何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

切り身と隧道

近代山形県について調べるていると、必ず三島通庸高橋由一の名前が出てくるのですが、
この高橋由一が、「鮭」で有名な高橋由一だと、さっきようやく気付きました。
あの絵を描いた人が、万世大路やら関山隧道を描いてたわけですよつまり。