何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

「ボルフェス」買った




幸運というか悪運がよかったのか、
こないだようやく箱説付「ボルフェスと5人の悪魔」を手に入れる機会に恵まれました。
「ボルフェス」は1987年にクリスタルソフトより発売されたMSXARPGです。
制作は「夢幻の心臓」等で有名な富一成氏、
それだけに非常に出来の良いゲームとして、MSXユーザーの間では知られています。
しかし出荷数が少なかったようで、けっこうなレアソフト。
ヤフオク等にたまに出品されるのですが、裸ROMだったりで、
これはというものはなかなか見つけづらい有様です。
自分は発売当時、兄が友人から借りたのをちょっと遊ばしてもらったことがありまして、
そのうち欲しいなと思っていたのですが、その後入手困難となり、
そのまま20年以上経ってしまったというわけです。
ゲーム自体はProject EGGで今でも容易に遊べるのですが、
やっぱり箱説付が欲しかったわけですよ。


この「ボルフェス」、自分が一番欲しかったMSXソフトでして、
とりあえずこれが手に入ったので、欲しかったソフトはあらかた手に入れたかなというかんじです。
諦めず気長に探し求めていれば、まぁ、こんなこともあるもんなんですねぇ。
せっかくだからそのうち攻略記事でも書こうかと思います。