何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

北海道物産展どこで開くんだよ

www.yamagata-np.jp


 山形県民なら誰しも知っている山形駅前のホテルキャッスルさんが今年いっぱいで閉館するというお話。建物の老朽化に伴う建て替えのためではあるものの、宿泊業を続けるかどうかは不明とのこと。
 宿泊したこともないし今後宿泊する予定もおそらくないので、宿泊業を続けろと言う権利は荒井にありませんが、「パティオ」とホールと駐車場は年に2回くらい利用する機会があるので、そちらの方はぜひとも続けて欲しいと切望いたします(おい)。

俺使ってるのモンベルの絶版サーモマグ

dailyportalz.jp


 例によってお題と記事は関係なく、山や外飯ではもっぱら茶葉から日本茶を淹れて飲んでいる荒井ですが、外で淹れるならAGFとかネスレあたりのお湯で溶くだけで飲めるスティック粉末飲料が、いちばん手軽で気負いがなくてよいです(おい)

去年は外で米炊いてた

 きのうは休みだったにもかかわらずどこにも出かけず、一日中うちでゴロゴロして、プログラムを入力したりワープロソフトに向かい合ったりしてました。
 それで気づきました。一日中うちでゴロゴロするのは案外くたびれます(おい)。というわけで本日のネタはこのへんで終わり。

「みてろ」




 というわけで本日は打ち終わったMSX用プログラムのご紹介。前回と同じくログイン86年10月号より「みてろ」です。
 有り体に言ってオセロ/リバーシゲームです。ルールの説明は略。対COM対戦可能ですが、売りはウォッチモードです。コンピューターどうしが対戦する様をひたすら観戦できるので、「みてろ」という題名が付いているわけですな。





 プログラムはメインのBASICリストと、思考ルーチンを受け持つマシン語リストの2本からなります。2本合わせても1ページ少々に収まる短さ。入力しやすいのが良いですな。マシン語の恩恵か速度は上々。長考時もさほど待ちません。観戦時は終盤になるほど展開がスピーディーで、あっというまにターンが切り替わります。
 ちなみに一人プレイでやってみたら、荒井はなすすべもなく大敗しました。いいんだよ!荒井はオセロ弱いんだよ!!(号泣)

うしろの女神さまは気にしないこと

 対戦可能ですから、ソフト同士を対戦させて楽しむなんてことができます*1。というわけで去年入力した「PLAY WITHOUT PREJUDICE VOL.1」と対戦させてみました。すると結果は「みてろ」の大勝。思考ルーチンの強さはなかなかのもののようです。盤面を見るに、隅をできるだけ取りに行かない方針で打つ手を決めているとおもわれます。

燦然と輝くSEINの文字。XAINでもZAINでもない!

 ところで本作もプログラムオリンピックの出品作です。出品者はかのザインソフト。「トリトーン」や「未来」等の作品で知られるあのザインソフトです。制作は梶泰之さん。MSX版「トリトーン」や「アラモ」を手がけた腕利き制作者さんです。
 その後ザインソフトは無茶な経営・開発方針でもたたったのか、実力派スタッフが続々と離脱し、社名同様、急速に迷走を始めます。本作はその直前に発表されたもの。ですからこれもザインソフト全盛期の作品ということになるのかもしれません(おい)

*1:石の色が任意に選べないため、他のソフトと対戦させるときは、盤面を反転させた状態を入力するといった工夫が必要です。

バーニャカウダは必ずしも火を通さないらしい

dailyportalz.jp


 バーベキューという名の野菜ソテー。バーベキューと呼ぶかわりに「ソテー」と称すれば、それだけで一気にオシャレ感やヘルシー感がいや増しに(おい)。普通に旨そうだから俺もそのうち試してみよう。

TC-1のかわりにローライ35買いました

dc.watch.impress.co.jp


 例によってお題と記事はあまり関係なく、最近あまりフィルムカメラを持ち出してないのは、現像が面倒というのではなく、それ以前にフィルムが入手しづらくなったから。富士がプロビアの箱売りやめちゃったからリバーサルを複数常備するのが大変になって…(泣)
 ローライ35はそのうちまたOHに出したいです。