何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

大阪城の天守閣が開いてクワっと見開いた目が現れるところなんて最高でした

natalie.mu


 ご冥福をお祈りします。アニメ版「味っ子」は、ほぼ味皇様の奇行が楽しみで観てました(おい)。
 ついでに主人公の陽一を高山みなみさんが演じていたおかげで、いまだにOVAイース」のフィーナさんの声に慣れません。高山さんはすばらしい声優ですが、フィーナさんじゃないんだよう!(号泣)

潮流が変わったのは「イース」のあたりから

note.mu


 「かったるい」ということを「無用に手間を掛けさせようとする」と解するならば、80年代後半には、いわゆる「経験値稼ぎ」や、行ったり来たりを強いる複雑なマップ等々、シナリオに関係のない部分であからさまにプレイ時間を長引かせようとする要素に対する批判が数あったことをかんがえると、「昔のRPG」を「かったるい」と感じる人は、「昔のRPG」が最新ゲームだった当時から存在していたようにおもわれます。

写真禁止だから画像はなし

yamagata-np.jp


 例によってお題と記事はあまり関係なく、先日かき氷を喰いに県の総合運動公園に行った際*1、公園隣の小さなグラウンドで、モンテの選手が練習しているのを見ました。サッカー選手の仕事は試合だけではなく、プロといえども常日頃の練習が欠かせないし、日々の大半はこうした地道な活動の積み重ねなのだという至極あたりまえの事実を、今さらながらおもい知ったのでありました。

*1:ことしも腰掛庵さんのかき氷が始まってました。抹茶金時みるく旨かったぞ。

ペントレー買った

f:id:fukenko:20190614191106j:plain


 普段使いしているペンが増えてきたので、とうとうペントレーを導入しました。
 これまで手持ちのペンは、買ったときに付いてくる各メーカーのケースに入れて使ってました。しかしメーカー付属のケースはどれもそれなりに立派だから開けるのが少々手間(おい)。だったらよく使うものをまとめて置いておけるようなトレーがあった方がいいだろうとおもっていたところに、ペンハウスで良さそうなものが売られていたからポチッとな、という次第です。


 それでさっそくペンを移し替えてみたところ、想像以上に使いやすくなっておどろきました。よく使うものを一ヶ所にまとめて置き直しただけなのに!(おい)。やはり少ない手数ですぐ使えることは、地味ながら、使い勝手に相当に影響するもんです。あと、純正ケースをどかした分、机の上がスッキリとしました。
 ついでに文具マニアの間には、ペントレーを買うと残りを埋めたくなる病があるんだそうですが、荒井もそうなるのかと戦々恐々しております。