですし。

二井宿の酬恩碑は載ってなかった

www.asahi.com


 山登りに限らず町歩きなど、石碑はわりといい目印になるんですが、地形図には載ってないことの方が多いので、あてにしづらいというのはあります。
 そういや東根の神町の旧道沿いににあった明治天皇行幸記念碑を最近見かけないなとおもって調べてみたら、旧神町公民館取り壊しにともない、神町小学校の敷地内に移転してたんですな。

GR IIIで大散財

f:id:fukenko:20190315222533j:plain
f:id:fukenko:20190315225906j:plain
GR DIGITAL IIIで撮影


 というわけで発売日を迎えたということで、先日予約していたリコーのデジカメ・GR IIIが手元に届きました。GRD3の調子が微妙に悪くなって以来、たびたび買い換えようとはおもいつつも、タイミングを逸したり、意中の機種がなかったり、先立つものがなかったり(おい)とで見送り続けた末、ようやく登場した本命モデル。もはや買わない理由がどこにもありません。前モデルのGR IIが出たときもいちおう買い換えを検討はしたのですが、IIのアップデートが非常に微妙だったので、「こりゃIIIを待った方が良さそうだ...」となって、気がつきゃあれから4年です。待ちわびたよ!(泣)


 さて、それでさっそく電池を入れてあれこれ弄ってみました。起動が速いという前評判は目にしてましたが、マジ早いです。GRD3の3倍は速いんでないかと(おい)。幅はGRD3とほぼ同じ。これで1/7インチではなく、APS-Cの撮像素子を搭載しているのですから、技術の進歩は目覚ましいものです。ただしGRD3より若干厚みがあります。GRD3の純正ケースに突っ込むと入らないことはありませんが、ややきつめなので、出し入れはしづらいです。


f:id:fukenko:20190315224945j:plain
GR IIIで撮影


 本格的に弄るのはあとにして、とりあえず気になっていたマクロ機能を試してみました。仕様表によれば最短撮影距離6cm。APS-Cサイズにもかかわらず、期待通りにすごい寄れます。撮影にはちょっと厳しい夜の屋内ゆえ、ISO感度を400程度まで上げましたが、画像処理エンジンとセンサーの性能か、画質はぱっと見、GRD3の高感度域より全然実用に耐えます。それだけでもこれはスゴいデジカメだとおもいましたが、撮影者の腕前はあいかわらずポンコツなので、画像の出来は云々しないでくださいませ(号泣)。
 本格的に使う前に、まず設定を弄って使い勝手をよくしなければならないのがデジカメのGRシリーズなので、これから説明書を読みながら、操作に慣れる予定です。


f:id:fukenko:20190315224250j:plain
GR IIIで撮影


 さて、荒井が致命的な破損以外の理由でデジカメを買い換えるのは、実はこれがはじめてです。最初に買ったPower Shot A70は単車で立ちゴケしたあおりでレンズ鏡胴を破損しお陀仏。続くA620は落下させて外装を粉砕してしまったことが買い換えの要因でありました。
 しかしGRD3は、強打したり落っことしたりと、購入以来8年間さんざん酷使した結果、ポンコツにはなっているのですが、外装はネジが1本飛んだくらいで致命的な損傷はなく、肝心の撮影機能も、だましだまし使う分には何ら問題ありません*1。それは荒井がこれまで買い換えを先延ばしにしてきた大きな理由の一つでもありました。
 デジカメは消耗品とはいえ、さすがはGRシリーズ。このGR IIIもGRD3同様、ポンコツになるまで使ってやれればなとおもいます。

*1:あえて問題を挙げれば、たまにシャッターボタン押しても反応しないことがあるくらいか?(おい)

汁状ミルクでも旨そうには見えないが

www.fnn.jp


 例によってお題と記事はあまり関係がなく、その昔テレビ東京の「レディス4*1だったかが、テレビショッピングコーナーで缶詰を販売した際、出演者さんが「『液』もおいしいんですよ!」と紹介しているのを見た時、やけにマズそうだとおもったのでありました。いや、三越*2で扱う缶詰だったら旨くて当然なはずなんですけど、「液」ではケミカルすぎるというか食べ物っぽくないというか、ここは「漬け汁」と言うべきだろうと。
 「液体ミルク」という単語を見るたび、いまだにこの「レディス4」の「液」がおもいだされて、やはりマズそうだなと荒井はおもってしまうのであります。いや、ふつうにおいしく飲めるんでしょうけど。

*1:当時住んでた盛岡では岩手放送がネットしていたので、けっこう見てました。

*2:レディス4」の提供は三越でした。

V・Vはグラインドストーマーと言い換える

www.nhk.or.jp


 「DAIVA」と「VALIS」が「ディーバ」とか「バリス」だったらかんじが出ないだろ(おい)。


 ところでスペイン語にも「B」と「V」の文字があって、さまざまに使われてるんですが、こちらはどちらも、日本語で言うところの「バビブベボ」で発音されます。地元にある「ヴァモス」というパチンコ屋の看板を見るたび「ありゃ『バモス』でいいんだよな...」と気になってしまいまして(おい)。

バタートーストとか作りやすい

dailyportalz.jp


 例によってお題と記事はあまり関係なく、オーブンがわりにフライパンでパンに焼き目を付ける方法は、手軽な上、焼き具合を調節しやすいので、案外使える方法だとおもいます。外飯でトースト食いたいときなんか、けっこう重宝するんですのよ。


 ところでピース天火みたいな道具は今でも引き合いがあるとおもうんですが、どこかで製造販売しないもんですかね。