読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

「テンビリオン」解いた

f:id:fukenko:20161125224655j:plain


 突然ですが「テンビリオン」で全色揃えるのに成功しました。
 「テンビリオン」はそのむかし、任天堂から出ていたパズル玩具です。開発者はかの横井軍平さん。5色のボールが入った樽を回し、中のボールの色を揃えようというもの。もろにルービックキューブに触発されていますが、それは「ルービックキューブのような、動きがおもしろい玩具を作ろうと思った」と軍平さんが仰っていたとおりです。


 さておきこの「テンビリオン」、荒井が小学校に上がるかどうかという頃、荒井の父親が地元のデパートのおもちゃ売り場で買ってきたものです。回転のギミックがおもしろくてカチャカチャやるうちに色がグチャグチャになってしまっても、解き方なぞ知るはずもない当時の荒井が再び5色を揃えられるはずもなく、その後はほぼそのまま放置(おい)。


 これが天下の任天堂、しかも尊敬してやまない横井軍平さんの作品であると知ったのはずいぶん後のこと。部屋の片付け等でなくしたり捨ててたりしてそうなものなのですが、どういうわけか紛失もせず*1、永年ゲーム置き場の飾りとなっていました。思えばこのテンビリオンは荒井が始めて手にした任天堂製品です。レトロゲーム好きとしてなにか縁でもあったのかもしれません。


 いつか揃えられるんだろうかと頭の片隅に引っかかる存在ではありましたが、揃えようと思い立ったのはほんの数日前のこと。ネット上でたまたま、解法を載せたパンフレットの画像を見つけ、だったらやってみようと手に取った次第です。そのパンフレットだけでは解けず、インターネット時代ならどこかに解法を載せたサイトもあるだろうとググってみたら案の定見つかりまして、そちらのお世話になりました*2


 挙動そのものは単純ながら、ルービックキューブのように直感的に見てわかるというものでもないので、解くのにはかなり手こずりました。まずは3列揃えるまでが一仕事で、リーチが掛かってからがさぁ大変。3列揃えるのに成功しながらも、その後回し方にしくじって最初からやり直しなんてことを繰り返すこと数回。ああでもない、こうでもないとカチャカチャやった末、とうとう5色全てを揃えるのに成功しました。35年越しの快挙です(おい)。


 この「テンビリオン」、類似のパズルは数ありながら、相当に売れたそうです。パズル的な奥深さよりも、むしろ軍平さんのもくろみどおり、ギミックのおもしろさや弄った感触の良さでウケたのかなという気がします。35年以上経って外観はキズだらけでホコリなんかも入ってますが、操作感は購入当時とさほど変わりなし。今でもバレルは心地よい抵抗とともにスムーズに廻って、カチッと止まります。あんまり弄らなかったことを差し引いても、その作りの良さには目をみはるばかり。さすが任天堂だぜ。
 5色揃って前よりちょっとさまになった「テンビリオン」には、再びゲーム置き場の主として鎮座してもらうつもりです。

*1:一時期ケースだけ紛失していましたが、数年前に兄が物置整理をした際に発掘されました。

*2:こちらのサイトさんです。http://www.geocities.co.jp/Hollywood/9743/puzzle/kai2/ten.html