読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

だいたい毎日入力7年目

f:id:fukenko:20161231074805p:plain


 さて、そういうわけでことしも一年なんとか生きのびまして、あいもかわらずMSXのプログラムを入力していたのでありました。ことし入力したのは怒濤の64本。短いうえにOCRが使えるリストが多かったので、数が入力できました。例によってリストを提供してくださった方々にこの場を借りてお礼申し上げます。2の6乗。パソコン少年にはおなじみの数字です。


 ことしはなんといっても一画面プログラムでしょう。64本中、実に半分以上の37本が一画面。見た目では大作や長編にかないませんが、ユニークで研ぎ澄まされた内容は、決して引けを取りません。一画面の内容を越えた「ミステリアスゾーン」「スペースショットII」、一発ネタ的インパクト抜群の「The Chicken Race」、題名が秀逸な「どこいくの」等々...改めて一画面プログラムの深さに触れたように思います。荒井はゆるく遊べてのめりこめる「燃えろ!中畑清」や「ミニボクシング」あたりがお気に入りですけど(おい)。
 大作では「ミネルバの城」をようやく入力できました。ゲームアーツ制作ということで永年気になっていたタイトルです。ゲーム自体は粗削りで、すごく面白いというものでもありませんが、ゲームアーツMSXの歴史を知る上でも見るべきところの多い珍品でしょう。
 入力してよかったなぁと思ったのは「DISK ADVENTURE」「Obstacle Race」。「BALUM君SPECIAL」は豪華な作りで、大作らしさが堪能できます。当初は操作が理解できなくて酷評してしまいましたけど(汗)

 
 「写経」もいつの間にやら7年目。当初、年明けのつれづれに任せて未入力のプログラムを入力していたのがいつのまにやら日課となって、毎日の習慣になってしまった感があります。習慣になってしまうと、毎日すこしでも何か入力しないと気持ちが落ち着かなくなってきます。たまに入力を忘れてしまうと「あぁ~!!」と悔しくなる始末(笑)。
 コツコツなにかやる、ということは非常に地味なことですが、積み重なった結果は案外ばかにできません。ともあれ、こんな調子で来年もあれこれ入力を続けるつもりですが、できればなにかこさえられるようにでもなれればなぁと思います。


 ところで残念だったのは、あんまり山に行けなかったこと。熊やら個人的なドタバタやらで、三瀬八森山、瀧山、平野山、大岡山ぐらいしか登ってません。おかげですっかり運動不足。来年はもっと山に登りたいと思います。


例によって入力したプログラムの一覧は以下のとおり。ことしは長いです。


ダスト・クラッシャー
オニは下!
バウンドキャッチ
BALUM君SPECIAL
移植版ROCKER
ミステリアスゾーン
Doつきあい
D・MAZE
ぐぅいん
HI-JUMP
やさいぼーぐ
ロセオ
ドットアクション
Mini Bowling
DIRECTIONふたたび
Math-Panic
CLIMBER
積みゲー
誰がためにボールは跳ねる
スタゴラピ
SHRINE
THE DRAGON
DISK ADVENTURE
DULVERS
はたあげごっこ
がんばれターKUN!
どこいくの
SUPER BALL
ぱっぱら・びぃむ
D-STANCE
The Chicken Race
らいとUFO
猫に小判
HI-JUMP2
移植版SKYゲーム
Little Space Fighter
スペースショットII
DIAMOND・DUST
KEIMMER
馬跳び
ミネルバの城
ブロックくずし
ヘッドオン
BOMB!!
ポイ大尉
SOLID GOLF
チョロBURNER
燃えろ!中畑清
PIERROT
ミニマラソン
JAMPRI
流れ作業
SHOPPING
ミニボクシング
SATURN
Toss Toss Toss
W MISSILE
Obstacle Race
ばうんす
そりたん~solitude tank~
カベは続くよどこまでも
TRIPLE
DOT BREAK
RIDICULOUS BIKE