読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

打ち込み系

「SUPER BLOCK MAZE」

久々に打ち終わったMSXプログラムのネタ。今回ご紹介するのはベーマガ86年2月号掲載「SUPER BLOCK MAZE」です。 ベーマガに限らず当時のパソコン雑誌では、「倉庫番」風の固定画面面クリア型アクションパズルをよく見かけたものです。大量に送られてきただろ…

「特別編超難解版テセウス」

久々に打ち込みプログラムネタ。今回はログイン85年2月号に掲載された「特別編超難解版テセウス」です。 「テセウス」はちょっとMSXに詳しい人なら誰もが知る名作です。アタリの「メジャーハボック」を下敷きとしたサイドビューアクションゲームで、発売はア…

ZALBAR2784

レトロゲーム界隈はベーマガイベントで盛り上がっていたようですが、本日紹介するのはそれとは関係なくログインのプログラムです。山形からじゃ遠いしお金もかかるしよく考えればベーマガとはあんまり縁がないから見に行かなかったんだよ(号泣)。 というわけ…

「THE STARTREK」

またプログラムを打ち終わったのでご紹介。今回は月刊マイコン84年8月号掲載のSLG「THE STARTREK」です。 もはや「スタートレック」は説明無用でしょう。宇宙船エンタープライズ号が前人未踏の宇宙に勇敢に航海した物語ですな。本作はその「スタートレック」…

「XETRA」

間が空いてしまいましたが、久々にプログラムを打ち終わったのでご紹介いたします。今回は月刊マイコン87年1月号掲載のSTG「XETRA」です。 作者は当blogでも何度か紹介しているKimcoさん。同氏が月刊マイコンやベーマガ誌上でプログラミングテクニックやゲー…

「DEMAND」

また一本プログラムを打ち終わったのでご紹介。今回ご紹介するのはログイン85年月号掲載のSTG「DEMAND」です。 本作はクォータービューです。当時クォータービューのSTGといえば「ザクソン」ぐらいでしたので、けっこう珍しいです。ストーリーの類いはほとん…

「CAPLE」

また一本プログラムを打ち終えたのでご紹介。今回はMマガ85年5月号掲載のアクションパズル「CAPLE」です。 作者はおなじみ高原保法さん、拙サイトでも何度か話題にしている「ミッドナイトチェイス」や「ジャンケンクエスト」等の名作を作った方。発表された…

「シーギャング」

またプログラムを打ち終わったのでご紹介。今回はMマガ85年5月号掲載「シーギャング」です。 主人公ヒロ君をあやつり、「海のギャング」ことサメを避けつつ、画面下にある潜水艦にたどり着けば面クリアです。目的は潜水艦を乗り継いで海底に行き、お宝を回収…

「ももたろう」

入力はしばらく前に終わっていたのですが、バグが気になって見直すのに時間が掛かってました。今回ご紹介するのはベーマガ86年7月号掲載「ももたろう」です。 ゲームは昔懐かし「ソンソン」風の、サイドビュー階段アクションゲームです。ももたろうと謳うだ…

「MAGNET BALL」

ここのところはベーマガのプログラムをぽちぽち入力しとります。というわけで今回ご紹介するのは86年3月号掲載の「MAGNET BALL」です。 本作はあみだくじを使ったパズルゲームです。画面右から流れてくるボールを、画面左に並ぶボールのところまで導くのです…

「HYDE PARK」

またMSXのプログラムを打ち終わったのでご紹介。今回はベーマガ86年8月号掲載のアクションゲーム「HYDE PARK」です。 タイトルからおわかりのように、本作は「ハイドライド」のパロディなんですが、内容はかなり違います。作者さんによれば、当時「ハイドラ…

「ボクソン-チュウメイ」

風邪は引きましたがプログラムは入力してました。というわけで今回ご紹介するのはベーマガ86年3月号掲載のアクションパズル「ボクソン-チュウメイ」です。 80年代半ば、アクションパズルといえばまずは「フラッピー」や「ロードランナー」でした。敵を避けな…

「HADES PRISON」

例によってプログラムを打ち終わったのでご紹介です。今回は迷宮アクションゲーム「ハデス・プリズン」、ベーマガ86年8月号の掲載です。 ルールはいたってかんたん。全ての敵をやっつければ面クリアです。主人公には攻撃能力がないかわり、怪力で迷路の壁を…

画像の回転にしくじる

最近MSXの雑誌掲載プログラムを入力する際は、リストのページをスキャナでパソコンに取り込み、その画像を見ながらテキストエディタで入力するという方法をとってます。誌面から直接入力してもよいのですが、本は綴じてある分、入力中もページを押さえつけな…

「スクエアバトル&コンストラクションセット」

またプログラムを一本打ち終わったのでご紹介。今回はちょっとかわったところで、ゲーム用のツールでございます。 84年頃のMマガに「スクエアバトル」というプログラムが掲載されたことがありました。包囲網をくぐり抜けながら魚雷を集め、敵を殲滅するとい…

blueMSXでスクリーンショットが撮れなくて困る

荒井はMSXプログラムを走らせたり、イメージ化したソフト等を動かすのにblueMSXを使っています、そのblueMSXが今日、突然スクリーンショットが撮れなくなってしまって大いに困りました。 アンインストール&再インストールをしても改善する気配はなし。同じ症…

「MICKY・LUCKY」

年は明けましたがやっていることはあいかわらずいつもと同じです。 そういうわけできのう打ち終わったばかりのプログラムをご紹介。今回はMマガ85年6月号掲載のアクションゲーム「MICKY・LUCKY」です。ちょうど30周年ということになりますかね。 プログラム…

毎日入力五年目です

そういうわけで今年もなんとか生きのびまして、あいかわらず毎日MSXのプログラムを入力していたのでありました。無理にノルマ等を課さず、「1日1行でも1文字でも入力すればOK」程度のゆるさでやってるのがよいのかもしれません。やる気は小出しにするに限り…

「ごもくならべ」

先日、親切な方からまたプログラムリストを譲ってもらいまして、いろいろ入力してます。今回ご紹介するのはその中からさっそく入力した「ごもくならべ」です。初出は昔のMマガのようです。 「五目並べ」は皆さんご存じ、碁石を使ったテーブルゲームです。二…

「SIGNAL BALL」

またプログラムを一本打ち終わったのでご紹介。ベーマガプログラムは入力しやすくて好いですな。というわけで今回は86年6月号掲載のアクションゲーム「SIGNAL BALL」です。 ルールはいたってかんたん。目的は画面内を跳ね回るボールの色をすべて揃えること。…

「Deffon」

昔は大作志向のプログラムが好きで、市販の人気ゲームを真似たようなゲームとか、(リストが短い割に)スケールの大きそうなゲームを好んで入力してました。 それは今でもあまり変わりはないのですが、最近は歳を取ったせいか、当時見向きもしなかったゲームプ…

「オバケくん」

手持ちの大作プログラムリストをあらかた入力してしまったので、最近はベーマガの小規模な作品を入力してます。というわけで今回ご紹介するのはベーマガ85年11月号掲載「オバケくん」です。 ゲームはいたってシンプルな追いかけアクション。白いおばけ「オバ…

「DOWNDOWN」マシン語化した

ここで何度か晒している「DOWNDOWN」をようやくマシン語化しました。だいたいは以前晒した「DOWNDOWN2」と同じですが、壁のパターンが違うため、そこだけ別の処理を組まなければなりません。この壁のパターンをマシン語で再現するのに手こずりました。 オリ…

「ミニデューク」

大作プログラムリストの手持ちが一段落したので、ここのところ小規模なプログラムを入力してます。というわけで今回ご紹介するのは電波新聞社のMSX・MSX2プログラム大全集収録の「ミニデューク」です。 作者は拙blogでも何度か紹介しているKimcoさん。同氏に…

16進数を10進数にするプログラムその3

しばらく話題にしてなかったからといって、放り投げたわけではありません。えぇ、忘れてなんかいませんよ。というわけで、その後悪戦苦闘した末、前に晒したプログラムをスリムに書き直すことに成功したのでまた晒します。アセンブリ言語版16進数を10進数化…

「いってくる!」

都会では台風のおかげで電車が止まったとかそんな話を聞きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 こんな時に入力し終わったのは、ベーマガ85年10月号掲載のアクションゲーム「いってくる!」です。 作者は「悟空」「かべ」などの作品を生んだたかしく…

16進数を10進数にするプログラムその2

どういう処理を組めばいいのかわかったので、今度はアセンブリ言語で16進数を10進数化するプログラムを書いてます。 いちおう動くものができたので、ここで晒しときます。 ;--- 16 シンスウ ヲ 10 シンスウ ニ スルCHPUT: EQU 00A2H POSIT: EQU 00C6HVALUE: EQU 0A000H M…

16進数を10進数にするプログラムその1

というわけで昨日悩んでいた三項演算子の問題は解決しました。 単にif文内のステートメントの本来「;(セミコロン)」で区切るべきところが、打ち間違って「:(コロン)」になっていただけでした。 BASICプログラムでもコロンとセミコロンを間違えてバグるという…

三項演算子

MSX-Cでも何か組んでおこうと、かんたんなプログラムを書いてコンパイルしてみたところ、if文のところで”bad conditional expression (missing '?')”なんてエラーが出やがりまして悩んでます。 MSX-C入門をみてみたところ、「条件式で三項演算子に”?”がない…

「DOWNDOWN2」改良した

ここしばらく「DIAMOND FIELD」のデバグ等でご無沙汰してましたが、忘れていたわけではありません。 なんとか手を入れて、ちゃんと遊べるレベルになりました。マシン語版「DOWNDOWN2」。 オリジナルとはけっこう仕様が違うので、マシン語版と称してよいかは…

「DIAMOND FIELD」

MSX打ち込みプログラムの歴史はMSXの歴史と同じくらい古いものです。気がつけば齢30年を迎える作品も現れました。 今回紹介する「DIAMOND FIELD」は月刊マイコン84年10月号掲載。ちょうど30周年を迎えた作品です。 その昔、「チクタクバンバン」というおもち…

カウンター改良した

Thunderboltさんからのコメントで「PUSH&POPの間に入ったRET Zで暴走する。」との指摘を受けたので、暴走しないようカウンタープログラムを改良してみました。アセンブルして動かしたら正常動作したので大丈夫だと思いますが、これならどうでしょう!(笑) ;--…

スコア周り改良中

昨日アップした「DOWNDOWN2」のスコア処理が気に入らず、すこし改良しました。 スコアはスクロールした行数の一の位~千の位を、それぞれ1バイトのメモリに格納する方式でカウントしてます。 本当は16進数を10進数に変換して表示したいところなんですが、か…

マシン語でゲーム移植中

先日MSX-Cにプロポシェの「DOWNDOWN」を移植したのに続いて、今度はマシン語で「DOWNDOWN2」を作ってみようと試行錯誤してます。 ひとまず動いてそれなりに遊べるようになりましたが、リストがゴチャゴチャだったり冗長だったり速すぎたりで、もっと改良する…

乱数で苦戦中

MSXでRND関数に頼らず乱数を作れないかと思いまして、いろいろ調べてます。 いろいろアルゴリズムはあるようなのですが、かんたんに手っ取り早く実装できる方法として、MSXユーザーにはよく知られた、リフレッシュレジスタを利用する方法を試してみました。…

「DOWNDOWN」 MSX-C化した

手慰みに、はるか昔のMSXプログラム「DOWNDOWN」をMSX-Cに移植してみました。 「DOWNDOWN」は徳間書店のプログラムポシェットNo.4に掲載されたゲームプログラム。いわゆる「スキーゲーム」なんですが、オリジナルはたった1行、236文字のBASICからなります。 …

現在も勉強中

今日は、僕が講師をしているiPhoneアプリ開発講座「アプリクリエイター道場 開発塾」を受講して、ついにアプリをリリースされた蒲池さんにお話を伺ってみました。蒲池さんは現在67才。プログラミングはほぼ未経験の状態から勉強を開始してアプリリリースに辿…

ブックオフで100円で買いました

その昔買った新星出版社の「MSXマシン語ゲームプログラム」という本を現在読んでまして、サンプルプログラムをいくつか打ち込んで試しているのですが、誤植を発見してしまいました。234ページと245ページに掲載されているアセンブリリスト「E0BF ADD A,B」は…

「タイフーンキャッチ」

今年の夏は台風や大雨にたたられましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。今回ご紹介するプログラムは「台風」を題材にしたアクションゲーム、月刊マイコン84年11月号掲載「タイフーンキャッチ」です。 ○月△日午後9時現在。東シナ海で発生した台風X号は…

8割方はわかりづらいマニュアルのせいです

MSXのアセンブラ環境としては、MSX-TOOLS付属のM80&L80が有名でもちろん持っているのですが、ためしにうちに転がっていたコーラルの「SimpleASM」を使ってみました。M80&L80以上にわかりやすくて使いやすくてかゆいところに手が届くというか。

「ジャンピングドロッパー」

またプログラムを打ち終わったのでご紹介。今回は月刊マイコン84年6月号掲載「ジャンピングドロッパー」です。 侵入に失敗したスパイが敵のビルから逃げるというストーリーがあったりしますが添え物程度。中身は昔ながらの固定画面型アクションゲームです。 …

「押して足せ!-コペンハーゲンの秋-」

ここしばらく大作プログラムばかり入力していたので、息抜きにこんな作品を入力してみました。 今回ご紹介するのはベーマガ88年9月号掲載のパズルゲーム「押して足せ!-コペンハーゲンの秋-」。謎の副題は作者曰く「なんとなく哀愁感が漂うかな」ということ…

「魔宮の神話」

また一本プログラムを打ち終わったのでご紹介。今回はポプコム85年8月号掲載「魔宮の神話」です。 ポプコムプログラムコーナー初のRPGという触れ込みで、3人パーティ制という本格志向。「ザ・ブラックオニキス」「ハイドライド」「ドラゴンスレイヤー」の登…

「ハートキャッチャー」

またプログラムを打ち終わったのでご紹介。 今回は月刊マイコン85年12月号掲載「ハートキャッチャー」。堪忍袋の緒が切れたり、やるっしゅ言ったりするようなゲームではありません(おい)。 プレイヤーはサンタクロースとなって、雲の上を跳ね回りバクをかわ…

せめてマシン語にしようぜ

最近「プログラミングを覚えてビジネスに役立てよう」みたいなことをちらほら見かけます。30年くらい前、「BASICはデキるビジネスマンの嗜み」みたいに言われてたことがありましてね...

「I.M.A.S.」

先日「MSXべーしっ君」を手に入れる機会がありましたので、専用プログラムを一本入力してみました。 今回ご紹介するのはログイン87年6月号掲載「I.M.A.S.」です。あずささんや涼ちんが出てくる方のアレではありません(おい)。 ゲームはシンプルな固定画面STG…

買い換え大散財

突然ですが買いました。Photoshop Elements。 デジカメ画像の拡縮やレタッチ、OCR取り込み用画像の二階調化、そしてゲームのマッピング用にと、荒井は昔買ったスキャナに付いてきた、太古の昔のバンドル版Photoshp Elementsをこれまで使ってました。機能的に…

「イントルーダー」

またプログラムを打ち終わったのでご紹介。今回はポプコム85年11月号掲載「イントルーダー」です。 リストは全部で7ページほど。BASICリストが短い上、ポプコムダンプリストとOCRの相性の良さゆえ、あっという間に入力が終わりました。 「スーパーコブラ」「…

「オストリッチ」

またプログラムを入力し終わったのでご紹介。今回は以前紹介した「オストリッチII」の前作「オストリッチ」です。 作者は続編同様、セングラ等で有名な多部田俊雄さん。原案はイラストレーター松田浩二さんが出したもので、多部田さんはプログラミングを担当…

「レモンプリンセス」

ずいぶん前に入力は終わってたんですが、久々に打ち込みプログラムのご紹介。 今回は月刊マイコン85年9月号掲載の「レモンプリンセス」です。 内容は剣劇アクションゲーム。8人のメロン騎士と戦い、囚われのレモン姫を助けるのが目的です。メロンと戦うなん…