読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

「バウンドキャッチ」

f:id:fukenko:20160204135005p:plain


 ここのところプログラムネタが多いのは、短いプログラムを入力していたからです。というわけで今回も短めのプログラム「バウンドキャッチ」の紹介です。


f:id:fukenko:20160204135018p:plain


 本作は85年頃のベーマガに掲載されたもののようです。やはりKimcoさんによるプログラミング講座のサンプルゲームです。内容は画面内を弾みまわるボールを、弾まなくなる前に全て回収するというシンプルなもの。放置しているとボールは次第に弾まなくなって床に転がってしまいます。カゴの下に反射板があるので、これで受けとめてやるとボールは再び勢いよく弾むようになります。ボールは最大3個まで出現し、決まった順序でキャッチしていくとボーナスが得られます。サンプルゲームなので本当に最小限の作りながら、こういうボーナスフィーチャーがあるのは嬉しいところです。


f:id:fukenko:20160204135038p:plain


 本作で使われているテクニックはズバリ「減衰」。ボールが弾むたびに弾む高さに小数の倍率をかけることで、次第に減衰して転がっていくという動作を再現しています。シンプルといやシンプルですがかんたんかつそれっぽく見せられるテクニックですな。
 80年代のホビーパソコン全盛時、特に初級者向けを志向していたベーマガやプロポシェ等の雑誌では、ゲームプログラミング入門や、ゲーム作りに使えるプログラミングテクニック講座をよくやっていました。パソコンが使えるということは自分でゲームを作れるということとほぼ同義だった当時ならではの需給があったわけです。