読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

「SUPER BLOCK MAZE」

MSX話 打ち込み系

f:id:fukenko:20151222174931p:plain


 久々に打ち終わったMSXプログラムのネタ。今回ご紹介するのはベーマガ86年2月号掲載「SUPER BLOCK MAZE」です。


f:id:fukenko:20151222174952p:plain


 ベーマガに限らず当時のパソコン雑誌では、「倉庫番」風の固定画面面クリア型アクションパズルをよく見かけたものです。大量に送られてきただろう凡百の作品から選ばれて掲載されるには、抜きんでるものが必要だっただろうことは想像に難くありません。本作もそうしたパズルゲームでありますが、ちょっと変わったルールが見どころです。


f:id:fukenko:20151222175138p:plain


 プレイヤーは水没間近の部屋にいます。画面右の水槽があふれて部屋が水没する前に、右上の通路から脱出すれば面クリアです。そのためには部屋中に散らばったブロック等の障害物を適宜動かし、道を作らなければなりません。そこでどう動かすか...というだけなら凡百のパズルゲームと変わりありません。
 本作のひねりはここからです。部屋にはブロックの他に「バネ」も設置されていまして、他のオブジェクトによって押さえつけられています。ブロック等を動かせばそれにつられてバネが伸び、さらにブロックやプレイヤーを押しのけてしまいます。挟まれて押しつぶされてもミスにはなりませんが、そのかわりスタート地点にZAPさせられまして、これを使わないとクリアできない面もいくつか。
 プレイヤーはバネの伸びとそれにつられる動きを考えながら動く必要があるわけで、単純な仕掛けながら、これがけっこういいアクセントになっています。


f:id:fukenko:20151222175211p:plain


 作りが巧いと思ったのは2面です。この面のパズルの難易度は控えめ。そのかわり時間制限がギリギリで、行動に一切の無駄が許されません。最初やったときはこんなのクリアできるんだろうかと思いましたが、何度もくり返すうち、ちゃんとクリアできるようになりました。作者がコメントで「他の面の時間制限はいくら弄ってもいいが2面だけは変えるな」と強調しているところに、その自信がうかがえます。


f:id:fukenko:20151222175258p:plain


 8x8ドットと小さいながら、妙にユーモラスなプレイヤーキャラのアニメや、時間切れで水没したときなど、演出もわりと凝ってます。傑出して凄いという作品ではありませんが、なかなか楽しい作品です。