読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

「ハパザード」はじめました

MSX話 ゲーム関連

f:id:fukenko:20161026070222p:plain


大冒険少年少女天国〜「ハパザード」 for MSX2攻略情報・もくじ


 というわけでここしばらく仕込んでいたネタができあがったので、久々に拙サイトを更新しました。今回採りあげるのはMSX専門パソコン通信局「ザ・リンクス」発のMSX2RPG「ハパザード」です。
 その昔ここで少し紹介したことがありましたが、MSX界でも非常にマイナーなタイトルです。
 80年代末、ザ・リンクスと家電量販店チェーンのベスト電器が提携して「Bam!ネット」という企画を立ち上げたことがありました。そのPRの一環としてリリースされたのがこの「ハパザード」です。ですから作中にはザ・リンクスの専用ページを読むためのコードや、ベスト電器の宣伝なども現れます。
 ゲーム自体はすぐクリアできる程度のボリュームながら、今回はけっこうな難産でした。手を付けはじめたのが7月で、できあがったのが10月末(泣)。記事の構成をどうするかで迷ったり、手持ちの史料が少なかったりで、何をどう書くか大いに悩みました。


f:id:fukenko:20161026072823p:plain


 もっと詳しいことを書ける方もいると思うのですが、にもかかわらず自分が書こうと思ったのは、マイナーすぎて今となっては誰も顧みない作品ゆえ、誰かがあえて記そうともしないタイトルであることも確かなため。何より自分が読みたい記事を書くのは拙サイトの運営方針です。そのおかげで目下、「ハパザード」について世界一詳しい記事が書けたと自負しております(おい)。
 「ハパザード」の名前はザ・リンクスの運営会社、日本テレネットの会社沿革の項にも現れまして、同社にとっては歴史的なタイトルであるようです。ザ・リンクスのお世話になったユーザーとして、ちょっとは当時の様子を語り継ぐようなことができていればさいわいです。