何とか庵日誌

本名荒井が毒にも薬にもならないことを書きつづるところ

きのうが発売日でした

f:id:fukenko:20191125071039p:plain
こんな状況でよく草喰ってんな


 ゲーム好きの間では「牛の出るゲームは良いゲーム」という格言がまことしやかにささやかれています。きのう久々に「アレスタ2」をやってみたら、この作品にも牛が出ていたことに気がついたのでありました(おい)。コンパイルだとミノの方が有名ですけど。
 発売が1989年の11月。今年で30周年です。「幽霊君」「アンデッドライン」「スペースマンボウ」にこの「アレスタ2」と、89年にはMSX2を使いこなした名作ゲームが数現れたものです。
 

最近入力したプログラムいろいろ

 例によってプログラムは毎日打ち込んでるんですが、動作確認やバグ捕り等が追っつかないのとおっくうなので(おい)、なかなかネタにできてません。というわけでさいきん入力しおわったプログラムをいろいろ。「BALL&BOX」「PANEL PANIC」「フロントアタック」「ばっちゃこい」「れっつぺいんと」「THE MYSTERY OF THE TOMB」。いずれもMファン89年4月号掲載です。


f:id:fukenko:20191124000709p:plain


 「BALL&BOX」はちょっとひねった追いかけアクション。追いかけてくる赤いボールにぶつからないよう、自機・青いボールを動かして逃げ回ります。青いボールと赤いボールがぶつかるとミスですが、赤いボールが箱にぶつかれば得点。赤いボールを避けつつ、うまく誘導して箱にぶつけるリスク&リターンのルールがよくできてます。ちなみに後にMSX界で大活躍するSyntaxさんの作です。


f:id:fukenko:20191124000720p:plain


 「PANEL PANIC」は平面ルービックキューブとでも呼ぶべきパズルゲーム。パネルを動かしたり入れ替えたりしながら、全ての列の色を揃えるのが目的です。この手のパズルは解き方を見つけるのが醍醐味みたいなところはあるんですが、荒井はプログラムにバグがなさそうなことを見届けたところでやめました(おい)。


f:id:fukenko:20191124000741p:plain


 「ばっちゃこい」は野球のフライ捕球ゲーム。題名は「バッター来い」という意味のようです。全10球のバッターフライをどれだけ拾えるかを競います。この手のキャッチゲームはMファンでもちょくちょく見かけたタイトルで目新しさはありませんが、本作は全体的に遊びやすく、安定した面白さがあります。ボールのアニメーションが特によくできてます。


f:id:fukenko:20191124000730p:plain


 「フロントアタック」はNu~さんの作品。画面内で自機を動かしひたすら敵機を避けます。この手のゲームもよくあったもので目新しさはありませんが、そこはさすが名手Nu~さん。操作性と背景が高速で迫ってくる3D風の演出がよくできていて、非常に爽快です。


f:id:fukenko:20191124000749p:plain


 「れっつぺいんと」は陣取り対戦アクション。二人のプレイヤーで画面内を塗りつぶし合い、より多くの面積を塗った方が勝ちです。ポプコム掲載の傑作「Rock'n Roller」と同様のゲームですな。テンポの良さや演出等々「Rock'n Roller」の出来には敵いませんが、1画面でこれだけ出来ればたいしたものだとおもいます。


f:id:fukenko:20191124000756p:plain


 「THE MYSTERY OF THE TOMB」はじっくり腰を据えて遊べるパズルゲーム。あらかじめ行動をプログラムできるタンクで、標的となるブロックをすっかり壊していきます。


 個人的に気に入ったのは王道のフライ捕球ゲーム「ばっちゃこい」と、スピード感抜群な「フロントアタック」。どちらもシンプルかつ明快な上一局がすぐ終わるので、遊んで負担を感じません。ぱっと遊べてすぐ解ける軽いゲームが嬉しくなるのは、歳を取ったせいですかねぇ(泣)

上山城に行ってきた

f:id:fukenko:20191123002437j:plain
f:id:fukenko:20191123002512j:plain
GR IIIで撮影。Photoshop Elementsで縮小


 気になる特別展をやっていたので、上山城に行ってきました。古くは戦国時代に建てられたもので立派な天守閣を備えていましたが、元禄年間に破却。長い時を経て1980年代初頭に外見を模した建物として再建され、現在は郷土資料館として見学に供されています。去年には外観が修復され、白亜の壁もまぶしくよみがえりました。


 確か小学生の頃、親に連れられ中に入ったおぼえがあるんですが、あれからかれこれ35年近く。外からは何度も眺めてるのに、中に入るのはずいぶん久々だったんだなぁ。

「ドラえもん」の枠で放送されてました

 山形市の焼肉バイキングレストラン「かかし」が9月をもって営業終了していたことを知りました。終了から約2ヶ月経った今頃ようやく(汗)。


 「かかし」といったら荒井ぐらいの年齢の山形県民には、ユニークなテレビCMで知られた店でした...かれこれ30年くらい前か?


 出演は社長の息子さん。案山子に向かって「俺も焼き肉食べたい!」*1。案山子応えて曰く「お前『かかし』の息子だろ?お父さんに食わしてもらえよ!」息子「あれは商売、商売!」
 場面変わって「かかし」店内。息子とその所属するサッカーチームメイトが店のテーブルを囲んで焼肉パーティーをする映像を背景に―や・き・にっくっレストラーン・か~っかっし~(ジングル)


www.youtube.com


 またあるときは妙な扮装の仮面の男「かかしマン」が変な踊りを踊ったりと、まぁ、そんなCMで荒井の印象に残っていたのでありますが、荒井のねぐらからはずいぶん遠いので、当時食べに行くことはまったくありませんでした。
 その後長じて南館など容易に行けるようになってからも、近くを通りかかるたびに、あぁ、「かかし」があるな、あのCMの店だな、旨いんだろうかと気にはかけつつも、結局一度も食べに行くことはありませんでした*2
 行かなかった理由は「ただなんとなく」。名前こそ知っていても、よほど興味を惹かれなければ、あえて行こうという気にはなりません。これで荒井は「かかし」で食う機会を永久に失ったのか...とおもって調べてみたら、公式サイトを発見。


www.kakashi.tv


 店がつぶれたとかいうのではなく営業会社は健在で、どうやら単に業態変更しただけのようでした(汗)。まぁ、ものはためしに一回ぐらい食いに行ってみてもいいですかね(おい)。

*1:「俺も肉、食いでぇなぁ!」は別の会社(おい)

*2:かかしマンの看板の写真を撮りには行きましたw

ストーブは12月に出すぞ!(予定)

 このところ冷える日が続くので、予告どおり、ことしもハクキンカイロに火を入れました。こないだ火口も補充したし、ベンジンもまだたっぷりあるので、当面安心して使えるぜということできょうのネタはこのへんで終わります(おい)。

タイヤ交換済ませといて助かった

 朝から小雪が吹き付け寒く、何をするのもおっくうなので、きょうのネタはこのへんで終わります(おい)。そろそろハクキンカイロの出番ですかね。