何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

大洞山に登ってきた

f:id:fukenko:20210321213030j:plain
元中山の旧道入り口から望む大洞山。

GR III。PhotoShop Elementsで縮小


 そういうことで、大洞山(おおほらやま)に登ってきました。大洞山は南陽市の小岩沢地区にある里山です。標高は737.2m。山形の山でもマイナーな方ですが、実は一等三角点を頂いています*1。月山・葉山・白鷹山等々、一等三角点のある山の多くは展望がよくてメジャーだったりするもんですが、全てという全てがそういうわけでもありません。今回登ってきた大洞山は、そういうわけでもない方です(おい)。

f:id:fukenko:20210321214042j:plain
小岩沢子易観世音の駐車場。ここまでは車で来られる(!)

 一等三角点があるのにマイナーである理由は、なんといっても登山道がないことでしょう。快適に登るための道はまったく整備されていません。それでもネット上には登頂報告がいくつか転がっているので、登れないわけではありません。さいわい今は早春です。ヤブがヒドそうな山を登るなら、今をおいて他にはありません。
 登る方法はいろいろあるのですが、今回は最も手っ取り早いであろう、小岩沢からのルートを選択。とはいえ廃道と化した旧い道と獣道のような踏み跡があるだけなので、地形図は必須です。

f:id:fukenko:20210321214442j:plain f:id:fukenko:20210321214453j:plain
小岩沢子易観世音再び。初夏はアジサイが見物らしい。

 登山口は先日行ってきた小岩沢の子安観世音*2。ここまでの道は二週間前はまだ雪の下で、とても車で行ける状態ではなかったのですが、今回はなんと、車で入れるようになっていました。道を覆っていた雪は消え、行く手をふさいでいた倒木もすっかり片付けられています。駐車場のあたりはきれいに雪を掃いた跡さえあって、地元の人々の崇敬の篤さがうかがえます。観世音さまに軽く再会のあいさつを済ませたら、さっそく登山開始です。

f:id:fukenko:20210321215018j:plain f:id:fukenko:20210321215110j:plain
まさかの登山口と杉林。本当に道なのか不安になった。

 まずは子易観世音前からいきなり杉林の中に突っ込みます。突っ込んだら溝みたいな道跡があるのでこれに従って登っていきますが、一見これが道であるとはわかりません(おい)。本当にこれでよいのかと不安になりつつしばらく直登すると、あたりの木がブナに変わり、九十九折りの道跡が現れます。

f:id:fukenko:20210321215511j:plain f:id:fukenko:20210321215521j:plain f:id:fukenko:20210321215531j:plain
中腹九十九折り地帯。いかにも廃道といった趣。

 九十九折り地帯は、杉林の直登よりも道跡がはっきりしています。しかしところどころ倒木があり、素直にトレースできる状態でもありません。さらに中腹に近づくほど残雪が厚く積もり、道を判りづらくしていました。
 登る分には目的地がはっきり見えているのでどこを登ってもよいのですが、帰りはどこを下っていいわけでもありません。下手に下るとあさってのところに出て道に迷う恐れがあるのです。整備されていない里山には、整備が行き届いた高山とは異なる怖さがあります。

f:id:fukenko:20210321215809j:plain
古道の峠。左に見える分岐が青井流への道

 この旧い道跡は、小岩沢と、山を隔てて隣り合う青井流(あおいながし)地区とを往来する峠道です。この峠も往時はそれなりに利用されていたのでしょう。青井流は戦後の一時期人が住んでいたのだそうですが、廃村となって久しく、それに伴いこの峠道も廃れてしまったのでしょう。
 慎重に道跡を見定めながら登っていくと、やがて鞍部に出ます。ここまで来れば一安心。鞍部からは青井流に下る道が分岐し、ここが間違いなく峠であることを示しています。ここからは鞍部と交わる尾根に従って山頂を目指します。

f:id:fukenko:20210321220754j:plain f:id:fukenko:20210321220809j:plain
ヤブっぽい急登と残雪の林。3月だから登れたようなものだ。

 鞍部から先はなんとなく道跡があるものの、ところどころ潅木や小枝が張り出し、獣道みたいな有様です。春先の今だからまだ快適に歩けますが、夏場の様子は想像したくありません(おい)。
 地形を見ながら尾根を追い、急登を進んでいくと、山頂直下でまた残雪の林に突っ込みます。踏み抜きで足がズボズボ雪に埋まり、歩きづらいことこの上なし。道跡は完全に雪の下です。来た道を見失わないよう、持参した道迷い防止用色テープのお世話になりました。

f:id:fukenko:20210321221905j:plain f:id:fukenko:20210321221917j:plain
一等三角点大洞山。大洞の名は高速道路のトンネルの名にもなっている。

 林を抜ければ山頂まではもうすぐです。コンパスを見ながら平場を歩くことしばらく、とうとうお目当ての一等三角点にたどり着きました。子易観世音からは1時間少々の行程です。

f:id:fukenko:20210321222632j:plain
三角点から見た山頂付近の様子。木の合間から周囲の山が見えた

 一等三角点の周囲は猫の額ほどの広場です。傍らには錆びたドラム缶が曰くありげに転がっています。あたりは立木の林で、すっきりとは見通せません。夏になったら何も見えないでしょう。
 ただし今は早春です。冬枯れの木々の合間からは、月山や朝日連峰蔵王や元中山のバイパス、小湯山(こようざん)など、周りの山並みが覗けました。反対側を向けば木立の間に置賜盆地の田園もなんとなく望めます。この林がなければ、周囲を見晴らすには決して悪くない場所です。
 このあたりは置賜盆地と村山盆地の境にあたります。ゆえに大洞山は一等三角点に選ばれたのでしょう。

f:id:fukenko:20210321223012j:plain
方々でネコヤナギを見た。春ですな。

 帰りは来た道を忠実にたどります。往路で残雪に付けた自分の足跡が恰好の目印となり、迷うことなく無事下りてくることができました。残雪も良し悪しです。最後に子易観世音に道中の無事を感謝して、帰途に就いたのでありました。


 道はよくありませんが、大洞山の地形自体は非常にわかりやすいです。ですので地形が読めると大いに助けになります。というか地形が読めることが登るための第一条件となるでしょう。参考にコースタイムは以下のとおりです。休憩込みで往復2時間程度の行程でした。


10:07/小岩沢子易観世音-10:20/九十九折り地帯-10:40/鞍部-10:52/急登-11:13/山頂前平場-11:18/山頂-11:28/山頂発-11:32/残雪地帯-11:56/鞍部-12:09/杉林-12:13/小岩沢子易観世音


 有名無名ともども、山形にはまだまだ一等三角点が存在します。こちらも行かねばなりませんかね(おい)。

f:id:fukenko:20210321224336j:plain
締めに近所の一好食堂さんに寄る。旧道通ってでも食いたいラーメン。

 

*1:美濃の郡上のあたりにも同じく「大洞山」という一等三角点の山がありますが、そちらは「おおぼらやま」と読みます。どちらも点の記で確かめたぞ。

*2:この観世音様が地形図に載ってないので要注意です。