何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

付録ディスクを移行してなかった理由

いい機会なので昨日の話の続きを。
90年代より徳間書店MSX・FAN誌には投稿プログラムを収録した
フロッピーディスクが付くようになって、いちいちリストを入力する必要がなくなったのに、
どうしてその全てをHDDに移行していなかったのか理由が
当時のパソコン事情に少し関係することなので、
マイコン少年だったおじさんの昔話ということで書き留めておきます。





実はMファンが付録ディスクを付ける以前から荒井の家には、
リストを入力することなくプログラムを入手できる環境がありました。
MSX専用パソコン通信「ザ・リンクス」です。
「ザ・リンクス」では毎月のファンダム作品をダウンロードできるサービスをやってまして、
これを使えば入力の労を執ることなく、掲載作品を全て入手することができました。
しかしダウンロードしたのは一部の作品だけ。
なぜなら当時は定額料金制なるプランはなく、繋いだだけ電話料金がかかる仕組みで、
長々と接続すれば家計や小遣いを圧迫するのです。
土日の夜の電話料金が安くなる時に絞って親の目を気にしながら
必要最小限だけ接続して、ダウンロードせざるを得ないという状態。
ですから「面白そうなものだけ選んで保存する」というのはごく当たり前のことでした。
画像は荒井が「ザ・リンクス」からはじめてDLしたファンダム作品「LAST受験生」です。


付録ディスクが付くようになって通信料金の心配をする必要はなくなったものの、
小遣いの問題はまだつきまといます。保存先となるフロッピーを確保しなければなりません。
多く掲載作品はMファンの付録ディスクから直接起動できるようになっているのですが、
遊ぶたびにいちいちMファンのディスクを取り出すのは面倒ですし、使い勝手も悪いです。
そこでゲームライブラリディスクみたいなものを用意して一度そちらにコピーして、
そのディスクから起動することになります。
荒井のHDDに保存されている打ち込みプログラムの大半は、
そのゲームライブラリからHDD上に移行したものなんですがそれはさておき、
1990年頃フロッピーディスクというのはまだまだ高価で、
通常は10枚入ケースが3000円程度、1500円ならかなり安い方でした。
ですから安い時を狙って、なけなしの小遣いをはたいて1ケースずつ買うのがやっと。
50枚のスピンドルパックCD-Rが1000円そこらで売られている現在など夢のまた夢です。
さらにMSXの2DD/720KBフォーマットのディスクに収まるファイルは最大で110程度。
あれもこれもと記録していたらすぐにディスクがパンクしてしまいます。
ですから気になる作品、気に入った作品だけを選んで移行するのは相変わらずのことでした。


さらにもうひとつ、MSXならではの事情もありました。
やがてファンダムには「D部門」が創設され、
複数のリストや多くのグラフィックデータ、音楽データ等、
多数のファイルから構成される超大作プログラム、
同人ソフト級の作品が増えていきます*1
だいたいはLZH形式で付録ディスクに記録され、PMEXTで解凍してから起動。
こうした作品こそFDにコピーしないとならないわけですが、
やはり全てを移行というわけにはいきませんでした。


MSX-DOS1には「フォルダ」ことディレクトリというものがありません。
つまりひとつのフォルダを作ってそこに複数ファイルを突っ込んで
一括管理するということができません。
ですからいくつものファイルから構成される超大作をDOS1環境で管理するのは厄介で、
さらにFDもまだ貴重品ですから1枚のディスクに複数の作品を詰めるだけ詰めようとすると、
もはやどのファイルがどのゲームの構成ファイルか把握しきれなくなるという有様でした。
後継のMSX-DOS2環境ではディレクトリをサポートしているのですが、
使うには高額な増設カートリッジとソフト、またはturbo Rが必要です。
もちろん貧乏マイコン少年にはそんな高価な環境を揃える余裕はありません。
D部門作品は本当に気に入ったものだけをごくごく少数移行するに留まり、
それ以外の作品は遊ぶときだけFDに展開して遊んでました。
ついでにD部門作品にも当たり外れがあって
せっかく解凍したのにいまいち面白くないなんてこともあれば、
毎月何本も掲載される大作をいちいちチェックするのも大変でしたので、
やがて付録ディスク収録作品に手を付けることも少なくなっていきました。
その後turbo Rを入手し、FDの値段もどんどん下がり、
ようやく大量のプログラムをわかりやすく管理/移行できる環境は整っていったのではありますが、
しかしその頃には膨大かつ当たり外れの激しい作品にあえて手を付けようとする意志はなく、
そのまま付録ディスクは荒井の家の片隅に埋もれていったのでありました。


いずれにせよ手を付けなければならないとは思っていたので、
先日ようやく付録ディスクの発掘をしたというわけですが、
それが可能となった背景には、100ギガ単位のHDDや高性能なエミュレーター等が
極めて安価かつ手軽に扱えるようになったことがあるのは間違いありません。
90年代初頭にもHDDといった大容量ストレージはあったのですが、
今の数十倍は高価で、まず手出しできるものではありませんでした。
当時容量に任せて大量のデータを無尽蔵に保存するなんてことは全くのぜいたくで、
データ一つ記録するにも、少ない容量やファイルへのアクセスのしやすさ等を
常に考えながらやらざるを得なかったのです。

*1:「超」とはいっても、飽くまでアマチュア製プログラムなのでその規模はたかが知れてますが。