読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

野宿のご飯のお供に重宝しました

costcotuu.com


 例によってお題と記事はあまり関係なく、さらにコストコともオリーブ油とも関係なく(おい)。その昔高知の須崎付近を旅していたとき。道の駅だったかで小分けになった川海苔の佃煮を見つけたことがありました。給食のジャムのような小袋入りの佃煮がごっちゃり入ったという品です。
 開封後の日持ちや運びやすさ、使いやすさ等の点から、野宿旅において、瓶詰めというのはあまりよいパッケージではありません。でも一食分が小分けになってるなら、開封したら一瓶すぐ食べきらなければという心配は無用ですし、瓶割れを気にする必要もありません。見つけるや、コレは野宿旅にうってつけ、思いついた奴は天才だ!と即買いしたことは言うまでもありません。


 同じ要領で、コーヒー用のスティックシュガーや、味噌がわりにインスタントの味噌汁を持ち歩くなんてこともやってました。小分けパッケージは、野宿旅ではかなり便利だったということで*1

*1:あと量り売りもかなり助かります。