読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

「RIDICULOUS BIKE」

f:id:fukenko:20161231054223p:plain


 というわけでことし最後の日になってもあいかわらずでやっております。きょうもきょうとていつもと変わらぬプログラムネタ。ことし最後を飾るのは「RIDICULOUS BIKE」です。


f:id:fukenko:20161231054448p:plain


 「リディキュラス・バイク」。あえて日本語にするなら「バカバカバイク」(おい)。そのとおり、本作は「エキサイトバイク」風のモトクロスアクションゲームです。山あり谷ありの起伏に富んだコースを、バイクで制限時間内に完走するのが目的です。バイクはウィリー・前傾ができまして、地形に合わせて車体の向きをコントロールするのが攻略のコツです。


f:id:fukenko:20161231055412p:plain


...というか、コントロールできないとさっぱりゲームになりません(泣)。このゲーム、とにかく前へ進めません。コントロールにしくじると、すぐにコケてストップするばかりか、「ピヨピヨピヨ!」というアラームとともに直前のところからやりなおしをさせられるのです。
 上り勾配ではウィリー、下りでは前傾。わかっちゃいるのにタイミングがわりとシビアなので、まぁ転ぶ転ぶ。進めねぇ。けたたましいアラームとともに、そのつど同じところをやりなおし。ですから、やってるとスゲぇイライラがつのります。作者さんは「すこしムカムカしてくるかもしれませんが」とコメントしてますが、すこしじゃねぇよ!むっちゃムカムカするんだよ!!(号泣)


f:id:fukenko:20161231060517p:plain


 しかし。ムカムカしながらなんどもリトライしていると、次第にうまくなってきて、ぼちぼち難所もクリアできるようになってきます。何度もやりなおしてコツを掴めというのが作者さんの狙いらしく、何度もアラームを聞いているうち、スムーズに走れるようになってきます。徐々にうまく走れるようになると、操るのも徐々に楽しくなってくるという寸法。悔しいかな、みごと作者さんのおもう壺です。


f:id:fukenko:20161231061647p:plain


 コースは全部で三種類。水色の四角が各コースのゴールです。ゴールに着くとひきつづき、次のコースに突入です。各コースの制限時間は2分。2分以内にコースクリアできないと、時間切れでゲームオーバー。最初は制限時間内にクリアするのもやっとですが、うまくなるほど所要時間も短縮できるので、好タイムも狙えるようになってくるでしょう。


f:id:fukenko:20161231061954p:plain


 プレイしている最中は非常にムカつきますが、それ以上にもっとうまく走りたいという本能を刺激されるのは、荒井が単車乗りだからなのかもしれません。はなはだ憎たらしいですが、よくできたゲームです。こんチクショー!!