何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

大散財

最近、マニュアル機械式の一眼レフカメラを買いました(買ったのはこいつ)。
フィルムの給送はもちろんのこと、ピントやシャッターの早さから絞りの値まで、
何から何まで自分で決めなければならんという
使い手にそれなりの腕を要求する代物です(絞り優先自動露出もできるけど)。
デジカメや他のフィルムカメラも便利に使ってるのですが、山や峠に持って行くということと、
長いこと使いたいという欲求がありまして、愛用のデジカメ
ヤシカエレクトロ35GSだけではやや不安なので、
あれこれ考えた結果、こんな選択をしたというわけです。


マニュアルフォーカスなのはエレクトロも同じなのですが、
さすがにレンジファインダーと一眼レフの違いは大きくて、
試し撮りの結果は露出こそなんとか合っているものの、ピンぼけ写真ばかりでした。
使うのにはある程度の慣れとコツが要るようで、これから勉強しないといけないなと感じております。
使い手があれこれ頭を使わないと写真が撮れないというのは一見厄介ですが、
その過程がこれまた楽しかったり。


ちなみに、以前ここで採り上げた、
迷彩だというのにやたら目立つニコンのカモフラストラップ(こいつ)を取り付けて使ってます...