読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

個人的にはジョゼットさんの中の人

タッチ:31年ぶりに上杉達也が登場 “幻”の甲子園決勝シーン描く - MANTANWEB(まんたんウェブ)


 例によってお題と記事は関係なく、荒井より少し上ぐらいの年齢層のオッサン連中にとって、「タッチ」の南さんはカリスマ的美少女とも言える存在だったりするようですが、荒井的にさっぱり「萌えなかった」のは、やはり演じる日高のり子さんの声がほがらかすぎるゆえなんだろうなと思います(おい)*1
 同じ理由で「グランディア」のフィーナさん*2にもさっぱり萌えなかった俺(おい)。

*1:もちろん日高さん以外あり得ないほどのはまり役だと思いますが、それと「萌えるかどうか」は別問題といっときます。

*2:女神さまでない方な。