読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

GOLDIA

MSX話 打ち込み系

f:id:fukenko:20170119214353p:plain


 例によってまたプログラムを打ち終わったのでご紹介。今回もMファン88年11月号から、Beta.Kさん制作のアクション「パズル」ゲーム、「GOLDIA」です。


f:id:fukenko:20170119214610p:plain


 86年の「アルカノイド」の登場は、ひとつの事件でした。パワーアップ・敵キャラ・演出等々の現代的なギミックを加えることで、当時でさえ古典となっていた「ブロックくずし」を新たなゲームとして蘇らせ、人気を博します。その影響か、自作投稿プログラムでも、にわかにパワーアップ等の要素を盛り込んだブロックくずしゲームが多数登場したのでした。
 この「GOLDIA」も、基本はそうした「アルカノイド」フォロワーです。


f:id:fukenko:20170119232641p:plain


 しかしこのゲーム、ただのアルカノイド風ブロックくずしではありません。なぜなら本作には自機にあたるパドルというものが登場しないから。ならばどうやってボールを跳ね返すのか? プレイヤーはラウンド開始時に、スコアを消費してブロックを設置することができまして、これでボールを反射させるというのが、このゲーム一番の特徴なのです。


 ラウンドクリアの条件は、ボールを画面上方に逃すこと。受けとめるブロックもブロックなので、ボールが当たれば当然消えまし、取りこぼしてボールが画面下に落ちればミスとなります。耐久力や破壊力のあるブロックは設置にコストがかかります。スコアを節約しつつ、いかに効率の良い配置を探すかがポイント。ですから本作はアクションゲームというよりも、パズルゲームとしての性格が色濃くなっています。


f:id:fukenko:20170119233040p:plain
f:id:fukenko:20170119233104p:plain
f:id:fukenko:20170119233054p:plain


 序盤はだましだましでもクリアできますが、高次面になると、ラウンドボスを倒さないといけないだの、当てないよう工夫するだのといった細工が必要となります。まさにパズルの様相で、一筋縄ではクリアできません(泣)


f:id:fukenko:20170119233224p:plain


 「GOLDIA」とは、最終面の直前、19面に登場する大ボスの名前です。これを倒さないとグッドエンディングが見られないのですが、なんと隠しボス。出現させるにはある条件を満たさねばなりません*1。倒さずクリアすると白黒画面モードが始まるらしいのですが、ゲームがあまりに難しくて、プログラムを改造してもクリアできませんでした(泣)


f:id:fukenko:20170119234449p:plain


 作者Beta.Kさんは「P-YON氏」シリーズ等の個性的な作品で知られた投稿者です。当時でさえ古典となっていたブロックくずしを、こんな切り口で新鮮なゲームにできるのは、さすがBeta.Kさん。謎めいた雰囲気をまとい人を突き放した印象のある「GOLDIA」には、同氏らしい尖った個性が感じられます。
 本作は後にMファンの四半期プログラム品評会で、大賞に輝いています。その難易度ゆえか読者のウケはそれほどでもなかったようですが、編集部では特に高く評価されていました。

*1:ありていに言ってしまえばスコアを100の約数にして19面を始めること。

安齋さんの三せん運動ってどうなったんでしょうね

bylines.news.yahoo.co.jp


 自分が単車乗りなので、単車業界のすそ野拡大に関わる施策は応援したいのは当然ですがそれはさておき、乗る乗らないは別として、交通ルールは早めに教えといたほうがよいとはつねづね思います。知っていれば交通安全で自分の身を守るのにも役立ちますし、何より歳を喰ってからひとさまに迷惑をかけずにすみますから。

大散財845

買い物

f:id:fukenko:20170118012045j:plain


 というわけでもう一本買ってしまったのは、同じくパイロットのカスタム845です。カスタムシリーズの最上位モデル、いわゆるフラグシップというやつ(おい)。


 そもそも、ちょっと高級な万年筆も一本くらいあってもいいかなとは、前々から思っていたことではありました。
 当初はプランジャー式のギミックが気になって、カスタム823あたりを考えていました。しかし自分の使い方ではそう大量にインクを消費することもないだろうからプランジャー式の恩恵は少ないので、だったらおもいきってパイロットのレギュラーモデルでいちばんいいのにしてしまおうと、845にあこがれることになったのでした。いつかはクラウンです(違)。
 とはいえあったところで使うあてもなく、むしろキャップレスの方が自分の用途には合うだろうから、そう急がなくてもいいだろうと後回しにしていたところ、まあ、運が悪い。先日、某所にてたまたま新品未使用品の845*1が、2万円ちょいで売られてやがる現場に遭遇してしまいました。よりによって! キャップレスを買う直前だい!!
 新品定価5万円+消費税の品が半額以下*2。千載一遇の好機とはいえ相当の出費。しかも必要としているのはキャップレス。非常に悩みました。どうしようどうしようと一晩悩んだ末「買わずに後悔するより買って後悔しろ」の格率に従い、両方買うことに決定(おい)。そういうわけで期せずして、思ったより相当に早く、パイロットのフラグシップを手にすることになってしまったのでありました。好機とは最悪のタイミングで訪れます。迷ったらとりあえず全部いっとけ!(泣)


 というわけでこの845、見た目はカスタム74シリーズとあんまりかわりありませんが、手にしてみるとさすが上級モデル。細部のつくりがちがいます。胴軸の素材はアクリル樹脂でなくて漆塗りのエボナイト。艶と持った感触がまずちがいます*3。74では使っているうち、首軸がゆるんでいることが多々ありますが、今のところそれがありません。ペン先も大きくて、しかも一部ロジウムメッキされててカッコイイ(おい)。肝心の書き味は、使いはじめて日が浅いのに、スムーズでなかなか調子がいいです。大型ニブの余裕でしょうか。
 カスタムシリーズの魅力は、飽くまで実用品であること。舶来品に比べて色気はありません。飾り気はないものの、書くためにとぎすまされた実直な作りに、ある種の美を見て取るのはフェティッシュというやつでしょうか。


 まぁ、そうは言ってもあいかわらず字はヘタクソなんですが!(号泣)

*1:しかもこれにしようと思っていた太字

*2:しかも文具ってたいがい定価販売

*3:アクリル樹脂も多少のキズを気にせずガシガシ使えるんでいいけどな。

キャップレス買った

買い物

f:id:fukenko:20170114193649j:plain


 というわけで先日万年筆を新調しました。一本はパイロットの「キャップレス木軸」です。


 外に行ってメモを取る機会がわりとあるので、出かける際にはいつもペンとメモ紙を持ち歩くのですが、ペンはカスタム74のBを使うことが多いです。ボールペンとかでないのは主に好みの問題(おい)。
 書き味に問題はないものの、カスタムはキャップがネジ式で、しかも太字です。キャップを取るのに両手が必要な上、小さ目のメモ紙に書くには少々きゅうくつなので、もうちょっとメモ向けの万年筆があったらなぁと思っていました。飽くまで万年筆から離れるつもりはないのかよ(おい)。
 そしたらパイロットで、キャップのないノック式の万年筆を作っていることを思い出し、評判も悪くないので、だったらこれにしようぜと導入を決定したのでありました。


 「キャップレス」とはそのとおり、キャップのない万年筆です。ボールペン同様のノックボタンを備えてまして、片手でペン先の出し入れができて便利だぜという触れ込みです。ノーマルなのから細身のもの、装飾に凝った特別モデル等々、いろいろと種類があるのですが、選んだのは木軸の赤。こないだ買ったメモ帳カバーと色を合わせようというもくろみです。カッコイイマットブラックとかデシモとかも気になったんですけど。
 字幅は当初F(細字)にする予定でしたが、店頭でためしがきをしてみたらM(中字)のほうがしっくりきたので、急遽そちらに変更。コンバーターを噛まして使おうかと思っていたところ、店員さんのすすめに従い、空カートリッジにスポイトでインクを充填して使うことにしました。なんでもキャップレスはコンバーターが堅くて外しづらく、下手すると破損の恐れもあるんだとか。ノック式という特殊なしくみゆえ、他の万年筆とは勝手のちがうところが多いようです。
 万年筆は現物を手にして書いてみるまでわからないことが多いもんですが、案の定、予定ともちょっと異なる展開になりました。


 それで家に帰ってさっそくためしがきをしようと思ったら、舞い上がってインクを買い忘れていたことに気づき、翌日吹雪の中、山形までインクを買いに行く羽目になりました。うちにないんですよ。ブルーブラックのインク...(泣)。


 ちなみにコレを買ったおかげで赤井沢トトスのポイントカードが2枚強貯まりました。そのうちまた仙台に行けということか。

ハットリ君のように頭にくくりつければ解決だ

山形探訪 へりくつ

f:id:fukenko:20170115131443j:plain


 山形は全県的に大雪だったんですが、朝日町でやっているうんまいもんスタンプラリーのスタンプがあと1個で応募できるところだったので、ひさびさにりんご温泉に行ってきたのでありました。「貴重品を入れないで下さい。」 そこの脱衣場でこんな但し書きを見かけたのでありますが...


f:id:fukenko:20170115131522j:plain


 問題はそれが付いている場所です(おい)。この場合、どっちに従えばいいんだ...

へりくつ 買い物

f:id:fukenko:20170115005555j:plain


 たびたび当blogでネタにしてますが、荒井は万年筆を愛用しています。使いはじめて今年でちょうど20年、そんなわけでなれそめの与太話を少々。字はヘタクソなんですが(泣)。


 万年筆に手を出したのは大学4年のとき、就職活動で履歴書を書くためでした。当時はコンピューターで履歴書を作るという時代ではなく、手書きの提出書類がまだ幅を利かせていた頃。安物のボールペンではさまにならないから、それなりにいいペンも一本ぐらい持ってたほうがよかろうと、荒井青年はおこづかいを握りしめ、当時住んでいた盛岡にある川徳に行ったのでありました。
 それなりにしっかりしたものをということで、当初はパーカーの1万円くらいのを買うつもりでした。当時読んでた「週刊文春」に広告が載っていて、カッコイイと思ってしまったのがパーカーにしようと思った理由です。だってあの矢羽根マークカッコイイじゃないか(おい)。
 しかしためしがきをしてみると、パーカーはやけに書きづらいものでした。万年筆は筆圧をかけずに書けるというわりに、さっぱりインクが出ず、思ったように書けません。てなわけでパーカーはあっさり却下。かわりに隣に置いてあった同じ価格帯のペンをためしたら、そちらの具合が非常によかったので、そちらを購入することとなりました。


 荒井は書くとき手に余計な力が入ってしまうので、ボールペンで文章を書いているとすぐ手が痛くなります。それが筆圧をかけずとも書けるもんですから、こっちの方が書きやすくていいなと、日常的に万年筆を使うようになりました。


f:id:fukenko:20170115010032j:plain


 以来20年、落っことして尻軸がもげたり胴にヒビが入ったりで修理に出したりしましたが、ペン先はまったく問題なく、使い続けて現在に至ります。それが今でも使っているパイロットのカスタム74のBというわけです。
 さいわい字が下手なので、いまのところ沼に嵌まらずには済んでいるのですが、もっと細い字が書ければとか、別の色を使いたいとか、一太郎の景品でもらったとかで、それでもその後4本増えました(おい)。


 書き味。デザイン。所有欲。万年筆のよさはいろいろありますが、荒井が特にいいなぁと思うのは、長持ちしてなお陳腐化しないところです。
 ボールペンやフェルトペン等は、すぐにペン先がダメになってしまいます。さらにインクが切れたらそれっきり。それに比べると万年筆はすごい保ちます。インクはいくらでも詰め替えできますし、手入れさえしていればペン先が不調になることはまずありません*1。乱暴な扱いに耐えうるほど頑丈ではありませんが、いくら書いてもへこたれませんし、丁寧に扱っていれば20年は平気で保つのです。
 デジカメやコンピューターといったデジタルモノや家電品が、高級機でさえ数年程度で劣化・陳腐化して買い換えが必要になるのに比べれば、1万円程度のモデルでも手入れさえよければ一生使える万年筆のコスパは抜群(おい)。手入れしながらいいものやお気に入りが末永く使える喜び。Fountain penを「万年筆」と訳した人はうまいこと言ったものです。


 というわけで実用品として万年筆は非常に重宝しているのですが、その割に字はまったく上達していません(おい)。


f:id:fukenko:20170115005049j:plain


 ...とかなんとかいいつつ(おい)。そのつもりはなくとも、沼に嵌まりつつあるらしいぜ...(泣)


 ちなみにあらかたパイロットなのはインクが使い回せるから(おい)。

*1:不調になっても治せる場合が多い。

TAKAさんに振ってみます

f:id:fukenko:20170114101507j:plain


 きょうは用事で仙台に行ってきました。しかし山形はあまりに雪がひどく、関山峠はすぐ止まりかねないからやめとこうということで、国道47号線堺田を経由して、岩出山から国道457号線を通っていったのでありました。
 その際、大和町から中山大観音付近に向かう途中、宮床ダムから根白石のあたりにかけて、やたら墓石屋が立ち並んでいることに気付きました。この近辺の沿線で、ざっと5件くらい墓石屋を見かけたのですが、やっぱり、なにか歴史的な理由でもあるんでしょうか。


 ところで457号線の大和町から北環状線付近に至る区間は今回はじめて通りました。いいかんじにひなびていて、走っていてなかなかおもしろいですな。