何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

打ち込み系

「ヘンな三目並べ」

二人ゼロ和有限確定完全情報ゲームってそれ何? ググれよ(違) 三目並べという遊びがあります。3x3のマス目に○と×を交互に配置して、先に三つ並べた方が勝ちというアレですな。必勝法が確立していることと単純すぎるゆえ、対戦ツールとしては不十分なところが…

「謎の物体○」

30年以上前のMSXが現行機種だった時代、荒井が一画面プログラム*1の収集にあまり熱心でなかったのにはあれこれ理由があります。 「ザ・リンクス」*2に加入していたため、ファンダム作品はダウンロードし放題ではありました。しかし接続するだけ料金がかかる…

「DISHONEST」

ゲーム自体は操作性が微妙に悪くて少々遊びづらい(おい) 付録ディスク添付以前の「MSX・FAN」のプログラムの打ち込みは、現在の大きな課題のひとつです。そのむかしザ・リンクスのダウンロードサービスを利用していたものの、すべての作品をDLしたわけでもな…

「GRAVITATION」

というわけで今年もよろしくおねがいいたします 正月だからといって別に浮かれたことをするわけでもありません。新年一発目のネタは、毎度打ち込みプログラムです(おい)。 というわけで2020年第一弾は「GRAVITATION」。MSXファン89年5月号掲載のパズルゲーム…

だいたい毎日入力10年目だ!

今年は全部で18本。ペース遅いな(汗) というわけで今年も一年なんとか生き延びまして、このエントリを書く日になりました。今年はサボりがちで一日1行なんて日がもう何十日と(汗)。しかしそれでもだいたい毎日入力を続け、気づけば毎日MSXのプログラムをなに…

「光の伝説」

年の瀬になると追い込みでプログラムの紹介数が増えます(おい)。というわけで今年最後の打ち込みプログラムは「光の伝説」です。 今年入力したプログラムの本数は全部で18本。例年よりも少ないです。というのもこいつの入力とバグ捕りに大半を費やしたから*1…

「バラン」&「バランII」

今回はちょっと変わった打ち込みプログラムをご紹介。1985年前後、誠文堂新光社より発刊された「MSXソフト集」収録、「バラン」シリーズです。 誠文堂新光社は「天文ガイド」等の科学雑誌で知られる出版社です。その関係か、80年代にはMSXのプログラムを扱っ…

「アルファベットパズル」

例によってこないだ打ち終わったプログラムネタ。今回はMファン89年5月号から「アルファベットパズル」です。 畢竟、本作も文字当てゲームです。画面上に画像的に加工された文字が出てくるから正解を答えてね、というものです。この手のゲームは骨子がシンプ…

「なとやん」

いつものMSXプログラムネタ。本日はMファン89年5月号から「なとやん」です。 元も子もない言い方をすれば1画面プログラム「プーヤン」です(汗)。主人公の名前は勇者ロトならぬ勇者ナト。タイトルはナトによる「プーヤン」だから「なとやん」という洒落とおも…

最近入力したプログラムいろいろ

例によってプログラムは毎日打ち込んでるんですが、動作確認やバグ捕り等が追っつかないのとおっくうなので(おい)、なかなかネタにできてません。というわけでさいきん入力しおわったプログラムをいろいろ。「BALL&BOX」「PANEL PANIC」「フロントアタック」…

MX-10は本体内蔵じゃなかったんだよ!(泣)

www.webcartop.jp 例によってお題と記事はあまり関係なく、そのむかしカセットテープが記録メディアの主流だった頃、データレコーダーのスタートとストップを制御するため、リレースイッチが利用されていたものでした。 MSXでは本体に内蔵されていることが多…

「LINERS」

ゲーム自体はかなり乱数に左右されます 永らく沈黙してましたが、もちろんプログラムは毎日入力してました。いや、長いのとバグ取りに時間がかかってるのと荒井の怠慢で遅れてるだけ(おい)。 というわけで久々の打ち込みプログラムネタは、Mファン89年4月号…

-TIME

nazology.net ファンダムの一画面プログラムおもいだしました(おい)。 そのむかし、コンピューターの乱数は、条件を変えてやらない限り同じ系列の数が出てくることが知られていましたので、それを利用して、面データを持つことなく、同一パターンの面を多数…

たいがいグラフィックだけ作った時点で満足して終わる

note.mu そのむかしMSXでゲームを作ろうとしたことはありましたが、一本もできなかったのはまさにコレでしたのよ!(号泣)

「DYNAMITE RACE」

動作確認が終わったプログラムはもう一本あります。というわけで本日紹介するのは「DYNAMITE RACE」。やはりMファン89年3月号掲載です。 固定画面のレーシングゲームは、自作プログラムではときどき見かけるものでした。作る側にしてみれば画面スクロールを…

「OH!ACTION」

例によって先日打ち終わったプログラムのご紹介。今回もMファン89年3月号より「OH!ACTION」です。 題名のごとくのアクションゲーム。スクロールしないベルトコンベアアクションとでもいえばいいのでしょうか(おい)。内容は至って明解。主人公を操り、画面右…

荒井の寄稿した記事が公開されました

www.moai-tech.es http://www.moai-tech.es/08_ilevan_jap.htm http://www.moai-tech.es/08_ilevan.htm 先日、スペインのMSXウェブマガジン「モアイテック」8号が公開されました。荒井が寄稿したTULIP HOUSEさんの「イレバン」レビューと、作者・西田浩一さ…

「DOG FIGHT」

「MSX・FAN」のプログラムには短いものも多い上、OCRとの相性も良いので、比較的早めに入力できます。ということで今回ご紹介するのはまた同誌89年3月号から「DOF FIGHT」です。 呼んで文字のごとく、本作は簡易空中戦ゲームです。画面は戦闘機のコックピッ…

今年初は3本立てだが

小正月も過ぎましたが年明けから入力していたプログラムがようやく打ち終わりました。しかも3本。 今回紹介するのは「PICK UP!!」「テクニカルクイズ」「はさみごっこ」。どれもMSX・FAN89年3月号掲載です。 「PICK UP!!」は言葉探しゲームです。画面内に散…

だいたい毎日入力9年目

というわけで今年もなんとかかんとか一年生きのびまして、このエントリを書く日になりました。いろいろあれどだいたい毎日MSXのプログラムを打ち込み続け、今年は25本ほど入力することができました。今年は一日一行という日がけっこう多かったような気がする…

歳末一画面プログラム3題

というわけで年末の追い込みで一画面プログラムを3本打ち終わりましたのでご紹介。いずれもMファン89年3月号掲載の作品です。 一本目「ドットガンナー」は、Mファン定番中の定番ドットバイパー式ゲーム。MSX2のページング機能を利用したピープホール式スクロ…

「REVERS」

例によって打ち込んでいたプログラムの動作確認が終わったのでご紹介。今回はMSXマガジン1988年3月号掲載のブロック崩しゲーム「REVERS」です。 1986年の「アルカノイド」登場以来、プロアマ問わず、パワーアップや凝った演出等を盛り込んだ新しい形式のブロ…

「HAPPY COIN」

本日もこないだ動作確認が終わったプログラムネタ。今回はベーマガ84年11月号から、高原保法さん作「HAPPY COIN」です。 高原さんは拙サイトやブログで何度も採りあげているとおり、ログインの「ミッドナイトチェイス」シリーズや、「YAZ-ZIP」名義で各種フ…

「ドリームランナウェイ」

最近用事やらなにやらですっかり遅れてしまってましたが、ようやくプログラムを打ち終わったのでご紹介。今回はポプコム1985年12月号掲載の「ドリームランナウェイ」です。 内容は3Dカーアクションゲーム。レーシングカーを操り、ワイヤーフレームで描かれた…

「カエルの虫とりゲーム」

打ち終わったプログラムはもう一本残ってます。というわけで今回ご紹介するのはポプコム86年2月号掲載「カエルの虫とりゲーム」です。 掲載されたのはポプコムですが、投稿ゲームとは毛色が異なります。それというのも本作は、雑誌巻末に連載されていたプロ…

「立体迷路ゲーム」

本日も入力し終わったプログラムネタ。昨日と同じくポケットバンク「グラフィックスマル秘伝」収録作品より「立体迷路ゲーム」です。 立体迷路というもんだから、てっきりワイヤーフレームで描画された3D迷路ゲームなのかとおもいきや、内容はトップビューの…

「15パズル」

入力し終わったプログラムが溜まったのでぼちぼちご紹介。今回は「15パズル」です。 15パズルというのは皆さんご存じでしょう。4x4のグリッド内でバラバラになった15枚のパネルをスライドさせて動かし、元の位置に収めていくというものです。 ゲームプログラ…

とにかく速いマシン語ゲーム~その2

ポケットバンク収録のマシン語作品はまだあります。今回は残る2本「ドライブゲーム」「モービーディック」のご紹介です。 「ドライブゲーム」は昔ながらのスクロールゲーム。プログラムポシェットの「DOWNDOWN」に代表される、縦スクロールで迫ってくる地形…

とにかく速いマシン語ゲーム~その1

しばらく前にアスキーのMSX叢書「ポケットバンク」シリーズのマシン語ゲーム集掲載のリストを頂く機会に恵まれ、ここしばらくはそのリストを入力してました。というわけで今回はその中から2本のご紹介です。 1本目「ボンバー」は横シューです。爆撃機を操り…

「こたぐちくんつかれるッ!」

本当に豪快に久々ですが、やっぱりプログラムはほとんど毎日入力してます。ただここのところ用事が立て込んだのと、リストが長かったもんで入力とデバグに時間がかかっただけ(泣)。 というわけで久々にご紹介するMSXプログラムはMSXマガジン88年3月号掲載の…