何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

コロンブスの焼きそば

「ひとつのカップラーメンを二度楽しむ方法があるんだけど知ってる?」と知人に聞かれた。 むかし読んだ本に月見そばに入っている卵を途中で割ると、割る前と割ったあとでふたつのスープの味が楽しめるということが書いてあった。そんなことかと聞いてみたらまったく違った。 食べてる途中に麺を出してソースをかけるというのだ。するとインスタントソース焼きそばの味になるというのである。 なんだその雑な方法は。(林 雄司)

やられた! カップ焼きそばは飽くまで湯で戻したフライ麺を
ソースで和えているだけだから、こうなることはわかっていたはずなのだが、
それをあえてやってみせたのがこの記事の面白さ。そのうち試してみよう。
麺は全部焼きそばにして、残ったスープは具だくさんの付け合わせとしていただく
逆バゴーンもアリだな荒井でした。