何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

ミクロンすごいいから買え

toyokeizai.net


 FM3A使いの荒井でさえ、現在のニコンで一番使ってみたいものというのがモナークとか10x25スタビライズドあたりの双眼鏡という有様で、買ってまで使いたいというカメラが現行品になかったりするもんですから(泣)。DLやCOOLPIX Aの後継機がどうして出せなかったんだ...

今日行きゃ良かった(泣)

premierhotel-group.com


 山形駅前通りのホテルキャッスルさんで、北海道物産展が開かれたというお話。
 十字屋も大沼も亡き今、百貨店で毎年のように開かれていた物産展は今後どうなるんだろうと心配していたのですが、なるほど、ホテルとはその手があったかという気持ちです。
 とりあえずマルセイバターサンドが売られているかと、協賛で提供しているエスカロップが気になりました(おい)。

西風蕃山に登ってきた

f:id:fukenko:20201113082149j:plain
西風と書いて「ならい」と読む。カッコイイですな。

GR III。Photoshop Elementsで縮小


 この時期、山形は天気の優れない日が続きますが、奥羽山脈を越えた宮城はそれなりに晴れてることも多いです。というわけで天気がいいところの山にでも登ろうということで、先日、蕃山(ばんざん)に行ってきました。
 蕃山は宮城は仙台市近郊、栗生(くりゅう)にある小山です。というか西道路のすぐ南(おい)。西道路は仙台市街地に往来する際それこそ何度も通っているのですが、そこに山があると知ったのは数年前のことでした。山があれば登りたくなるのは山野郎の性です。

f:id:fukenko:20201113082247j:plain
山岸コース入り口。ビオトープのところから登ってきます。

 今回は愛子の生協近くから登っていくコース、通称山岸コースを選びましたが、取り付きを探すのに少し手こずりました。低山の常で、蕃山には様々な登山道があるばかりか、地形図にも電子国土にも登山道がろくろく載っていません。頼みはヤマケイの分県登山ガイド(おい)。それらしいところに行ってみるとさいわい地元の登山客の方がいて、ここが登山口ですよと教えてもらうことができました。ご教示どうもありがとうございました。


f:id:fukenko:20201113082450j:plain
f:id:fukenko:20201113082554j:plain


 地形図に道の表記はありませんが、踏み跡自体は非常にはっきりしています。登山口付近には何台も車が停まっていて、人気の山であるらしいことがうかがえます。分岐も多いものの、とりあえず高いところに行く方を選びながら登っていったら、山頂に至るルートに出ることができました。

f:id:fukenko:20201113082613j:plain
分岐の案内標識。蕃山のコースは多岐。低山には低山の怖さがある。

 地形図は全ての登山道を網羅しておらず、標識のない分岐もいくつかあります。登るときは何となく登る方を選んでいけばよいのですが、同じところに下るとなると、どこで分岐するかをしっかり覚えておかなければ迷いそうでした。
 紅葉はすっかり里の方まで下っていました。赤く色づいた木もあれば、すっかり葉っぱを落とした木もあります。その分見通しも良いので、まずまず楽しい道中です。

f:id:fukenko:20201113083114j:plain f:id:fukenko:20201113083126j:plain
西風蕃山山頂付近の様子。標高372.5m。風でけっこう寒かった。

 かくて40分ほどの歩きで西風蕃山(ならいばんざん)に到着。蕃山には西から蛇台蕃山(じゃだいばんざん)、西風蕃山、蕃山と三つのピークがあります。その中で一番高いのがここ西風蕃山です。山頂には三角点の他、アンテナ塔が2基立っており、このへんが最高地点であるとうかがえました。
 できればここからさらに東に足を延ばし、眺めが良いという蕃山・開山堂まで行ってみる予定だったのですが、この時点でぼちぼち雲行きが怪しくなってきました。「西風」の名のとおり、山頂付近には奥羽山脈の方からびゅうびゅうと冷たい風が吹き付けます。おまけにぱらぱらと小雨も落ちてきたので、余裕のあるうちに下山を決定。目的地にはたどり着けなかったものの、一応最高地点を踏んだから今回はこれでよしとしましょう。

f:id:fukenko:20201113083324j:plain
見晴台からの光景。山はこんなにも街に近い。

 途中にある見晴台からは、ふもとに広がる下愛子や栗生の街並みがよく見えます。すぐ足元は西道路なので、絶えず車の音も聞こえます。奥にあるはずの泉ヶ岳は真っ白い霧の中で、すそ野がわずかに見えるだけです。奥羽山脈も真っ白い霧の中。そりゃあんなところから吹いてくる風は冷たいに決まっています。
 帰りは途中で分岐して、見晴らしコースを下りてきます。蕃山は「自分好みのコースを見つける面白さがある」と評されるほど、様々なコースがあり、仙台の山愛好家格好のハイキングコースとして親しまれているようです。山形で言うならさしづめ千歳山や富神山・大岡山といったところ。今度は蕃山の開山堂はもちろん、萱ヶ先山あたりにも足を延ばしてみたいものです。


 その後茂庭経由で国道286号線に出て、笹谷トンネルで山形に戻ってきました。峠に近づくほど天気は崩れ、高速道路のすぐ上の旧道や大関山のあたりは真っ白になっていました。冬はすぐそこまで来ています。

f:id:fukenko:20201113083433j:plain
近所なので寄ってきたところ。仙台店開店おめでとうございます。

今年もそんな時期になりました

 近頃急に冷え込んで、近所の山もてっぺんの方が白くなりました。
 こうなると近々タイヤ交換やら懐炉の準備やらストーブを取り出すやらしなければならんのですが、例によっておっくうなのでまだ何もやってません(おい)。

寝袋とマットはセットです

dailyportalz.jp


 例によってお題と記事は関係なく、そのむかし野宿旅をやった荒井の経験から、寝袋にくるまって椅子に座る方が落ち着いたというのはわかるような気がします。寝袋で快適に寝るためには、どこに敷くかがかなり大事なんですよな。


 こそこそ食べる飯が旨いのは全面的に同意(おい)。

受賞自体はおめでとうございます

www.youtube.com


 「きょうだいが勝手に応募した」というのは、ミスコンやオーディションを勝ち抜いたアイドルのプロフィールの常套句だったような気が(おい)。

スマプリでもそんなのありましたよね

 たまたまNHKEテレの「かいけつゾロリ」を観ました。ガンダムみたいなデザインのロボットが出てきたので、あぁ、スタッフさんロボットアニメ作りたかったんだろうなぁとしみじみ眺めていたところ、エンディングのクレジットにメカデザインとして大河原邦男さんの名前が出ていたので噴きました。亜細亜堂容赦ねぇw


 荒井が子供だった40年ほど前、ロボットアニメは掃いて捨てるほどありました(おい)。今どきの男児はどこでロボットアニメの洗礼を受けるんですかね。