何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

打ち込み系

「フルーツハンティング」

また歳末追い込みシリーズ(おい)。今回はMファン89年10月号掲載「フルーツハンティング」です。 果物狩りか何かのゲームのようなタイトルながら、実のところはある種の射的シミュレーターです. 目的は落下する標的に弾を当てること。標的は果物、弾は石とい…

「WERT」

というわけで本日もプログラムネタ。Mファン89年10月号より「WERT」です。 「WERT」は「ウェルトゥ」と読みます。コレは主人公の名前。本作はその主人公WERTを操作し、相方TREWをゴールまで誘導するというパズルゲームです。オブジェクトをゴールまで導くタ…

「SKY WALKERS」

ライクアブリッジオーバートラブルドウォーター(違) いつもどおり年末の追い込みでプログラムの打ち込みが進んでます。というわけで今回ご紹介するのはMファン89年10月号から「SKY WALKERS」です。 いろいろとややこしいストーリーがあるのですが、一言でい…

SELECTキーも欲しい

プロポシェの問題作「CAPS」。CAPSキーのランプがないと遊べないぞ(おい)www.itmedia.co.jp MSXユーザーとして、BASICプログラムは大文字で入力するクセが付いているので、CAPS LOCKキーがないと困るんだい(おい)

歳末対戦ゲーム四題

今度はMファン89年10月号のプログラムを入力しています。Mファンは1画面プログラムが多いので、短い期間で数が入力できます。というわけでさっき動作確認が終わったゲームを4本ばかりご紹介いたします。 「わっかまにあ」 1本目「わっかまにあ」。輪っかによ…

「BUBBLE」

「シャボン玉」というのも、かつてゲームでよく見たフィーチャーでした。もろくて割れやすいとか、風に乗ってふわふわ飛ばされるとか、モチーフにしやすいものがあったのかもしれません。「バブルボブル」なんて歴史的名作ですよな。 というわけで今回ご紹介…

「とぶんだ!!」

数年前に集中してあらかた入力したはずなんですが、まだ入力漏れがありました(汗)。というわけで今回はまだあったTEIJIRO作品「とぶんだ!!」、例によってMファン89年9月号からです。 ざっくり説明しますと、上空を浮遊する敵を捕まえるアクションゲームです…

「へそ」

「へそ」という言葉はしばしば「中心」という意味で使われます。そういや世間にはここを中心とした円に日本列島がすっぽり収まるからという理屈で「日本のへそ」を名乗るところもありましたっけ。ということで今回ご紹介するのはMファン89年9月号から「へそ…

「大魔竜ハデス」

魔竜ハデスを倒す冒険が、今始まる(おい)。 「レベルを上げて物理で殴る」。力任せの身もフタもない解き方として、冗談交じりに語られる攻略法ですが、CRPGは少なからず、そういう楽しさを備えているとおもいます。強すぎてこんなのどうやって倒すんだと途方…

「TYPE-MASTER」

というわけで本日もMSXプログラムネタ。Mファン89年9月号より「TYPE-MASTER」、題名どおりのタイピングゲームです。 内容は明快です。画面右側からアルファベットの形状をした敵が迫ってくるので、同じアルファベットのキーを押して撃退しましょう。敵は編隊…

「百発百中」

本日もMSXプログラムネタ。今回はMファン89年9月号から「百発百中」です。 自作プログラム界では、クレー射撃ゲームもよく見かけるものでした。ただし定番ゲームは誰が作っても同じようになりがちです。どうやって他との違いを出すかも重要なポイントとなり…

「FLOW OF BLOCKS」

「テトリス」を新種のブロック崩しと勘違いしたことから発想した作品だそうです。 また打ち込みが終わったMSXプログラムネタ。本日はMファン89年9月号から「FLOW OF BLOCKS」です。 一言で言えば「変種のブロック崩し」ゲームといったところでしょうか。しか…

「ESCAPE」

大作は入力もバグ採りも動作確認も時間がかかります。というわけで先日ようやく入力が完了したMSX用プログラム「ESCAPE」のご紹介です。 本作が掲載されたのは工学社の「pio」86年4月号。同誌はMSXにはあまり力を入れていなかった感がありますが、MSXプログ…

「HEAT! PARM」

本日もMSXプログラムネタ。Mファン89年8月号掲載「HEAT! PARM」のご紹介です。 題名は「燃えろ!パーム君」ぐらいの意味でしょうか。作者はおなじみEMGVTさん。本作は先日紹介した「エレクトリックアクシデント」の続編みたいなものですが、ゲーム内容は全く…

「YOPPAL」

こんなハチャメチャなコース取りも可能だぜ 「ヨッパライゲーム」も、投稿自作ゲームではおなじみのものでした。当ブログでも何本か紹介しています。今回ご紹介するのもヨッパライゲーム。その名も「YOPPAL」(Mファン'89/8掲載)です(おい)。 よくあるヨッパ…

「そこにビルがあるから」

しらけ鳥は飛んでこない(おい) 30年前の投稿プログラムにおいて、アーケードゲームの真似っこはおなじみのものでした。「アーケードの醍醐味を我が家のマシンで!」。当時はアーケードゲームこそがコンピューターゲームの最高峰であり、それらを模倣したなん…

線を引く命令

スマホとかでLINEを使ってる方は多いとおもいますが、永遠のMSXユーザー荒井、「LINE」の文字を目にすると、MSX-BASICの命令文が真っ先におもいだされまして(おい) 現在入力してるプログラム、やたらLINE文が多くて入力するのが面倒くせぇ(おい)。

「Police and Thief」

短いプログラムはすぐに入力と動作確認が終わります。いちばん時間がかかるのがここでネタにするための文章書き(おい)。というわけで今回もMファン89年8月号から「Police and Thief」です。 本作はストレートな追いかけアクションゲーム。表題どおりの「ケイ…

「LIFE LINE」

本日もMSXプログラムネタ。Mファン89年8月号より「LIFE LINE」です。 畢竟、レトロゲームではよく見かける、15パズルの要領でレールを入れ替え、自機が脱線しないように導くゲームです。「ガッタンゴットン」や「チクタクバンバン」の仲間ですな。 題名は手…

「PUNCH MAN」

本日もMSXプログラムネタ。今回はMファン89年7月号から「PUNCH MAN」です。 内容は至ってシンプル。迫り来る悪漢どもを、パンチでなぎ倒していくゲームです。敵はタフで、パンチを当ててもひっくり返るだけで、程なく起き上がってまた襲ってきます。何度かダ…

「SYSTEM」

「落ち物パズル」というジャンルは、今やすっかりゲームの一大分野となった感があります。そのきっかけはなんと言っても「テトリス」でしょう。日本における「テトリス」の登場が1988年晩秋のこと。登場するやいなや、コンピューターゲーム界に一大旋風を巻…

「孤独の極致」

本日もMSXプログラムネタ。今回はMファン89年7月号から「孤独の極致」です。 ひとことで言えばMファンでよく見かけたタイプのMSX2用アクションゲームです。ドットこと自機を操り、ピープホール表示されるフィールド内のどこかにあるゴールにたどり着くのが目…

「スイカわり」

素足へと集める泡の脆さよりスイカは傷つきやすいから(違) そろそろ夏も終わりですがこの期に及んで夏っぽい作品のご紹介です(おい)。というわけで本日はMファン89年7月号より「スイカわり」です。 本作はMファンではおなじみの名手Nu~さんによるスイカ割り…

「エレクトリックアクシデント」

一画面プログラムはすぐに打ち終われるのが良いですな。というわけで本日もMSXプログラムネタ。MSXファン89年7月号掲載のアクションゲーム「エレクトリックアクシデント」です。 一画面らしく内容は至ってシンプル。当時よく見かけた形式のジャンプアクショ…

「8方向スクロールシューティングゲーム」

「ブラーストオーフ」は自分で叫ぼう(おい) 先日ちょっと言及していたプログラムがまともに動くようになりましたので、ようやくご紹介いたします。例によって突然のMSXプログラムネタ。本日はアスキーの「MSX2+パワフル活用法」収録の「8方向スクロールシュ…

マシン語のバグは厄介ですね

現在入力中のプログラムは、マシン語サブルーチンをBASICのDATA分として格納しているのですが、誤入力チェック用の処理がありません。そのためデバグに非常に手こずってます。チェックサムなしマシン語データ滅亡しろ(号泣)

「スモール・ワールド」

約一月ぶりの打ち込みプログラムネタは、これまたポケットバンク「不思議プログラム集」収録作品から、「スモール・ワールド」です。 その名のとおり、本作は固定画面のこぢんまりとしたRPGです。画面じゅうに散らばるアルファベットは敵です。マイキャラ「…

「パラシュートマン」

ここのところ「死霊戦線」にかかりきりでしたが、やはり毎日プログラムは入力してました。というわけで本日は久々に打ち込みプログラムのご紹介。アスキーのポケットバンクより「パラシュートマン」です。 一言で言えばポケットバンク作品らしい小品アクショ…

「チャップくんの玉入れゲーム」

そのむかしコナミが「サーカスチャーリー」というゲームを出してました。かのチャップリンの「サーカス」にインスピレーションを受けた作品とささやかれることもありますが、今回ご紹介する「チャップくんの玉入れゲーム」も、チャップリンに触発されたんだ…

「カメレオンハンター」

本日もいただきもののプログラムから。ポケットバンク作品「カメレオンハンター」のご紹介です。 一言で言えば本作は推理パズルゲーム。フィールド上のどこかに潜むカメレオンを見つけだすのが目的です。カメレオンがいるだろう座標を入力し、見事見つかれば…